誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    武士道

武士道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「武士道」のブログを一覧表示!「武士道」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「武士道」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「武士道」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

1970年を心に刻み2025年に向けて何を考え、為すか大阪万博と三島由紀夫 https://85666808.at.webry.info/201811/article_13.htmlに続ける。三島は、彼の文学世界では異色のSF長 ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど

1970年は三島由紀夫の割腹諫死の年でもある。岡本太郎が鋭い芸術的直観で制作した現在=1970年を象徴する「太陽の顔」と三島が重なりあう。それを受け継ぎ、我らは何をすべきか。万博の本旨たる「公衆の教育」の内実をいかにするか。 ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど

東洋における「学習」の先行形態特に東アジアの漢字圏において、中国の諸思想に即して中国の文化の強靱さは諸思想を臨機応変に活用だが、総じて諸子百家の枠組みに留まるそして、中華思想・・アジア的停滞1.異文化理解 ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(2)

「イスラエルと日本−共鳴する文化と歴史」エリ・コーヘン、『日本の息吹』H3009 ・我々ユダヤ人は祖国イスラエルを聖なる地としています。ですから日本人が自分たちの国を「神国」と呼ぶのはまったく自然なことなのです。・武士道の原点は日本の神話にあります。例えば、古事記のヤマトタケルの命とオトタチバナ姫の物語には自己犠 ... » more
テーマ 武士道 お勧め記事 西南アジア、中東

ヘレニズムとヘブライズム、その合流「知」と「信」の展開@ヘレニズムA.ギリシャ神話金の時代の後に登場したゼウスによる人間の支配に対してプロメテウスの反逆、人類への火の提供、そして「パンドラの箱」プロメ ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(3)

生涯学習の基礎たる諸概念の東西における差異に関して1.時空間―歴史「過現未」に関わりキリスト教:創世記、エデンから追放、イエス・キリストの降誕、十字架刑、復活、神の再臨、審判未来の救済・解放を志向仏教:輪廻転生、 ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(7)

2.学習の原型、先駆東洋の仏教・儒学・道教・神道、その摂取、融合(習合)としての「学」と「和」2−1.大陸の儒学・儒教「学」=まなぶ、マネブ、マネル、真似る「習う」は「倣う」、やはり真似る文化的再生産、その制度として ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(1)

田村泰次郎の「蝗」と劉震雲の「温故一九四二」劉震雲の中篇ルポルタージュ小説「温故一九四二」(劉燕子訳『人間の条件1942』集光舎、二〇一六年)では、河南の大飢饉(蒋介石の焦土作戦や過酷な徴発・徴集の人災が引き起こした干害・蝗害の複合 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

C公共性イ.入会地村の共有地で、公共的である。ロ.「働く(はたらく)は傍(はた)を楽(らく)にする」と「情けは人のためならず」これらの俚諺には他者愛の公共性が内包されている。ハ.三方よし(売り手よし、買い手よ ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(1)

1.以下の報道柴山文科相、教育勅語「アレンジし道徳に使える分野も」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000067-asahi-pol教育勅語を現代風に=柴山文科相 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー

承前A法治十七条憲法を起点として、鎌倉時代、御成敗式目(貞永式目)が貞永元(一二三二)年に制定された。これは武士に対してであるが、法制度の先駆である。建武三(一三三六)年には、室町幕府の統治方針を示した建武式目が制定された。 ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(1)

生涯学習概論T開講に際して1.心構え「士、別れて三日なれば、刮目して相待すべし。」(「三国志演義」より)「士」は中国で最下位の支配階級、科挙に合格した官僚、読書人などを指し、男性である。支配階級の最下位であることは、被支 ... » more
テーマ 社会教育 武士道 授業レジュメなど  コメント(1)

先のブログに「魯迅は 仙台医学専門学校ですよ。」とのコメントをいただいた。魯迅は蒋介石の白色テロの危険にさらされていたが、幾度も日本人に助けられた(内山完造たち)。魯迅は中国人の民族性も日本人の民族性もよく理解していた。魯迅 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(4)

小ブログ『証言録 海軍反省会』について「海軍びいき」帝大教授・和辻哲郎、学歴主義にも関わりhttps://85666808.at.webry.info/201809/article_23.htmlについて、コメントで、「世間 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(2)

私の研究に『証言録 海軍反省会』が欠如しているとご指摘された。勉強が足りず、知らなかった。私こそ反省し、老いつつあるが、これから取り組む。これまで陸軍の木村上等兵や五十嵐少尉について研究してきた。『「わだつみのこえ」に耳を澄ます』な ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(2) トラックバック(1)

