誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高木彬光

高木彬光

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 高木彬光
テーマ「高木彬光」のブログを一覧表示!「高木彬光」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
 きのう、千葉へ戻る車中で読んでいたのが『七福神殺人事件』。  『恐山殺人事件』・『殺人列車への招待』に続く、1989年のカドカワ・ミステリーコレクションです。  もっとも私が買ったのは199.. » more
テーマ 高木彬光

最近、高木彬光の『刺青殺人事件~新装版~』の電子書籍(Kobo)版を購入して読みましたが、 数か所誤植というか、電子書籍化する際の変換ミスではないか、と思われる点に気づきました、 以前.. » more
テーマ 高木彬光

人形はなぜ殺される 高木彬光 名探偵「神津恭介」が活躍する本格長編。 手品の愛好者達の集まりで、人形が盗まれると決まって符合する殺人事件が発生。 その不可解な謎に神津恭介が挑むのだが、.. » more
テーマ 高木彬光

刺青殺人事件 高木彬光 背中に蛇と蛙の蛞蝓(ナメクジ)の刺青を背負った3兄弟に関する物語。 ひょんな事から刺青の発表会に出席することになった主人公。そこで知り合った絹枝と、恋人ので友人の.. » more
テーマ 高木彬光

 以前紹介した「わが一高時代の犯罪」の作者・高木彬光氏の歴史ミステリ。  ひょんなことで入院生活を送ることになった名探偵・神津恭介が、手慰みにと邪馬台国の所在を推理してゆく…という話。  百人百説.. » more
テーマ 高木彬光

 少年少女向けのジュブナイルです。高木氏の作品としては異色ですよね。  私もこれを、児童文学の棚で見つけて驚いて……思わず借りてきてしまいました。  でも書かれたのは昭和27年だそうで…デビュー後.. » more
テーマ 高木彬光

会社は誰のためにあるのか?と問われる。かなり前なら顧客のためあるいは社会のためと答えただろう。十年前だったらこれに従業員のためと付け加えたものだ。ところがある日突然、株主のためというアメリカ流の価値観.. » more
テーマ 高木彬光

 名探偵・神津恭介を世に輩出した、高木彬光氏が昭和26年に発表した作品。  時系列順に云えば「神津恭介シリーズ」の一番最初の事件と言えるだろう。  探偵・神津恭介とそのワトソン役松下研三が、入学先.. » more
テーマ 高木彬光

西武鉄道オーナー支配の終焉とライブドアのフジテレビ乗っ取りは、日本の今をわかりやすく象徴する経済事件ですが、ずいぶん前に読んだ高木彬光「白昼の死角」には戦後動乱期の経済社会を象徴する類似のエッセン.. » more
テーマ 高木彬光

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る