誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    詩人

詩人

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「詩人」のブログを一覧表示!「詩人」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「詩人」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「詩人」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

「くじけないで」 100歳の詩人:柴田トヨさん 昨日(2011年10月10日)夕方6:10分より、なにげなくNHKを観ていたら、「くじけないで」「不幸の津波に負けないで〜」と題して、柴田トヨさんの詩と共に、この詩に励まされた東日本大震災の被災者の皆さんが紹介されていました。この方 ... » more

magnoria原点に戻る
昨日初めて新聞を見ようという気になり、もともと関心があった分野のテレビならボーッと見れたのですが、食と健康に関する本ばかり読んでいて、両親と買い物の件などで口論して疲れ、その他はずっと寝ているかボーッと座っているという状態でした。でも、 ... » more

此処にそして彼方に花の名前
ひとり暮らし (新潮文庫)新潮社 谷川 俊太郎 Amazonアソシエイト by 『黄色い花でさ、そら、何だっけ?小さいのが沢山咲いて』『あぁ、あれか、名前、何だっけ、最近、忘れっぽいから。背丈がせいぜい、腰位のや ... » more

magnoria情報から真実を汲みとるには
情報を分析し、その中から真実を汲みとり、行動を決断するには、人の心を知り、人の痛みを知る、心理学者の資質が必要です。 氾濫する情報を経営活動に役立てるには、断片的であろうと、一見無関係にみえようとも、その中から「物ごとの本質」を読みとる ... » more

magnoria孔子 自発的精神
孔子は人間の価値を人間そのものに置いたが、人間に価値があるのは、自分の使命を自覚して「志」を立てるからである。「志」は自発的精神であり、これさえ明確にすれば最高の徳である「仁」に至ることも困難ではないのである。人間には「道」があることに ... » more
テーマ 詩人 中国 思想

magnoria天人
初夏の昼、どこまでも青く晴れわたった空の高みに一ひらの絹雲がその裾を白く吹き流しながら浮んでいるのが見えることがある。風に散った雲のはじは空の青が透いて見えるほどで、どう思ってもそれが絹の繊維のように見える。そんなとき私は、ああ、あれは婚礼 ... » more
テーマ 詩人 片山敏彦・高田博厚

「古事記」を読んでいると、「鏡の国のアリス」を思い出すんですね。アリスがヒツジのおばあさん(白の女王)と一緒に小さなボートを漕いでニオイイグサの生えている小川を下っていって不思議なお店でタマゴを買うと、それがハンプティー・ダンプティーになっ ... » more

magnoria寺山修司と秋元潔さん
青森県三沢市出身の著名人を見ていたら寺山修司の名がありました。寺山修司は、演劇実験室「天井桟敷」を主宰、映画、詩人、その他様々な分野で活躍した天才と言われており、競馬にも造詣が深かったのでも有名です。http://ja.wikipedi ... » more
テーマ 俳句 青森 詩人

magnoriaへッセの詩
ドイツの音楽の中でシューベルトやヴォルフの歌謡曲が持っている明瞭な特徴を考えてみれば、それは民謡の親しみぶかい魂である。たとえばわれわれ自身の体験の比較して考えてみれば私たちが幼い頃から識っている子守唄や、または「蛍の光」の歌が僕らの心に起 ... » more
テーマ ドイツ 詩人 片山敏彦・高田博厚  トラックバック(1)

magnoria詩人 ドナルド・キーンさん
「クローズ・アップ現代」でドナルド・キーンさんのインタビューを聴いた。キーンさんのインタビューを聴いて、その優しい童心に溢れた大きな瞳を見て、今時こんなに心の綺麗な、ピュアな人が存在したのだという信じられないような思いと、自分の心が優しくな ... » more

magnoria詩人というよりは哲学者?
私って詩人というよりは哲学者なんじゃないかと思うんです。だってたいがいは自分の気持ちを聴いて欲しいというよりも、どうしたら世の中や自分を取り巻く状況を変えられるかということの方が大切で、自分の気持ちはたいていいつもコントロールできているんで ... » more
テーマ 自分 詩人 哲学者

magnoriaリルケとフッサールの共通点
神品芳夫先生の「リルケ研究」にはリルケとフッサールの共通点が述べられており、フッサールへの理解の手がかりになると思いました。おそらくわれわれは言うためにこの地上に存在しているのだ、家、橋、泉、門、甕、果樹、窓―せいぜい、柱、塔な ... » more
テーマ ドイツ 詩人 哲学

magnoria永島靖子さんのこと
先日東京に行った時に、平野充先生の個展に伺ったのですが、その時に偶然永島靖子さんという俳人の方とお知り合いになりました。その時私は平野先生の作品を鑑賞しながら、「これは星雲のように見えますね」などと自分の感想を自由にお話しましたら、平野先生 ... » more
テーマ 俳句 詩人 片山敏彦・高田博厚

