誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    防衛

防衛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「防衛」のブログを一覧表示!「防衛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「防衛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「防衛」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

衆議院が解散しました。これで民主党政権が終わるので、国防・経済の点でまずはひと安心です。本当は秋にやるべきでした。新政権が誕生するまで尖閣を注視する必要があります。そんな中、日本のメディアは繰 ... » more

現在の日本の最大の危機が尖閣問題である。ここを中国に取られたら、沖縄、台湾(親日国家)も護れなくなる。しかも取られたという事は、日米同盟は機能しない事が判明する。となるとアメリカは世界的に信用を無くす ... » more

8日開幕した中国共産党第18回党大会の中央委員会報告(政治報告)で、胡錦濤総書記(国家主席)は,「海洋資源の開発能力を高め、海洋経済を発展させると同時に、海洋権益を守り、海洋強国建設に取り組む」と表明した。 ... » more

(産経新聞記事より抜粋)平成24年度の日米共同統合演習(実動演習)が5日、日本各地の基地と周辺空海域で始まった。16日までの期間中、沖縄周辺海域を島に見立てた離島奪還の模擬訓練などを実施。日米の共同対 ... » more

対中国、戦略と戦術(考察シリーズ)日本に尖閣を含む対中国への戦略と戦術があるのであろうか。そんなものはないのであろう、と思う。もし、この事を作るのであれば防衛省と外務省、産経省であろう。だが、横の連絡をとり、三者が纏め上げることなど ... » more

尖閣、中国封じ込め作戦(考察シリーズ)英誌エコノミストが心配しているそうだ。尖閣で戦争が始まるかも知れないと。但し、エコノミスト誌はこの領土問題についての本質を理解していないそうだ。エコノミスト誌を紹介し一抹の懸念を示したのは、東洋 ... » more

最近テレビでは石原慎太郎さん潰しが活発化している。その中でのマスコミの誤報道を指摘します。それは、石原都知事が尖閣問題を大きくし、日中の関係を悪化させ日本に損害を与えたと言う報道です。まず ... » more
テーマ 防衛 政治 テレビ

昨日、日本維新の会衆議院候補の選考委員会が開かれ、まず155名が決まったそうです。今週から合否の通知が届き始めるでしょう。私事ですが、結果に拘りはありません。自分なりにこの8か月間出来る限りで過ご ... » more
テーマ 経済 防衛 政治

人としてあり得ない事であるが、沖縄普天間基地周辺のオスプレイ反対派がワイヤー付き風船や、凧を揚げている。基地周辺の住民の為に反対しているのではなかったのか?危険だから反対しているのではなかったのか ... » more

海を往く者最前線での出産に思うこと
いやはや納得。一応、どこの国の軍隊でも、(災害対応など緊急でない)外地へ派遣する前にはメディカルチェックをするが、妊娠を前提として検査しているわけではないし、あくまで派遣に支障がないかどうかという観点でしか行わない。そりゃ、今日 ... » more
テーマ 防衛 社会 本国

東シナ海波荒らし、日中戦わば(2)(考察シリーズ) 尖閣防衛について、下の記事で、産経紙を一部、揶揄(やゆ)するようなことを書き、自衛隊統幕長にも、考えてくれ、とお願いした。そして、今日(10月13日)の産経紙が、日米で離島の防衛を ... » more

海を往く者EADSとBAEの合併破談
無理だよ、こんなの。BAE(本国)とEADS(フランス・ドイツ)での合併により世界最大手の防衛・航空宇宙産業に躍り出る気だったが、あっさり潰えた。正直、Horizon計画で折り合いが付かなくなって共同開発が頓挫してしまい、本国の ... » more
テーマ 海洋 防衛 本国  トラックバック(1)

どっちも前頭葉激しく欠落系のクソ馬鹿。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/dompolicy/594886/@先に賛成派の葛城奈海氏の場合・9条改正をどう ... » more

気になるニュースが入ってきた。それは、韓国の弾道ミサイルの射程は、米韓両国間の覚書で従来三百キロまででしたが、それを八百キロまで伸ばす事で米国と合意した。目的は、北朝鮮の核やミサイルの脅威に対応する為、 ... » more
テーマ 外交 防衛 政治

これから何回かに分けて尖閣の今後と、その結果によって世界がどう変化していくかについて大まかな流れを踏まえた上で、日本が今取り組むべきこと、今後30年後の世界環境(安全保障、経済)を予想した上で、 ... » more
テーマ 外交 防衛 政治

ジャーナリズムとは、日々に生起する社会的な事件や問題についてその様相と本質を速くまた深く公衆に伝える作業。(世界大百科事典より)現在のマスコミ報道を見ていると、残念ながらジャーナリズムは存在していない。 ... » more
テーマ 外交 防衛 政治

