誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    明治維新

明治維新

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「明治維新」のブログを一覧表示!「明治維新」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「明治維新」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「明治維新」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

日本で最初の立憲民主主義思想は現行憲法よりリベラルだった!?幕末の思想家・赤松小三郎の暗殺に見る「明治礼賛」の虚妄! 〜岩上安身による拓殖大学関良基准教授インタビュー(その2)17.7.11 ... » more

【イントロ】「長州レジーム」から日本を取り戻す! 歴史から消された思想家・赤松小三郎の「近代立憲主義構想」を葬った明治維新の闇〜岩上安身による拓殖大学・関良基准教授インタビュー(前編)17.6.6 ... » more

公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く「官軍教育」の中で描かれた「偉人」たちの姿は「ウソ」ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー2018.3.8 ... » more

かつて、西尾幹二氏が、日本の文明観、國體を次のように語っていました。〔日本人は天皇を超える神を必要としている。日本の文化は二重性があって、神仏信仰で、神と仏の両方があった。天皇を超える仏教という超越原理を持つ文化、言わば形而上の ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

維新精神の本来的回復運動の内、まずは大日本帝国憲法の制定作業を見ていきます。国会開設の詔により、その基礎となる憲法が欽定により制定されることが決定すると、大久保の後継者としての地位を固めつつあった伊藤を責任者として「プロシヤ」型の憲法理 ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

「維新」という言葉は、詩経にある「周は旧邦なりと雖も、その命は維(こ)れ新たなり」に由来していて、革命とは異なります。あくまでも王朝政治の復古を表しますが、古色蒼然たるままの復古ということではありません。当時の教養人の必読書の一つである ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語  コメント(4)

西郷帰郷後の政府は迷走を重ねます。 政変の主目的たる江藤新平が佐賀の征韓派(彼らは民権派でもある。彼ら旧武士階級にとって、民権とは国民としての義務を行う権利であり、彼らは輿論を提議し、公議として定まった国策に参加する権利として征韓論を ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

話は遡りますが、廃藩置県の成功は、当時の内閣に自信を植え付け、勢いに乗った政治的飛躍、冒険的政策へと駆り立てます。本来なら、公議として熟さぬ内の廃藩置県断行でしたから、次は内政に力を注いで混乱の収拾、人心の鎮静化に努めるべきでしたが、国外 ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

かなり端折っておりますが、詳しくは拙著『十人の侍』をご参照いただくとして、先に話を進めます。廃藩置県の必要性をいち早く認識し、これを提唱したのは木戸孝允でしたが、彼はまずその第一段階の改革として版籍奉還(版図戸籍の奉還)の実施を強く説き ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

斉彬が自身の後継者と目していたのは、藩主就任に際して競争相手であった異母弟の久光でした。父斉興の正嫡で世子として届けられた斉彬が蘭学かぶれということで嫌われたのに対し、愛妾由羅の子として愛された久光でしたが、彼本人は学問好きで、藩主の地位に ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

最近、明治維新の再評価が盛んで、維新運動そのものに懐疑を突きつけたり、否定する内容の本が盛んに喧伝されていますが、筆者はあまり興味がなく、読んでもいません。というのは、彼らの宣伝文句の多くに、現在の価値規範で断罪しよう、批判しよう、との執筆 ... » more
テーマ 国体 明治維新 皇室と論語

NHKの大河ドラマで「西郷ドン」をやっていましたが、明治維新前後の話は登場人物の魅力もあって、周期的に作られています。だが、明治維新を巡る登場人物の豪華さに比べて史実としての明治維新は、今一つはっきりしません。例えば、明治維 ... » more
テーマ 明治維新

日本史の「付録」10 なにゆえ貴殿が国葬に? 幕末の推移が分かりにくいのは、たぶん劇的な事態急変と逆転が遠慮なく登場することが原因の一つになっているのかもしれません。たとえば、その幕末期に政局の安定と攘夷実行を目論んで、いわゆる「公武合体」路線を強力に推し進めた孝明天皇(1 ... » more
テーマ 徳川慶喜 明治維新 島津久光

もう師走。今年もあと少しですが、本年は明治維新百五十周年ということもあって、NHK大河ドラマが『西郷どん』であったり、明治維新を見直すと称して、否定する内容、今風に言えば「ディスる」ための本が多く出版され話題になりましたが、内容のモチー ... » more

No.1090 「五箇条の御誓文」のエネルギー 議会制民主主義と自由主義経済を指し示した「五箇条の御誓文」は、わが国の「根っこ」からのエネルギーを全開にした。■転送歓迎■ H30.11.25 ■ 50,396 Copies ■ 4,542,574Views■_______ ... » more
テーマ 国柄探訪 皇室の祈り 明治維新

1859年11月21日、吉田松陰が獄死。明治維新の端緒となるのは、1853年に東インド艦隊司令長官ペリーが黒船で来航し、開国を迫ったタイミングからであろうと考えておく。翌1854年、ペリー再来の折に、松陰は米国への密航を ... » more

1859年11月21日、吉田松陰が獄死。明治維新の端緒となるのは、1853年に東インド艦隊司令長官ペリーが黒船で来航し、開国を迫ったタイミングからであろうと考えておく。翌1854年、ペリー再来の折に、松陰は米国への密航を ... » more

