誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンプ測定治具

アンプ測定治具

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: アンプ測定治具
テーマ「アンプ測定治具」のブログを一覧表示!「アンプ測定治具」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
Analog Discovery 2がAmazonで税込み33,000円弱となっていたのでついポチってしまった。以前から欲しいと思っていたのだ。1Hzから周波数特性を測りたい。それに位相特性を測り.. » more

FETの選別には以前製作した治具(じぐ)を使っていたのだけど、手を近づけると値が変動する(ボディエフェクト)、ICクリップでFETを接続するのが手間などの問題があった。そこでZIF(ゼロプレッシャー).. » more

今回の記事は備忘録となる。歪率特性測定用ボリュームボックスの補修を行った。 酷使しているせいか、0.001W(0.089V・8Ω)あたりのレベルをすこし上げたところで抵抗値が急激に変化するので合.. » more

マルチテスターLCR-T4が測定中にいきなり壊れてしまった。何も繋がない状態でこんなふうになるのは変だよね。電池を抜いて放置し再度試すも同じ。セルフテストもできない状態。 これは容量の大きな.. » more

LCR-T4用のICクリップを金メッキタイプに交換した。これはまだ接触不良には至っていないが、金メッキのにしておけば安心ということもある。まあ予防安全ということ。 秋月の金メッキタイプの.. » more

どうも調子が良くないFET&CRD選別治具のメンテナンスを行った。ICクリップの接触が悪く、測定値が不安定なため。 秋月電子通商で扱っている金メッキタイプのICクリップ(小)。銅のやつは.. » more

6550 CSPPアンプは35Wの出力を目標としているので、現在使用中のアンプ測定治具(定格40W)では出力試験や歪率特性の測定に使えない。そこで専用のダミーロードを製作することにした。使用目的はオシ.. » more

東栄変成器T-1200のDC重畳電流を振ってインダクタンスを測定してみた。T-1200はイチカワトランスのITS-2.5Wと同じと思われるので、1次許容最大DC電流40mAまでの測定とした。 .. » more

先日購入したLCR-T4は裸のままだと壊しそうなのでケースに入れることにした。 100円ショップでおかず入れ?を買ってきた。 基板は4本の黄銅スペーサーで固定。LCR-T4.. » more

以前ノグチトランスのチョークコイルPMC-115HをマルチテスターLCR-T4で測定したらインダクタンスが2Hとなったが、仕様は1Hだ。そこでシングルOPTのインピーダンス・インダクタンス測定治具.. » more

マルチテスター LCR-T4を入手した。Amazonで送料込み880円だった(2016年12月現在)。私はケース無しのを頼んだ。ちなみに1,500円~2,160円くらい出せば並行輸入品を日本でも入.. » more

測定治具の製作・その2でOPTの2次側に負荷を接続する場合、信号源インピーダンスもマッチングを取らないといけない。そこでインピーダンスを切り替える改造をすることにした。 回路図を上記に示.. » more

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る