誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シューマン

シューマン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シューマン」のブログを一覧表示!「シューマン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シューマン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シューマン」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ヴァレリー・アファナシエフスペシャル・レクチャー&ピアノリサイタル2007年11月30日於:徳川美術館スペシャルレクチャー「死と愉しみ」2007年12月1日於:しらかわホールピアノリサイタルシューマン:子供の情景 ... » more

今日は私のBD&結婚記念日なのです。今の自分の状態を考えるとあまり喜べる気持ちが湧いてこないのですが(歳も歳だし)、1年に一度でも自分を振り返る日があっても良いでしょう。訳も分からず突っ走った20代。振り返ってみると、若 ... » more

明日から3連休の方も多いと思います。寒さも日に日に増して来ました。私はやや喉がいがらっぽく、風邪の初期症状かもしれません。昨日のショックからまだ立ち直ったわけではないのですが、ふさいでいることを故人が望んではいないでしょう。前向いて ... » more

今日は、せっかくの週末だというのに、首都圏は台風のせいで大雨でした。ぼくは一日中自宅で過ごしましたが、息子は塾に行き、妻は飲み会に行きました。さて今日聴いたのはシューマンの「チェロ協奏曲」です。演奏はムスティスラフ・ロストロポーヴィ ... » more

久しぶりにカザルストリオのCDを取り出しました。ちょっとロマン派へ回帰です(笑)。メンデルスゾーンのピアノトリオを聴くつもりだったのですが、気が変わって普段あまり聴かないカップリングのシューマンの方を聴きました。この曲、シュ ... » more

黙ふかく地中に時のあるごとく重く流れてたましひに逢ふ九月二十三日と二十五日、札幌のある喫茶店のカウンターの暗がりの中、ひとり精神を迷走させ、あるいは瞑想をしていて、到りついたのはこういうことではなかったか。時を遡る力が、よう ... » more

(画像をクリックするとタワレコでお買い物が出来ます)シューマン:1) 交響曲 第1番 変ロ長調 作品38 《春》2) 交響曲 第2番 ハ長調 作品613) 歌劇 《ゲノヴェーヴァ》 作品81 − 序曲 ... » more

(画像をクリックするとタワレコでお買い物が出来ます)シューマン:クライスレリアーナop.16創作主題による変奏曲WoO.24ウィーンの謝肉祭の道化op.26ミヒャエル・エンドレス:ピアノ(20 ... » more
テーマ ピアノ シューマン 独墺もの  コメント(4)

今日は涼しい名古屋。ついに秋が来たようです。午前中に大量にCDを中古ショップに売り払いに行きました。何枚売ったか分かりませんが、コンサートにいける分くらいの額になりました。昔職場の同僚からもらったグローブのCDだけは買っても ... » more

シューマン:交響曲第2番イエジ・セムコフ指揮セントルイス交響楽団(1976年録音)ふと空を見上げたら、秋を感じました。秋は私の大好きな季節。サンマ、20世紀梨、秋鮭、鍋物、熱燗、食欲の秋か。うーん ... » more
テーマ オーケストラ シューマン 独墺もの

HMVで買えるようです。ここをクリックシューマン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調作品63、第2番ヘ長調作品80フロレスタン・トリオ(1998年録音)今日は学校へ行ってきました。いま通っている職業訓練の学校 ... » more
テーマ 室内楽 シューマン 独墺もの

(画像をクリックするとタワレコでお買い物が出来ます)シューマン:交響曲第1番「春」(交響曲全集より)クリストフ・エッシェンバッハ指揮バンベルク交響楽団(1991年録音)あまりに暑く、今日も ... » more
テーマ オーケストラ シューマン 独墺もの

シューマン ピアノ協奏曲 / バレンボイム(p) チェリビダッケ ミュンヘン(365枚棚卸182) 2006年7月1日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。http://garjyu.at.webry.info/200607/article_1.html指揮者2人の興味深い共演。がっしりと根の張った名演となり ... » more

シューマンのピアノ協奏曲を聞きました。CDは、ツィマーマン/カラヤン盤です。シューマンのピアノ協奏曲は、ロマン派の当時としてはめずらしくピアノのヴィルトーゾ性を追及せず、ピアノをオーケストラの楽器の一つのように使っているという特徴があり ... » more

アラウのシューマン「幻想曲作品17」 シューマンの「幻想曲ハ長調作品17」を聴いてみた。演奏はクラウディオ・アラウで、1966年9月の録音である。アラウはシューマンのピアノ曲を多数録音しているが、これはその最初期のものである。シューマンの「幻想曲作品17」は彼のすべ ... » more

