誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    第二次世界大戦

第二次世界大戦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「第二次世界大戦」のブログを一覧表示!「第二次世界大戦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「第二次世界大戦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「第二次世界大戦」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今年の夏の高校野球は「第100回記念」として、行われている。しかし「第1回夏の高校野球」は104年前に行われた。では、何故「今年の夏の高校野球大会」が「第100回目」なのか開会式の日に「高校野 ... » more

まるで冒険小説のような。 しかし本当の話ということで、まさに事実は小説より奇なり。ナチスに挑戦した少年たち (児童単行本)小学館 フィリップ フーズ Amazonアソシエイト by というか、分類は児童書となっているが、普通に一般書じゃないか ... » more

〈アクセスログから解析する限り、当記事は閲覧妨害を受けた可能性が高いので再々掲します。閲覧妨害の痕跡が認められる限り、何度でも掲載します。by日吉圭〉【OCNブログ人アマがえるブログ 20080721記事を推敲したものを掲載しま ... » more
テーマ イルミー 第二次世界大戦 つぶやき

【OCNブログ人アマがえるブログ 20080721記事を推敲したものを掲載します。(文責・日吉圭)】昔のローマ皇帝がよく用いた政治手法に、「問題・反応・解決(PRSの手法)」というものがあります。これは、例えば「手の者を ... » more
テーマ イルミー 50代のblog 第二次世界大戦

【OCNブログ人アマがえるブログ20131228記事を転載します(文責・日吉圭)】2013年12月27日の京都新聞によると、安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、米政府は26日、在日米大使館による声明で「近隣諸国との緊張を悪化させるよう ... » more
テーマ イルミー 第二次世界大戦 国際問題

【OCNブログ人アマがえるブログ20110428記事を転載します(文責・日吉圭)】2011年4月28日の読売新聞によると、内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長は27日、衆院決算行政監視委員会に参考人として出席し、東京電力福島第一原 ... » more

そんなこんなで。 義務系続き。Darkest Hour [DVD] [Import]Amazonアソシエイト by というこちら"Darkest Hour"。邦題は「ウィンストン・チャーチル」はともかく、副題の「ヒトラーから世界を ... » more

これはもちろん。 義務系に決まってるだろ、"We shall never surrender!!"Darkest Hour [DVD] [Import]Amazonアソシエイト by というこちら、原題"Darkest Hour"。 ... » more

【OCNブログ人アマがえるブログ 20140329記事を転載します(文責・日吉圭)】イルミーは「いじめ」と「差別」と「戦争」を司る。彼らはその集団をより強力にするために、「いじめ」を技として用い、「差別」を強化してその拠 ... » more

【OCNブログ人アマがえるブログ20110511記事を転載します(文責・日吉圭)】YOMIURI ONLINEによると、千葉県房総半島沖で2008年2月に起きた海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故で、業務上過失 ... » more

【OCNブログ人アマがえるブログ 20080721記事を推敲したものを掲載します。(文責・日吉圭)】昔のローマ皇帝がよく用いた政治手法に、「問題・反応・解決(PRSの手法)」というものがあります。これは、例えば「手の者を ... » more

日吉圭の時事寸評今こそ呪いを解こう
【OCNブログ人アマがえるブログ 20100615記事を転載します(文責・日吉圭)】もしある人が、他人から憎まれ呪いをかけられていることに気付いたならば、神社に駆け込み御祓いをしてもらうに違いありません。親はガンで死亡し ... » more

日吉圭の時事寸評悲しみのエネルギー
【OCNブログ人アマがえるブログ 20101030記事を転載します(文責・日吉圭)】イルミーは、社会を苦しみに喘ぐ状態に置き、虐めと嘘を好む偽善者をリーダーにして、負のエネルギーによって集団を統治しようとします。 ... » more

回転猫目歴史儀英国製それで。
それで。 ちょっと間があいたのだが、「ダンケルク」な「ダンケルク」の続き。あらためて繰り返しになるが、この映画はストーリーを構成する3つのパート=ダンケルクの海岸の1週間、ダンケルクへ向かう民間船の1日、スピットファイアの1時間を組み ... » more

回転猫目歴史儀英国製で。
で。 一言でいうなら「ダンケルク」は「ダンケルク」だった。いや、本当に。最初この映画100分ちょいという話を聞いて、えっ、本当にそれで時間足りるのかクリストファー・ノーラン、と思ったら、本当にこの時間内にダンケルク成分を詰め込 ... » more

