誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    長谷川末夫

長谷川末夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 長谷川末夫
テーマ「長谷川末夫」のブログを一覧表示!「長谷川末夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
終戦―安堵と混乱の日々
 終戦とともに建物疎開は中止となり、大都市への再転入は抑制された。八月二十日には灯火管制は廃止され、天気予報も復活した。十月になると、集団疎開をしていた学童が東京に帰って来て、焼けた校舎の片隅.. » more
テーマ 長谷川末夫

   戦争がここまで来ると、いくら私でももう丸一日かかる買い出しには行けなくなった。食糧はあと数日を残すのみとなり、その心細さに八月中旬のある日、半日で言って来られる栗橋へ、妻と二人でカボチャの.. » more
テーマ 長谷川末夫

 昭和十八年、新しい年を迎えたが、戦局の悪化は決戦体制の強化をもたらし、われわれの生活にも影響して苦しい生活の幕開きとなった。  元旦から一ヵ月二五立方メートルという、ただでさえ少ないガスが.. » more
テーマ 長谷川末夫

昭和十五年から八戸での足かけ三年間の飛行場づくりの間、末夫さんは仕事の合間を見つけては方々を歩き回った。 北の旅はどれもこれも苦難のつきまとう淋しい旅だったようだ。 今回は死に直面した末夫さん.. » more
テーマ 長谷川末夫

昭和八年
昭和八年の原稿が2本続いたので、ここでその年の内容にも触れて置かねばなるまい。 書き進めていた時代からは数年さかのぼることになるが、末夫さんの著書「汽車が好き、山は友だち」から、八年の部分を抜粋.. » more
テーマ 長谷川末夫

昭和十三年
八月十五日が過ぎると、メディアは一斉に沈黙する。 タレントのゴシップだけ追っていればいいものを、ワイドショーまでが「戦後六十五年!」を連呼していたが、そんなことなどもう知らないよ、とばかりに、テ.. » more
テーマ 長谷川末夫

八幡平から籐七温泉へ
 前回の「八幡平登山」からの続き。  さて山頂の快をつくしたら、いよいよ下山だ。道はまず籐七温泉へ一時間、見晴らしのよい高山帯を緩やかに下る。時間に余裕があれば入浴していきたいところだ。.. » more
テーマ 長谷川末夫

汽車が好き、山は友だち
当ブログは今のところ70年以上も昔の記録をアップしている。 10年ひと昔というが、内容はかなり古い。 現在は昭和12年~14年にかけてのものを追っている。 それでも、軍靴の足音が響き渡る.. » more
テーマ 長谷川末夫

試行錯誤その2
末夫さんの原稿ファイルを見ていると、その中に以下のような「目次」がある。 昭和11年から14年にかけてのものだ。 以後も旅は続くので、14年の後半に一度、それまで書き溜めた原稿を整理したことが.. » more
テーマ 長谷川末夫

牛久女化稲荷
昭和初期の失業地獄から昭和五年の世界大恐慌と、時代は不況の嵐に見舞われていた。 当時の日本の主幹産業である生糸の価格暴落、都会で見つけることの出来ない就職口に見切りをつけ、失業者は農村に仕事を求.. » more
テーマ 長谷川末夫

関東大震災
 東京に未曽有の大地震がおきたのは大正十二年九月一日で、その日は小学校四年の第二学期の始業式の日だった。  式が終り、家へ帰って昼飯を食べ、上野の山へ汽車見物にでも行こうかと家を出た途端、街角の.. » more
テーマ 長谷川末夫

関東大震災以前
 日清、日露の戦争に勝った日本は世界の一等国にのし上がり、平和博覧会を開いて内外に日本の力を示し、国内の不況による沈滞を打破することに努めた。しかし、一等国日本の庶民の生活はいっこうに改善されず、.. » more
テーマ 長谷川末夫

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る