誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ:  読書 お勧めの本 書籍 本・雑誌 本の紹介 書籍・雑誌 書籍紹介 書評 読書感想 読書感想文 読書記録 読書日記
子テーマ: 絵本 電子書籍 漫画 古本 雑誌 小説
テーマ「本」のブログを一覧表示!「本」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「本」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

原発事故と「食」 - 市場・コミュニケーション・差別 (中公新書) 五十嵐 泰正 冗長だが必要な訴え テーマはいいし、福島県の農業を応援するものとしてはこういう論文は拡散させたいが、いかんせん冗長。同じことを繰り返しているように読めてしまった。ホットスポット柏市での消費者と生産者の議論、という、真剣な場から出てきた意見。 ... » more
テーマ 読書 原発事故と「食」 - 市場・コミュニケー 五十嵐 泰正

人って忘れる生き物『劇場』又吉直樹
オーディオブックでの視聴。聞いていて痛々しい。どこまでが実体験でどこからが創作なのか探りたくなってしまう。恋愛が主軸だから前作よりは読みやすいが、何しろ主人公の不器用さが痛々しい分、読後感が悪い。青年期特有の鬱々とした気分に共感 ... » more
テーマ 読書

『マナーの正体』4 <『マナーの正体』4>図書館で『マナーの正体』という本を、手にしたのです。さだまさし、荻野アンナ、高野秀行、福岡伸一、等々、とにかく大使好みの作家のコメントが見られるのです。読売新聞の「たしなみ」欄に掲載したコメントを並べただけ ... » more
テーマ メディア

「『ザ・タイムズ』にみる幕末維新」4 <「『ザ・タイムズ』にみる幕末維新」4>図書館で「『ザ・タイムズ』にみる幕末維新」という本を、手にしたのです。元寇以来、初の異国との戦争ともいえる薩英戦争(1864)や下関戦争(1863、1864)が興味深いのです。イギリス人が薩英 ... » more
テーマ 歴史 メディア

音楽徒然草「頭」が良くなる文房具
「頭」が良くなる文房具 この本は文房具初心者用とのことなので、正しく機能を理解して使うことのできる「頭」の「良い」人向きなのかなぁと思います。実際に書いてあることを自分のものにして ... » more
テーマ 読書 文房具

秋が深まる頃、翔馬は大学とホストのアルバイトも何とか慣れる。だが、店での事は以前とは大違いに為っている。優さんから引継いだお客様、その中で何かあの加奈子さんと美代さんだけは態度が一変、あの別荘からそうみたい其れに気が付くのが遅い ... » more
テーマ エッセイ 小説

昨日発売の「週刊朝日」2018年8月17-24合併号相葉ちゃんが表紙で中にインタビュー記事があるのですが嵐について語っています嵐は、お互いに他メンバーの意見を尊重しながら絆を高め合ってきたという話の流れから… ... » more
テーマ 雑誌

◆◆◆<スレイプニール>脳堂乃人をリーダーに、暗堂玄竜、死堂蒼穹で構成されたユニット。字は「陸戦魔唱」に「スレイプニール」のルビを振って読む。◎脳堂乃人(のうどう・ないと)年齢:46歳性別:男性 ... » more

『熱帯雨林コネクション』2 <『熱帯雨林コネクション』2>図書館借出し予約していた『熱帯雨林コネクション』という本を、待つこと半月で手にしたのです。日本ではあまり知られていないが・・・マレーシア・サラワク州の熱帯雨林が、タイブ一族によって食い物にされてきた ... » more
テーマ 自然

眠い人の植民地日記ももクロ導夢録
ももクロ導夢録 今日は一気に気温が上がって体調を崩し掛けました。昨晩は腰がピリピリしていて、久々に湿布を貼って寝たし。最近の寒暖の差の激しさと言ったら…。幸い、行きに乗った電車が座れたので、何とか保ちました。これが立ちっ放しだったら ... » more
テーマ 日記 読書 日常

キムタクとニノがやる「検察側の罪人」を読みました。感想は・・・前半がとっても長かった・・・orzとにかく長いんです。でもって2人が対決していくところはラストの4分の1って感じ。だからなかなか進まなくって(苦笑) ... » more

最凶ヤクザが極める主夫の道――『極主夫道』1巻 ごく普通(?)の結婚をした未久と龍、しかしただ一つ違っていたのは、旦那さまは元ヤクザだったのだ!第2話のVS詐欺師回が大いにバズった事で元々短期連載の予定が本連載になり、本日遂に1巻が発売となりました。足は洗えど根付いた ... » more
テーマ 漫画

『おしっこちょっぴりもれたろう』 ヨシタケシンスケ著『おしっこちょっぴりもれたろう』(2018年92冊目)孫に話して聞かせたら、“僕、おしっこちょっぴりもれたろうじゃない”なんて、憤慨していた。かわいい! ... » more
テーマ

【読書】内田康夫『伊香保殺人事件』 内田康夫さんの『伊香保殺人事件』を読みました。浅見家のお手伝い須美子が事件に巻き込まれ、光彦に助けを求める電話を…今回は須美ちゃんが大活躍かと思いきや、東京に帰った後はさっぱり。んー、勝手に期待していただけですが、肩すかしを食ら ... » more

第1513夜 【空からのぞいた桃太郎】 【空からのぞいた桃太郎】岩崎書店2017年9月30日発行影山徹今でこそ絵本やアニメで見ることができる”昔話ですが、元々は語って聞かせてもらうお話だったわけです。耳で聞いた話を脳内で映像化するというのが、少なくとも私が子 ... » more
テーマ 絵本 航空写真 影山徹

