誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ユニバーサル実験アンプ

ユニバーサル実験アンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ユニバーサル実験アンプ
テーマ「ユニバーサル実験アンプ」のブログを一覧表示!「ユニバーサル実験アンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
ユニバーサル実験アンプに42を使ったところ印象が良かったので、OPTを変更しPMF-5WSからISOのFC-12Sにて特性を調べてみることにした。FC-12Sは昨年値上がりする前に購入したもの。 .. » more

ユニバーサル実験アンプに42を挿してみることにした。これでユニバーサル実験アンプのタマ取っ替え引っ替え実験の最後となる予定。 42は6F6族の元祖傍熱5極管。これは10年前に42シングル.. » more

ユニバーサル実験アンプのヒーターを6.3Vで点火するように改造した。たまたま手持ちに6K6GTがあったからなのだが、この改造で手持ちのタマでは6V6GTなども挿せることになる。6K6GTは6F6族の真.. » more

ユニバーサル実験アンプに12L6GTを挿してみることにした。このタマはEp maxが200Vなので+B電圧を50V下げる必要がある。電源トランスの+Bタップを140V~140Vから120V~120Vに.. » more

当初の予定にはなかったがたまたま思いついたのでユニバーサル実験アンプに傍熱3極管の1626を挿してみることにした。これで12A6/12A6GT/12A6GTY/12W6GT/1626を試したことになる.. » more

ユニバーサル実験アンプに12W6GTを挿してみた。6W6GT系はスクリーングリッドの耐圧が低く150Vしかない。ものは試しと3結のままスクリーングリッドへ100Ωの抵抗を介してプレートに接続。 .. » more

結局EL32シングルアンプの回路とほぼ同じとなってしまったが(カソードに定電流回路が入っているか抵抗だけかの違い)、NFBをかけて特性を調べてみることにした。 まずNFB抵抗の代わりに10KΩの.. » more

RCA入力にケーブルをつなぐか入力をショートするとRchの発振が止まることがわかったので解析してみることにした。 まずは電圧の確認。グリッドバイアスが浅い(-8V)以外はほぼ設計どおりの.. » more

ユニバーサル実験アンプは簡単に配線チェックを行った後に動作確認を行う。まず真空管を挿さずに電源オンしてエミッタフォロアの電圧が56Vとなるように調整する。 真空管は12A6GTYにした。ソケット.. » more

ユニバーサル実験アンプの配線を始めた。すこし作業しては目を休めるようにする。 AC1次配線を済ませて電源オン、電源トランスの電圧を確認。続いてヒーター配線を済ませて真空管を挿し、ヒーター.. » more

ユニバーサル実験アンプはシャーシの保護ビニールを剥がして組み立てを始めた。言葉にすればたったこれだけなんだけど、いろんなことをやっていたから時間がかかった。 保護ビニールを剥がしたらバリ取りをす.. » more

ユニバーサル実験アンプの平ラグを作成した。それぞれ電源部とアンプ部を2枚。 じつはコレ、EL32シングルアンプの時に検討した平ラグパターンとほぼ同じ。FETリプルフィルタの降圧が増えた分.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る