「『五箇条の御誓文』対『共産主義』 明治維新という大業(3)」松浦光修、『日本の息吹』H3007 ・五箇条の御誓文の第一条「広く会議を興し、万機公論に決すべし」は、議会政治の理念を語り、そのためには、「言論の自由」が必要。・第二条「上下、心を一にして盛んに経綸を行うべし」は「産業を興す」ことで、「私有財産」の保護が前提。 ... » more
テーマ 明治維新 お勧め記事 政治

ヨシオ山明治維新
502 明治維新以前も考査したがかなりグーグルマップの向上ではっきりしてきている孝明天皇 後月輪東山陵から岩倉具視の墓366.03 km(227.44 マイル)孝明天皇 後月輪東山陵34.977467, 13 ... » more
テーマ 明治維新

「明治維新という大業 C明治天皇、神々への誓い」松浦光修、『日本の息吹』H3008 ・「五箇条の御誓文」と同日に発表された「国威宣揚の御宸翰」。「国内のすべての人々が、たった一人でも、その人にふさわしくない場所に置かれているようであれば、それは皆私の罪です。ですから、これからは私自身が骨を折り、心や志を苦しめ、困難の先頭に ... » more
テーマ 皇室の祈り 明治維新 お勧め記事

「読書室 坂本龍馬と国学」、『祖国と青年』H2910 ・坂本家の家学は「国学(皇学)、龍馬も国学の思想的素養を持っていた。・大久保一翁の「大政奉還論」を、「幕府は朝廷から政治を委ねられている」とする国学からの考えから理解し、その実現に向けて行動した。【伊勢雅臣】司馬遼太郎の龍馬像で ... » more
テーマ 日本思想 明治維新 お勧め記事

歴史調査(戊辰の神奈川県の藩)今年は明治維新150年にあたり企画展、「戊辰の横浜」を見て来たが、横浜では何も騒動は起きなかったことを、先日ブログで紹介した。そこで、今日は、神奈川県にあった藩では、戊辰でどのようなことが起こったかを「 ... » more
テーマ 神奈川県 明治維新 歴史調査

「最後の将軍 徳川慶喜の決断」宮田正彦、『致知』H30.2 ・慶喜は20歳頃、父親の斉昭に「もし一朝事起こりて、朝廷と幕府と弓矢に及ぶようのごときことあらんか、我等はたとへ幕府に反(そむ)くも、朝廷に向かいて弓引くことはあるべくもあらず」と、光圀公以来代々水戸家に伝えられた家訓を告げられている。 ... » more
テーマ 日本思想 明治維新 お勧め記事

日本史の「タブー」08 そして誰もが頓挫した 日本の歴史にはなんとも不思議な現象もあって、たとえば「天皇」の存在などもそれに当てはまるかもしれません。それ以前には別の呼び方をしていたのでしょうが、たぶん7世紀くらいには自分たちの最高権力者に、現在と同じ「天皇」の呼称を用いて ... » more

明治になってからの不平士族の事例を8つの章で取り上げている。幕末の薩長などの官軍の志士は攘夷を旗印に政権を奪うが、維新政府になったとたんに、文明開化政策を採用して、果ては鹿鳴館という軽薄な欧化主義となる。私が当時に生きていても、おかしいと思 ... » more
テーマ 不平士族 明治維新

日本史の「デジャヴ」25 二度ある落城は三度ある ヘソ曲がり系の方々に念のためにお断わりしておきますが、ここでいう「落城」とは〜城が空から降って落ちてくる〜ことではなく、オーソドックスに〜敵に城を攻め落とされること〜の意味で使っています。ほとんど「非日常」の光景とも言ってもいい ... » more
テーマ 明治維新 大坂の陣 淀殿

日本史の「アレンジ」18 拙者の名前も御維新いたす 実際には、この他にもその該当者?は大勢いますが、幕末維新の頃に大いなる活動を見せた人物の中からピックアップしたこの四人の「共通点」に気が付きますか?○長州藩士・村田蔵六 (むらた・ぞうろく/1824-1869年)○福井藩士・ ... » more
テーマ 明治維新 桂小五郎 大村益次郎

内地は何処に向かっていくのだろう 4.0 FOXDAYとは何だったのか? 内地は何処に向かって行くのだろうの第4回目です。いきなりで因みになんで申し訳ありません。BABYMETALの件です。BABYMETAL側は4月1日をFOXDAY 狐様の日としております。2年前は2ndアルバムの発売という衝撃があ ... » more

amazonオンデマンド版『西郷南洲翁遺訓と超近代的解説』の出版について amazonのオンデマンドサービスで紙の書籍としての『西郷南洲翁遺訓と超近代的解説』の予約販売を開始しました。発売日は三月十九日です。南洲翁の遺訓を座右の銘として手元に置いておきたい方は是非ご購入下さい。 「明治 ... » more
テーマ 明治維新 出版 西郷南洲遺訓

 

最終更新日: 2019/05/17 07:06

「明治維新」ブログのユーザランキング

西郷隆盛 2 位.
西郷隆盛

テーマのトップに戻る