「カメラを止めるな!」を鑑賞。平日の昼間なのに沢山の人でした。低予算ゾンビコメディなのにこの人気…凄いです!「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」最高。私が ... » more
テーマ 日常 漫画

ASTRO WORKSブログc94参加します!
c94参加します! ひゃー!ギリギリになってしまいましたが、夏コミについてのお知らせです!三日目・エー29b【蟲娘愛好会】にてサークル参加します。場所としては、島端から通路側に曲がってすぐ、みたいな配置になりました。ポスター作り ... » more

姐さんの本棚3月8日
大人が読んでも勉強になる児童書だと思われました。サッサ・ブーレグレーンの『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』をご紹介したいと思います。男女平等が最も進んだ国、といわれるスウェーデンの作家による一冊で、フェミニズムの考え方をエ ... » more

ほぼ、オオカミ少年状態。一度も台風の直撃や被害はない。この状態が続くと、警報が出ても何もしないだろう。 ... » more
テーマ 漫画

ブックオフのラノベコーナーにて BOOKOFFの100円コーナーでのお話。「読書感想文どうする?」「まだ書いてねぇよ」小中学生と思しき二人が本のチョイスをしている様子。文科省推薦の指定図書とか今は無いのかな?うちらの時は読みたくもねぇ本を無理矢 ... » more

リタイア日記「神のみぞ知るセカイ」
昨日、コミックス「神のみぞ知るセカイ」19巻を読んだ。読み応えがあった。三度も繰り返し読んでしまった。「神のみぞ知るセカイ」は、悪魔が取り付いた女の子を、主人公が恋愛ゲームの手法で次々と救っていく話だ。オカルトではなく、ラブコメだ。 ... » more
テーマ マンガ

「差異と反復」を読む(2)ー個体化のファクターー 反対に、わたしたちが、一義的な存在はもろもろの個体化のファクターに本質的にかつ直接的に関係すると言うとき、その個体化のファクターという言葉でわたしたちが理解しているものは、たしかに、経験において構成された個体ではなく、むしろ、個体において、 ... » more
テーマ ジル・ドゥルーズ ノマド

海cafe2プラハ書房へ行ってきました
プラハ書房へ行ってきました 私の家の近く、それこそ徒歩で10分ちょっとのところに結構有名な古本屋さんがあります。プラハ書房というところでしてこんなに近くにあるのに、まったく知りませんでした。プラハ書房を知るきっかけになったのは ... » more
テーマ 戯言  コメント(2)

【職人の如き剄い文章】「ひとすじの心」和田芳恵 随所に言葉のきらめくを感じる、著者没後の随筆集。羽生田駅前の古本屋「心窓堂」で購入。第一章は「かくれた庶民像」。木彫、組紐、版画など、江戸情緒あふれる技の数々を当時に残す10名の職人たちに取材しています。「生きた学力といいま ... » more
テーマ 読書

kindle版もスタート。『「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと』 拙著『「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと』(内外出版社刊)。電子書籍 kindle版もスタートしました! https://www.amazon.co.jp/dp/B07G937TJF/ref=t ... » more
テーマ 仕事 企業

クォン・ヨソンの『春の宵』には7つの短編が収められています。そのどれもが人間の本質に迫る、読み応え十分の秀作です。ワタクシの中では今年のNo.1にほぼ決定。7編とも酒が大きな位置を占めています。アル中だったり、気を失うま ... » more
テーマ 読書

伊藤比呂美氏は「父の生きる」にもあったように、両親の死に直面していた。死について考える伊藤氏は、同じ熊本で尊敬する石牟礼氏に、あけすけに死について聞きたいと、対談を提案したそうだ。伊藤氏のその「あけすけ」さは、対談の随所に伺え、石牟礼氏も少 ... » more
テーマ

15年以上も前に発行された評論だが、未だに古くない。日本人はぜひこの書を呼ぶべきだと言ってよい。厳しい視点を持つ在日知識人の言葉は、賛否は別としても鈍感な日本人に良い視点や刺激を与える。特に、「記憶・証言・断絶」の章は必読の章だ。筆 ... » more
テーマ 韓国 歴史

『あやしい探検隊アフリカ乱入』3 <『あやしい探検隊アフリカ乱入』3>図書館で『あやしい探検隊アフリカ乱入』という文庫本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると、カラー写真の集中的収録部分と沢野画伯のヘタウマ挿絵が見られて、思いのほかビジュアル本になっているのが ... » more
テーマ メディア

この本は古書である。読むと、元杏雲堂病院長で文化勲章も授与された佐々木隆興氏の刀装具コレクションから選者が鐔500枚の写真を選び、掲載した本であった。佐々木氏のコレクションは鐔だけで2千数百枚もあったとのことである。坐忘とは佐々木氏 ... » more
テーマ 刀装具

 

最終更新日: 2018/08/14 11:11

「本」ブログのユーザランキング

雑記帳 4 位.
雑記帳
あああ 7 位.
あああ
海cafe2 12 位.
海cafe2
毎日3104 18 位.
毎日3104
TALKING MAN 22 位.
TALKING MAN
日記の部屋 27 位.
日記の部屋
夾竹桃日記 35 位.
夾竹桃日記
Ban'ya 37 位.
Ban'ya
音楽徒然草 38 位.
音楽徒然草

テーマのトップに戻る