誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    世界文学

世界文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 世界文学
テーマ「世界文学」のブログを一覧表示!「世界文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
ダイアナの寂しさ
マリラが、アンに大学に進学するように伝えると、その翌日、マリラは早速レイチェル・リンド夫人を呼びましたし、アンは、小学校に辞表を提出しました。リンド夫人は、いたずら小僧のディヴイの面倒をみるのはよいが.. » more
テーマ 世界文学

アン、大学へ
5月23日の例のあの嵐ですが、アボンリー中の家々のガラスが割れて、普段皆から頼りにされていたガラスのお店でも、全くガラスが買えなくなってしまいました。ギルバートは、嵐の後、アンの家を訪れて、マリラやア.. » more
テーマ 世界文学

初夏の嵐
ある年の5月ですが、「アボンリー通信」の記事の中に、チャーリー・スローンとギルバート・ブライスが、灰色の眼の想像力豊かな一女性を巡ってさやあてをやっている、という内容が出ました。想像力豊かな女性、とい.. » more
テーマ 世界文学

ポール・スティーブン
アンの教え子の中には、ポール・スティーブンという利口な男の子がいましたが、なんとこの子が、ラベンダー・ルイスのかっての婚約者に似ているという噂が立ちました。ルイスさんの婚約者だった男性は、ルイスさんで.. » more
テーマ 世界文学

ベッドの悪い側
ベッドの悪い側というのは、どちらだと思いますか? デイヴィ・キースはある日、悪い側から下りて、その日一日調子が悪かったそうです。 以上 » more
テーマ 世界文学

ラベンダー・ルイスとの別れ
ラベンダー・ルイスとシャーロッタ四世と別れて帰途についたアンとダイアナでしたが、翌日、アンの方は、マリラにルイス夫人のことを色々と聞かれました。兎に角彼女の家は、ラベンダーの花がいっぱいで、彼女はその.. » more
テーマ 世界文学

一作品ごとの中心人物
エラ・キンブルの代わりに、アンとダイアナをお茶に招待することになったラベンダー・ルイスですが、アンの将来のおばあさん的な性格の女性であったようです。自分の使用人の下女を、「シャーロッタ四世」と読んだり.. » more
テーマ 世界文学

素敵な老婦人との出会い
そもそも、アイリーン・トレントが町から来るからと、アンとダイアナをお茶に招いたのは、アイリーンの従姉であったエラ・キンブルでした。しかし、不運なことに、アンとダイアナは、馬車が一つも空いていなかったた.. » more
テーマ 世界文学

獅子っ鼻の少女
エラ・キンブルの家に向かう道中で、道を誤ったアンとダイアナは、まるでお伽の国を旅しているような気持ちになっていきました。歩いている中で、お二人は家にたどり着くと、なんと、金髪で口の大きい、獅子っ鼻の少.. » more
テーマ 世界文学

ミス・ラベンダー・ルイス
アンとダイアナは、アイリーン・トレントの家へ歩いていくはずが、ミス・ラベンダー・ルイスの小さな石の家に迷い込んでしまったのです。 以上 » more
テーマ 世界文学

誤った道
「アイリーン・トレントが来る。」と言ってはしゃいでいたダイアナですが、『アンと一緒にお茶にいらっしゃい。』と言われたので、有頂天になっていたのです。馬車が塞がっていたために、歩いて行くことにしたアンと.. » more
テーマ 世界文学

アイリーン・トレント
アンが勤務する學校では、9月から新学期が始まり、アンとマリラは相変わらずデイヴィとドラの面倒見に追われていましたが、10月に入ったある金曜日、「アイリーン・トレントが来る。」と言って騒ぐダイアナがアン.. » more
テーマ 世界文学

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る