海を往く者日本に核兵器は不要
勢力均衡が崩れるだけ。 他国を攻撃するのに、核兵器は不要だ。何故なら、その国の原子力発電所を通常兵器で攻撃すればよいだけの話だ。もしくは攻撃側が、ウラン、プルトニウムなどの核燃料を上空から散布するだけで、十分な破壊行為であり、そ ... » more
テーマ 行政 防衛 社会

屋久島崩落窯日本国家を思う
日本国家を思うまほろばな日本の生い立ちを考えてみた。穏やかな民族、自然豊な日本に生まれて私は幸せでありがたく思っている。古の人たちのおかげである。下記の記述は学者の歴史見解を記載したものであるから、歴 ... » more
テーマ 屋久島 防衛 政治

「尖閣問題」に応じるな! 習近平氏の「罠」に要注意 先に手を出した(中国漁船乗組員がけがをする等)者負けってことか?正義や人権のない国に有無を言わせないやり方はないものか・・・[産経新聞 2012/09/27 11:40更新 より]【石平のChinaWatch】今月中 ... » more
テーマ 領土 防衛 中国

1.商売なんですから2.NAOSHA-DO雑感:毅然とした態度で3.本にまつわる話:人は放射線になぜ弱いか************************************************1.商売なんで ... » more
テーマ 企業戦士のAmazon古書店経営 外交 防衛

オスプレイの配備、いい加減にせよ!(考察シリーズ)オスプレイ配置の反対いい加減せよ!これがこの記事のテーマである。いよいよ大詰めを迎えている。「恥ずかしい交渉」を森本、玄葉さんは良く纏めてくれた。これが次のテーマである。昭和 ... » more

リップサービスに舞い上がる馬鹿な日本人。日米安保条約に基づいて米軍が動いてくれると思うのは甘い。単に「安保適用対象である」と言っただけで、「有事があったら安保条約に基づき必ず出動する」とは言っていない。別に米国は日本の国益保持の ... » more

中国の反日暴動について思う。日本人は中国の暴動を見て、あの国の人はおかしいと思い、嫌いだと思うであろう。さらに平和的な話し合いをすべきだと考える。家内もそのように言う。これは民族闘争の経験がない国民の考えである。 ... » more
テーマ 屋久島 防衛 政治

集団的自衛権についての政府見解は、自民党鈴木善幸首相時代の1981年5月、議員の質問書に対する政府答弁書として閣議決定し、そのまま現在まで引き継がれている。法制局見解として、「憲法は本来、武力行使 ... » more

海を往く者富士総合火力演習への疑問
森本大臣は信用ならない。今回の演習では島しょ部に侵攻する敵に対して、陸海空の各自衛隊が連携して対応する作戦が初めて公開された。敵国の潜水艦などの艦隊が接近するのを海自P-3Cが発見。これを空自のF-2戦闘機が空対艦ミサイルで攻撃 ... » more

昔の、昔のお別れ(文学、ポエムシリーズ)お兄さんさようなら、本当にもう会えないのだわ。雪が降ってしまって足に巻いたゲートルも汚れてしまって、でも、神宮外苑は天にまで届く、心意気で満ち満ちていたわ。あなたさようなら ... » more
テーマ 文学 防衛 ポエム

「中国漁船?」尖閣上陸阻止方法について(考察シリーズ)昨日(8月24日)、参議院の予算委員会を見ていて、「海保」の中国船の上陸阻止の具体的阻止法方がわかったので、読者の皆さんに紹介する。こんなことを書くと中国を利する、との懸 ... » more

東シナ海波荒らし、日中戦わば(考察シリーズ)何も戦争を煽っているわけではない。いざと言う時のためにこの記事を書いている。尖閣諸島防御をしなければならないときが来るかも知れないのだ。産経紙(8月22日)が伝えてくれている。「対 ... » more

中国の対日デモについて(考察シリーズ)結論から先に書こう。放っておいても大丈夫である。これ以上は拡大しない。産経紙(8月20日)が伝えるところによると、「中国で反日デモ拡大、20都市以上、一部は暴徒化」(みだし)、とある。記事を読ん ... » more

1.国が乱れれば周辺国の攻勢は強まる。ロシアの前大統領のメドベージェフ首相と複数の閣僚が7月3日午後、北方領土の国後島を訪問した。彼は、2010年11月にも当時のロシアの元首として初めて国後島を訪問ている。2回目である。中国香港の活 ... » more

 

最終更新日: 2018/08/20 02:09

「防衛」ブログのユーザランキング

yukusu40 2 位.
yukusu40

テーマのトップに戻る