私は常に出逢った人全てから学ぶ努力を続けてきましたが、やはり本当に自分が関心があることは何なのか、本当に自分がやりたいことは何なのか、自分が本当に好きなことは何なのか、自分はいったいどういう人間なのか、それがきちんと自分の中で整理されている ... » more
テーマ 詩人 片山敏彦・高田博厚  コメント(1) トラックバック(1)

magnoria静岡に行ってきました。
今日は、詩人の木坂涼さんとアーサー・ビナードさん御夫妻の講演を聴きに静岡まで行ってきました。土日に東京に行ってきたばかりで疲れが抜けていなかったのと、食欲がちょっと落ちていたのと、着て行く服を何にしようとか色々悩んだり、睡眠不足などで、何 ... » more
テーマ 地元 田舎 詩人

magnoria詩人とは
詩人とは神さまの言葉を人間に伝える存在。天と地上の中間にいる存在。だから小鳥にたとえられるのです。 ... » more
テーマ 詩人 小鳥

magnoria孤独を共有する
孤独も突き詰めれば、共有できるってことですよね。黙っていても以心伝心、目と目で通じ合える、そういうことかな。それが詩人であり、そういう人に神は微笑みかけてくれるのです。 ... » more

magnoria「おとぎ話の言葉」
トニ・モリスンはノーベル文学賞の受賞記念講演で、公式の言語、政府が取り締まりに使う言語、あるいはしかけのあるジャーナリズム言語からへだたったところにある、魔術的ですらあることば、子供がおぼえる種類のことば、「おとぎ話の言葉」について語ったそ ... » more
テーマ 成長 詩人 言葉

magnoriaイデアは回想である
プラトンは、イデアは回想であると言ったが、私たちは、ほんとうに優れた詩人たちの呼び覚ます物の姿を通じて、原形的なものを回想させられる。子供のとき初めて海を見たときの私の感動は、私にとっては、海そのものを考えるために必要な感動なのだが、詩 ... » more
テーマ 詩人 片山敏彦・高田博厚

magnoriaゼロから再出発
4月13日(水)の朝日新聞朝刊のオピニオン欄で細川護煕元首相は次のように云われています。「東北大などで教鞭をとったジェームズ・カーカップという英国の詩人・思想家が40年前、日本についてこう述べています。「経済の破綻、破滅的な地震が、 ... » more
テーマ 詩人 政治

情報を分析し、その中から真実を汲みとり、行動を決断するには、人の心を知り、人の痛みを知る、心理学者の資質が必要です。氾濫する情報を経営活動に役立てるには、断片的であろうと、一見無関係にみえようとも、その中から「物ごとの本質」を読みとる能 ... » more
テーマ ドイツ 詩人 情報

magnoriaザ・アイドル 山口達也さん
今日の「スタパ」のゲストは山口達也さんだった。山口さんって、以前はもっと生意気で性格が悪そうなイメージを勝手に持っていたんですが、最近笑顔の山口さんを見ることが多くて少し印象が変化していました。今日のインタビュー聴いて、実は優しくて、内省的 ... » more

散歩 東京大学弥生門前にあった 立原道造記念館 東京大学弥生門前にあった立原道造記念館東京メトロ千代田線根津駅徒歩7分2011年3月17日(木)散歩東京都文京区弥生2−4−5Tachihara Michizo Memorial Museum 入館料400円平成9年開館 ... » more
テーマ 博物館 詩人 東大

よくいわれることだが、ニュースというものは、5つのWと1つのHに答えていなければならない。Whenいつ、Whereどこで、Whoだれが、What何を、Whyなぜ、したのか、そしてHowどのように、である。しかし、これは何もニュースに限っ ... » more

magnoriaホイットマン 「草の葉」
私自身の歌得意気な太陽の光を、私は君に温めて貰う必要はない―ちょっと待ち給え!君は表面しか照らさないが、私は表面のみか、深部へも滲みこむのだ。地球よ!君は私の手の掌の中に何かあるかと探しているようだ、おい、このわからずや ... » more
テーマ 詩人 アメリカ

magnoria群衆の中の声
群衆の中の声テッド・ジューンズ(1928〜)もしも混雑した街路を大声で独りごちながら歩いてゆく男に出会うようなことがあったら彼をさけたりしないで彼に近づいてごらんなさい彼は詩人なのですよ彼の語る真実のほかには ... » more
テーマ 詩人 真実

magnoriaやっぱり児童文学
私の専門、適性はやはり児童文学だと思います。それはやっぱり私が詩人だから。だから今年も引き続き、子どもの本を読む講座を受講しようと思います。だから月1回は必ず静岡に行きますよ(^^)。 ... » more
テーマ 児童文学 詩人

magnoria詩人と火山
ハイチ、ニュージーランドでの地震、そして日本で新燃岳の噴火、今日の三陸沖の地震と天変地異が続いていますが、ふと詩人と火山は縁があるのではないか、そう思いました。だから、「星の王子さま」は火山の世話をするのだし、私が山に惹かれるのも理由がある ... » more

「さよう、王さまの馬がみんな、兵隊がみんなだ」ハンプティ・ダンプティはつづけました。「みんなして、すぐにおれを拾い上げてくれるだろう、きっとな!だが、この話は、進み方がすこし早すぎるな。前の前の文句に戻ることにしようぜ」「わたし、よくは ... » more

ハンプティ・ダンプティってなぜタマゴなのかってずっと疑問に思ってたんだけど、ふと、それは鳥になる前の状態だからじゃないかって思いました。鳥=詩人になる前の状態では、繊細で傷つきやすく壊れてしまったら決して元には戻らないから、周囲の人は取扱に ... » more

 

最終更新日: 2019/03/16 03:06

テーマのトップに戻る