誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    会津藩

会津藩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「会津藩」のブログを一覧表示!「会津藩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「会津藩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「会津藩」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

知人の鈴木氏が次々と著述をすすめている。この本は幕末の会津藩の動向を会津藩に同情的に記述している。同情的と書いたが、鈴木氏は今の通説が歪められた薩長による歴史であり、ここで書かれたことが歴史の真実だと確信して書かれている。私がはじめて知 ... » more
テーマ 会津藩 幕末史

日本史の「もしも」12 会津藩って何者ですか? 幕末の一時期の政治は、実質的に以下の三人のスクラムによって運営されていました。○一橋家・徳川慶喜(1837-1913年/後の15代将軍)○会津藩・松平容保(1836-1893年/慶喜の又従兄弟※親同志がイトコ)○桑名藩・松平 ... » more
テーマ 松平容保 会津藩 保科正之

歴史小説を書いている著者が、新宿花園神社の社報に連載していたエッセイなどを元にして編まれた本である。著者には会津藩に関する歴史小説が多い。それらの過程で得た知見、集めた資料を元にまとめていて、興味深い。具体的には会津藩の藩祖の保科正 ... » more
テーマ 歴史 会津藩

日本史の「災難」04 複雑系?四兄弟の幕末維新 いわゆる「幕末維新」のお話ですが、やや複雑系?の内容になりますので、体調もしくは頭調が優れない方にはお奨めいたしておりません。その点、悪しからずご了承ください。さてその頃、現在の岐阜県海津市に当たる地域に「美濃国・高須藩 ... » more
テーマ 会津藩 明治維新 孝明天皇  トラックバック(1)

日本史の「災難」03 ゆるネーム?”蛤御門の変” 幕末期、それまで共に御所の護衛に当たっていた長州藩は、同僚?の会津藩・薩摩藩から、突如として締め出しを食らい、京から追放される立場になりました。いわゆる「八月十八日の政変」(文久3年/1863年)です。仲間の裏切り?にあ ... » more
テーマ 会津藩 明治維新 長州藩

猪苗代湖畔の「土津(はにつ)神社」にて神式で造られた会津藩松平家初代藩主・保科正之の墓を知る 上掲の写真は猪苗代湖に近い土津神社で会津藩松平家初代藩主・保科正之(1611〜1673年)が祀られています。拝殿と本殿の裏側にある奥の院への参道を500mほど歩くと八角形の鎮石が置かれた神式の墓(墳墓)がありました。土津神社は167 ... » more
テーマ 土津神社 会津藩 保科正之

今週はこんな本を読んだbR32(26.9.14)「幕末維新消された歴史」安藤優一郎日経文芸文庫2014年5月初版918円会津の松平容保の憂鬱と孤独と焦燥を思った。孝明天皇からは頼りにされるが、他の公家たちは何を考えているのか ... » more
テーマ 勝てば官軍 幕末維新 会津藩

燦燦斗南藩の史跡を訪ねる(むつ市)
斗南藩の史跡を訪ねる(むつ市) 斗南藩士が上陸した湊 (背後の山は釜臥山(標高879m)です。)遥か会津の方に向けられて建立された記念碑むつグランドホテルの史料展示室に展示されていた絵です。(アメリカ合衆国からチャー ... » more
テーマ 柴五郎陸軍大将 斗南藩 会津藩

京都史蹟散策32  会津藩駐屯地跡  京都史蹟散策32会津藩駐屯地跡【交通】京阪電鉄・伏見桃山【位置】伏見区大坂町東本願寺伏見別院前(平成25年4月14日撮影)【石標】会津藩駐屯地跡(伏見御堂)平成二十一年十二月建之伏見観光協会 ... » more
テーマ 京都 史蹟 会津藩

京都史蹟散策 9  会津藩・郡役所跡に特定、長徳寺 つい先日に会津藩・郡役所跡に特定、長徳寺【位置】上京区西ノ洞院通 上長者町上ル【交通】{市バス・上長者町}真宗大谷派の寺院。開基、経緯などは未詳。外観【石標】会津藩洋学所跡地平 ... » more
テーマ 京都 史蹟 会津藩

徳川三大将軍の治世に、会津騒動があったそうだ。その史実を藩主親子の葛藤と忠義で捉えた小説を読んだが、私には男の嫉妬の凄まじさを描いたものと思えた。伊予松山の加藤氏は関が原の功績で石高倍増で会津藩主と移封される。 ... » more
テーマ 読書 会津藩 田宮虎彦

以前会津若松市の観光が風評被害で大きく減ってしまったということを書きました。地域の経済としては大きなダメージで一日も早い復興を願いたいです。会津若松市の観光地で思い浮かぶのがやはり白虎隊ですね。飯盛山や鶴ヶ城などがスポットでしょうか ... » more

神宮外苑ではいちょう祭りが行われており、黄金色に輝いている銀杏並木を見るために、平日ながら多くの人が集まっていた。神宮外苑からの帰路、明治神宮、代々木公園を経て渋谷までウォーキングを実施。久しぶりの2万歩超えとなった。明治神宮外 ... » more

会津若松の飯盛山にて会津藩と白虎隊の悲劇を想う 裏磐梯の五色沼自然探勝路を散策してから自宅へ車で戻る途中会津若松の飯盛山に立ち寄りました。3年ほど前に鶴ヶ城(若松城)の天守閣に登った時に飯を椀に盛ったような姿をした飯盛山が見えたことを急に思い出し白虎隊の墓(写真上)を訪ねてみる気になった ... » more

「会津藩斗南へ誇り高き魂の軌跡」 星亮一著/三修社 2006.4.15戊辰戦争後、会津藩は下北半島で斗南藩として存続し、その移住した藩士と家族の悲惨な生活の実態と活躍を描いている。移住したものは会津藩の8割弱にあたる1万7千余名、石高は ... » more
テーマ 書評 歴史 会津藩

 

最終更新日: 2019/05/16 02:23

「会津藩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る