誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    SV811-10Aシングルアンプ

SV811-10Aシングルアンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: SV811-10Aシングルアンプ
テーマ「SV811-10Aシングルアンプ」のブログを一覧表示!「SV811-10Aシングルアンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
ソフトン試聴会
2016年2月6日に開催されたソフトン試聴会へ行ってきた。ソフトンの善本さんにはこの場を借りてお礼申し上げます。 参加者は全員で5人。これくらいのほうがじっくり聴けるのでドタバタしなくて良いと思.. » more

前回で「ほぼ」完成としたのにはわけがあって、それは穏やかな音色の印象がトリタンの真空管には合っていないと感じたからで、すこしチューニングを施してみることにした。 NFB抵抗と並列に入っている.. » more

SV811-10Aシングルアンプがほぼ完成した。正式なキックオフは2015年の10月3日だったから、3ヶ月あまりで出来たことになる。 2013年2月に某店でSV811-10Aを見かけてつい購.. » more

基本的な動作確認が取れたので、特性を測定した。試作機の再現性があるかどうかが目的。 諸特性から。試作機との差は測定誤差の範囲か。残留ノイズは少し低くなって0.2mVとなった。 .. » more

本番機②の組み立てを始めた。フロントに取り付ける、アクリルパネルの保護紙をはがしたら削り粉が付着していて拭き取るのが難しかった。静電気でどうしてもくっついてしまう。 順調に外装パーツ.. » more

SV811-10Aシングルアンプの試作機を解体した。配線には時間がかかるけど、解体はすぐ終わっちゃう。じつにあっけない。 これはシャーシの罫書き線や溶接跡を消すために、リューターにペーパ.. » more

配線しながらチェックを行い回路図にマーキングしていったので、最終チェックは簡単に終了。 6V6GTを挿して電源オン、6V6GTのカソード電圧とプレート電圧を確認。カソード電圧がマイナスになっ.. » more

ようやく本番機の組み立てを始めた。これは実験機を解体して本番機にするほう。 外装パーツを取り付けて配線を始めたところ。AC1次配線を済ませ、電源トランスの電圧をチェックした後にSV811.. » more

ここしばらくSV811-10Aシングルアンプで繰り返し似たような記事がアップされるが、本番機の平ラグ基板作成(いまココ)→本番機の組立①→試作機の解体→試作機シャーシ塗装→本番機の組立②と進んでい.. » more

SV811-10Aシングルアンプのシャーシを塗装した。準備としてシャーシの罫書き線や溶接跡をリューターにつけたペーパーコーンで削った。写真撮ってなかったorz 下地処理を丹念にやると、下地塗装で傷.. » more

本番機を製作するために実験機を解体した。必要なパーツを本番機に流用する。 二度手間になるが、本番機の製作は1台ずつ行うことにした。並行して組み立てを行ったほうが配線の取り回しとかが同じになるんだ.. » more

2台目のシャーシ加工を行った。真空管の位置は拙記事で入れ替えたとおりにした。6V6GTを前に、SV811-10Aを中央に配置する。 2台目ともなると加工は紙をカットするごとくサッサと完了。っ.. » more

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る