誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    連城三紀彦

連城三紀彦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「連城三紀彦」のブログを一覧表示!「連城三紀彦」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
賞は受賞していなくとも、方々で絶賛されていたので読んでみました。 あらすじ ≪造花の蜜はどんな妖しい香りを放つのだろうか…その二月末日に発生した誘拐事件で、香奈子が一番大きな恐怖に駆られたのは.. » more
テーマ 連城三紀彦

『造花の蜜』 by 連城 三紀彦
長編ながらひと時も退屈さを感じさせず、めくるめく意外な展開を見せる本作、ミステリーとしては見事というほかない。 題名の示す偽物・・・いや、偽者としての「造花」とその偽の蜜に群がる働き蜂たち。考え.. » more
テーマ 連城三紀彦

萩の雨
またまた連城三紀彦著。 二昔も前に愛した女と旅先きで待ち合わせた男。だが、その彼の前に現れた“その女”とは?「椿のかわりに萩を抱きません?」と言い寄るその女の真意は果たして何か(表題作)。萩、柳.. » more
テーマ 連城三紀彦

夜のない窓
また連城三紀彦著。 さまざまな情事を仕組むことにより、妻を自殺へと導く男の奇妙な心理を追う表題作ほか、男女の関係をミステリアスに描く最新作品集。 今まで読んだ連城氏の小説とはちょっと違う.. » more
テーマ 連城三紀彦

日曜日と九つの短編集
連城三紀彦著。直木賞まで取ってるのに知名度低くないか? 見知らぬ男の後妻となるホステス (「日曜日」)、20年前の恋人と再会するやくざ (「裏町」)、腹違いの子を育てる玩具店の女房 (「棚の隅」.. » more
テーマ 連城三紀彦

背中合わせ
本当に、優しい、人の暖かさを感じる21の短編集。連城三紀彦著。 ふとしたきっかけで日常の裏側を垣間見る女たちを描く21の短編。 全部の話が本当に短い。 だけど、その短さの中に優しさ、愛情.. » more
テーマ 連城三紀彦

恋文
今日はちょっとレトロなこんな本。 『恋文』 連城三紀彦 (新潮文庫) 5編収録の短編集である。 一編一編読み進むにつれ、2時間ドラマみたいに濃いなぁとか、昔の映画みたいに暗いなぁとか、登.. » more
テーマ 連城三紀彦

 最近はこの方、純文学とか、恋愛小説などの分野で名前を耳にすることが多いが…もともとはミステリーをお書きだった。  「戻り川心中」とか…「カイン」(「蛍草」文春文庫)とか…。私はそれほど読んでいない.. » more
テーマ 連城三紀彦

造花の蜜 連城三紀彦 風変わりな誘拐事件を扱った作品。 夫と別れて暮らす主人公の母親は、息子が幼稚園から何者かに連れ去られたことを知る。普通なら取り乱してもおかしくないのだが、過去の「事.. » more
テーマ 連城三紀彦

暗色コメディ 連城三紀彦 目の前の夫に「あなたは死んだのよ」と語る妻。自分に手を振りながら他の女と腕を組んで歩く夫。 あり得ないシチュエーションの話を持ち寄る精神科医院だが、実は全てが一.. » more
テーマ 連城三紀彦

黄昏のベルリン 連城三紀彦 ナチスの収容所で起きた事件を元に、旧東西ドイツを舞台に繰り広げられるミステリ長編。 ユダヤ人と日本人のハーフとして生まれた主人公の青木は、自らの出生の秘密を解.. » more
テーマ 連城三紀彦

白光 連城三紀彦 「こんなミステリが読みたかった。」 と誰もが認めてしまうほど鮮やかに展開されていく、「サスペンスミステリの傑作」。 平凡にみえる一家で起きた残忍な幼児殺害.. » more
テーマ 連城三紀彦

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る