今回は書こう書こうと思いつつ書きそびれていた、シューマンの4番です。うぐいすにとっては、交響曲4番はシューマンの交響曲の中では最高傑作と思っています。学生の頃、オーケストラ仲間の中で「シューマンの交響曲の中で一番有名な曲は?」と ... » more

(画像をクリックするとタワレコでお買い物が出来ます)シューマン:交響曲第2番レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1985年録音)チェリビダッケの指揮でこの曲を聴 ... » more

バリリSQのシューマン「ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲」 シューマンのピアノ五重奏曲とピアノ四重奏曲を聴いてみた。演奏はともにバリリ弦楽四重奏団とイエルク・デムス(ピアノ)で(後者では第2vnが参加していない)、1956年のWestminsterへの録音である(CD番号MVCW19027の国内盤) ... » more

シューマン:交響曲第2番セルジウ・チェリビダッケ指揮Raiローマ交響楽団(1969年ライヴ録音)最近甘いものが大好き。鈴カステラとかりんとうにはまっております。今日もジャスコへ買い物に行って、 ... » more

シューマンの連作歌曲集「詩人の恋」は、第1曲「うるわしくも美しい5月に」で始まる。それでちょうど今の季節にいいのではないかと思い、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)、クリストフ・エッシェンバッハ(ピアノ)の演奏を聴いてみ ... » more

ここをクリックするとタワレコの売り場へ行きます。【収録曲】シューマン:交響曲第3番『ライン』、メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番、メンデルスゾーン:序曲『海の静けさと幸ある航海』【演奏】スタンチュール(P)、ホルス ... » more

シューマン 交響曲第4番 / フルトヴェングラー(365枚棚卸 72) CDジャケット写真が現在出ているものと同一か良く分かりませんので、店頭等でご確認ください。2006年3月13日にはこちらの曲の入っているCD↓を紹介しました。http://garjyu.at.webry.info/20060 ... » more

ケンプのシューマン「交響的練習曲」 昨日シューマンの交響曲第1番を聴いてあまり親しめなかったので、今日はぼくの愛好する「交響的練習曲」作品13を聴いてみた。演奏は、ドイツ・オーストリアのピアノ作品を聴くなら一番に好きというくらい敬愛しているウィルヘルム・ケンプ。録音は1972 ... » more

カラヤン シューマンの交響曲第1番「春」 3月になって暦上春になり、また今年は暖冬だったせいで暖かい毎日が続いている。「春」の名がつくクラシック音楽といえば、ヴィヴァルディ「四季」の「春」、モーツァルトの弦楽四重奏曲第14番K387、ベートーヴェンのヴァオリン・ソナタ第5番、それに ... » more

ケンプのシューマン「謝肉祭」 シューマンとかドビュッシーのピアノ曲は宝の山ではないだろうか。シューマンだと有名なピアノ曲は「子供の情景」「クライスレリアーナ」それに「交響的練習曲」あたりだろう。だが他にも、良い曲、面白い曲は多いと思う。「謝肉祭」作品9も、聴き手のイマジ ... » more

シューマンの「ピアノ協奏曲作品54」を聴いてみた。演奏はピアノがラドゥ・ルプー、オーケストラがアンドレ・プレヴィン指揮ロンドン交響楽団で、1973年の録音である。この曲は古今のピアノ協奏曲中屈指の名曲と言われ、ベートーヴェンのピアノ協奏曲「 ... » more

スウィトナーのシューマン「交響曲第2・4番」 今日はシューマンの交響曲第2番と第4番を聴いてみた。演奏はオトマール・スウィトナー指揮ベルリン・シュターツカペレで、録音は1987年8月。コロムビアのクレスト1000シリーズ中の1枚である。シューマンの交響曲というと第1番「春」と第 ... » more

まさに黄金を秘めたる大河を表すがごとき恰幅の良さと緻密さを備えたる大名演とでも申しましょうか。シューマンの管弦楽曲の演奏の際に良く言われるのは『シューマンのオーケストレーションは下手くそである。』であり、ゆえに、『ある程度手を加えて ... » more
テーマ チェリビダッケ クラシック音楽 シューマン

<ライン> は ブルーノ・ワルター 指揮の演奏に定評がありますが、ぼくのCDはゲオルグ・ショルティ : ウィーン・フィル盤です。レコードはワルターでしたが、はっきり言ってぼくには違いが余り分かりません。多分第1楽章の2つのモチーフ故で・・・ ... » more

勝手に**の日これは、ガップリ四つの横綱相撲。ライブの高揚感だけに流されない巨匠2人。この演奏を聴いてから、他の演奏のCDが物足りなく感じるようになってしまいました。チェリビダッケのことだから、『ことさら遅いのだろう。』とか ... » more

 

最終更新日: 2019/02/26 15:39

「シューマン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る