あまりにもひどすぎる断定、決めつけである。自衛隊幹部が異様な低学歴集団である理由中学校レベルの根性論とパワハラ部谷 直亮慶應義塾大学SFC研究所上席所員 部谷 直亮 PRESIDENT2018年10月1日号 http ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー  トラックバック(2)

承前5.羽仁五郎や三木清との連接―ベネデット・クローチェを鍵に―@鈴木は国家、国体の「人格主義」的な考察の中で歴史を論じる。彼は「人格と道徳生活」五二四頁で、イタリアの歴史学者ベネデット・クローチェを引き「真の歴史は現在的或 ... » more

承前4.鈴木によるカントからフィヒテへの展開@鈴木は「教育道徳を主題とした地味な」吉田静致とその「門下」の長屋喜一から倫理学を学んだ(前掲『言論統制』三四〇〜三四一頁)。鈴木は学位論文第一篇「人格と道徳生活」第四章「代表 ... » more

承前3.永田鉄山と鈴木庫三田中の「地方ト軍隊トノ関係ニ就テ」の後、第一次大戦、ロシア革命、世界大恐慌を経て、日本軍のみならず日本社会全体が変化・改革を余儀なくされる。確かに基調は全体主義化だが、その中でも様々な動きがあったのであ ... » more

2.軍隊と国民―田中義一の軍隊教育論―軍隊と教育について、鈴木に先行する田中義一の「地方ト軍隊トノ関係ニ就テ」(一九一〇〔明治四三〕年八月)について考察する(引用は、中内敏夫編、海後宗臣、波多野完治、宮原誠一監修『ナショナリズムと教 ... » more

「絶対矛盾的自己同一」の実践倫理−鈴木庫三「人格と道徳生活」を読む―(『社会教育学研究』第43号、2018年9月/予定)平和のために戦争を研究する。戦争と正対しない平和の議論は空論に堕す。この視座から陸軍情報将校(大佐)鈴木庫三 ... » more

哲学を嘲笑すること、それが真に哲学することだ。Se moquer de la philosophie c'est vraiment philosopher.(『パンセ』断章4)参考となるキーワード愛(agape)愛( ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

「わだつみのこえ」に耳を澄ます―五十嵐顕の思想・詩想と実践―同時代社より、8月上旬刊行「問われているのは我々自身であり、我々の全てなのだ」(パスカル)目次序章第一節目的第二節志向性―「きけ」ではなく「聴く ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

「わだつみのこえ」に耳を澄ます―五十嵐顕の思想・詩想と実践ようやく出版社に入稿。目次序章第一節目的第二節志向性―「きけ」ではなく「聴く」、耳を澄ます―第一項問い(一)書名と状況(二)「きけ」という命令第二 ... » more

「わだつみのこえ」に耳を澄ます―五十嵐顕の思想・詩想と実践―第3草稿の目次を掲載する。これからさらに推敲を行い、完成原稿にしていく。 目次序章第一節目的第二節志向性―「きけ」ではなく「聴く」、耳を澄ます―第 ... » more

「わだつみのこえ」に耳を澄ます―五十嵐顕の思想・詩想と実践―第二草稿の目次を掲載する。これから推敲を行い、完成原稿にしていく。目次序章第一節目的第二節志向性(Intentionalität)―「きけ ... » more

ブログがとどこおってました。ようやく、小著『平和教育の思想と実践』、『アイデンティティと時代』、『戦中戦後少年の日記1944-45年』の続編で『「わだつみここえ」に耳を澄ます−五十嵐顕の思想と実践』の第一草稿を書きあげられました。こ ... » more

No.1051 欧州と日本の封建制が近代社会を作った 欧州と日本で「強い組織的なもの」が生まれた。■転送歓迎■ H30.02.25 ■ 51,568 Copies ■ 4,461,270Views■■1.「パリ日本人村の村長」仕事でパリに来ている。数週間単位で滞 ... » more
テーマ 地球史探訪 武士道 共同体

慰安婦と日本兵の愛と死番外編以下の報道南京・慰安婦を世界に⁉カナダを席巻する「華人系反日運動家」の素顔https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-0005 ... » more

本研究は「アイデンティティと歴史の自己教育的研究」(T〜\、『大阪教育大学紀要』第57巻第1号、2008年から連載)、同](『社会教育学研究』第39号、2017年9月)の発展である。それは、同じく『大阪教育大学紀要』に併行して連載した「P. ... » more
テーマ 社会教育 人間的強さ 武士道

 

最終更新日: 2018/12/02 13:38

「武士道」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る