誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    武士道

武士道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 武士道
テーマ「武士道」のブログを一覧表示!「武士道」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
興味深く、読みやすく、内容が豊富な本である。武士道に関する本としては、新渡戸稲造の名著「Bushido」が有名だが、学会からは「武士道は明治になってから作られた造語である」とか、津田左右吉のように武士.. » more
テーマ 武士道

興味深く、面白く参考になる知見に富んだ面白い本である。著者は武士道とは何か、そして武士道が江戸時代においてどのように具体的に運用されたかを明らかにする。そして身分制社会の中で工夫された足高の制などによ.. » more
テーマ 武士道

 次に拙著で取り上げたのは戦国時代の覇者三代、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康です。  彼らについてはそこでかなり詳細に検証したので、そちらを参照していただきたいのですが、ここでは簡単に触れたいと思いま.. » more
テーマ 武士道

 南北朝の動乱という、この大混乱を招来した大きな要因の一つになったのが足利尊氏ですが、それを収束させたのは、彼の死からちょうど百日目に生まれた、彼の孫、義満でした。彼は日本国王と名のって明との朝貢外交.. » more
テーマ 武士道

朝廷の権威と権力の衰退の中で、その政治的空白を埋めるかのように台頭してきたのが、在野の開拓農民として実力を蓄えてきた武士でした。幕末に王政復古が行われるまで、わかりやすく源頼朝の幕府開設を武家政治.. » more
テーマ 武士道

15.  マルクス・レーニン主義や毛沢東主義が優勢な状況下、三島由紀夫は日本とは何かを考えさせる上で重要な役割を果たした。それはまた浅薄な流行に対する厳粛で真摯な志操や士道の提起でもあった。三島は1.. » more
テーマ 武士道

世代的アイデンティティと世代のサイクル ―「過現未」の心理歴史的な応用として― 1.  同時代に生きる者は世代を形成する。その特徴はアイデンティティの要素になる。 .. » more
テーマ 武士道

これは良い本である。武士道というか武士の生き方の指針がわかりやすい古書を取り上げて、そのエッセンスを解説している。取り上げられた本は「甲陽軍鑑」(小幡景憲)、「兵法家伝書」(柳生宗矩)、「五輪書」(宮.. » more
テーマ 武士道

 12月8日にあたり、「わだつみのこえ」に耳を澄ます。  渡邉英徳教授のツイッターより。 » more
テーマ 武士道

1970年を心に刻み2025年に向けて何を考え、為すか 大阪万博と三島由紀夫 https://85666808.at.webry.info/201811/article_13.html に続ける.. » more
テーマ 武士道

 1970年は三島由紀夫・森田必勝の割腹諫死の年でもある。  岡本太郎が鋭い芸術的直観で制作した現在=1970年を象徴する「太陽の顔」と三島が重なりあう。それを受け継ぎ、我らは何をすべきか。  万.. » more
テーマ 武士道

東洋における「学習」の先行形態  特に東アジアの漢字圏において、中国の諸思想に即して  中国の文化の強靱さは諸思想を臨機応変に活用  だが、総じて諸子百家の枠組みに留まる そして、中華思想 .. » more
テーマ 武士道

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る