もちろんこれは。 ここでは義務系。という「ダンケルク」、とりあえず原題そのままの邦題でよかったよかったというか(笑)、まあダンケルクはダンケルク以上にひねりようがないものな(でももし愛とか希望とかドリームとかヘンな邦題にされていたら燃やしてい ... » more

そんな間違いをして。 これが旧ソ連だったら粛清ものでは。という最近の話題から。こちらは先週モスクワで除幕式が行われたカラシニコフ氏の銅像。カラシニコフ氏といえば、旧ソ連時代に今でも世界中で大人気で「もっとも人を殺した銃」とも言われているAK4 ... » more

切り口は面白いのだが。 というこの本。歴史の証人 ホテル・リッツ (生と死、そして裏切り)東京創元社 ティラー・J・マッツェオ Amazonアソシエイト by 第二次大戦でナチスドイツに占領されたパリのホテル・リッツを描いた話。ホテル・ ... » more

これは読むのが止まらない。 謎と物語に引き込まれる。コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)東京創元社 エリザベス・ウェイン Amazonアソシエイト by というこちらの本。舞台は第二次大戦中のフランス。当時イギリスはヨーロッパ各地 ... » more

というか、個人的には『高い城の男』+『攻殻機動隊』というか『ブレードランナー』というか。ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)早川書房 ピーター トライアス Amazonアソシエイト by ... » more

面白スレッドがあったので記載しておきます。自分の感覚だと、明治維新辺りや、第二次大戦のことを言われても、今の一般日本人には関係ないと言いますか、一般的にそんなこと考えて生きてなさそうだなぁと思ってしまいます。参考記事2c ... » more

誰もそんなふうに私を見てくれないが、そうなんだ。4歳で占領地の台湾の警察署の署長だった祖父の友人というマッカーサーの部下の米兵たちはいつも私に命令し、一日中護衛した。彼らの提案は天皇家と対等に振る舞うこと。東京に移り住み、皇居に普通に出入 ... » more
テーマ 第二次世界大戦 本音 王制

Hearts of Iron 4 Japanese Language modで日本語化してみました 記事タイトルとしては「Hearts of Iron 4 Japanese Language modでサブスクライブせずに日本語化してみました」と入れたかったのですが、タイトルとして長いようで入りませんでした。Hearts of Ir ... » more
テーマ ゲーム 第二次世界大戦 Hearts of Iron 4

回転猫目歴史儀英国製本が好きなら。
本が好きなら。 共感するものがある。戦地の図書館 (海を越えた一億四千万冊)東京創元社 モリー・グプティル・マニング Amazonアソシエイト by というこちらの本。戦地というのは第二次世界大戦の戦場のこと。第二次大戦に参戦し ... » more

回転猫目歴史儀英国製おおお。
おおお。 豪華スタッフで送るダンケルクが。こちらはエキストラ参加により撮影された、クリストファー・ノーランが監督を務めるダイナモ作戦を描いた映画のひとコマ。CGではなく実際にダンケルクで撮影されて、季節まで実際のダイナ ... » more

タイトルだけ見ると軽い気持ちで読めそうな感じなのだが。 実際に読んでみるとなかなかハードだったというこの本。戦場のコックたち東京創元社 深緑 野分 Amazonアソシエイト by いや、このタイトルと帯だと、確かに戦場は舞台にしているが、戦場の料理番が、あまり直接戦闘に関 ... » more

回転猫目歴史儀英国製というわけで。
というわけで。 75周年。1940年夏にドイツがイギリス侵攻作戦、に先立ってイギリスの空軍力を削ぐために始まったバトル・オブ・ブリテンから75周年。え?前にも言ってなかったかって?はい、バトル・オブ・ブリテンは一応7月から始まっていたの ... » more

回転猫目歴史儀英国製引き続き。
引き続き。 75周年継続中。スクランブル、スクランブル、出撃。ここに並んでいるのがどう見てもプロペラ機で、この人たちのいでたちにしても現在のパイロットのものではないことからおわかりのとおり、こちらは75年前=1940年のバトル・オブ ... » more

 

最終更新日: 2018/08/15 15:34

テーマのトップに戻る