誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「死」のブログを一覧表示!「死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「死」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

アーノンクールの死(10)レクイエム「咆哮する死」 「空が崩れる。その墓碑の前に膝をついた時、恐怖が彼の心臓を握り締めた。空の晴れやかさが嘘のように、土は冷ややかに彼の膝を噛んでいる.死とはこういうものなのか。」「マンゾーニの死を追悼するミサ曲」之は正にヴェルデイが作曲したレクイ ... » more
テーマ

死刑では問題の解決になっていない 一死刑制度は正しいとお考えですか?「いえ、私は正しいとは思いません。これは “二つの悪のうちのひどくない方” とは言えないからです。死刑制度は合法的殺人を許していることにしかなりません。個人が人を殺せば罪になり、国が人を殺す ... » more

ゴールデンウィークなどと騒いでいたのに、気がつけば5月半ばではありませんか。そして定年退職してから間もなく8か月……一年なんて、あっという間に過ぎ去っていってしまうのは、もちろん年を取ったせいでもあるのだ。子供の頃は、一 ... » more
テーマ 老化 日常

アーノンクールの死(9)アイーダ ヴェルデイのオペラでこんなに美しい曲は他にるだろうか。「アイーダ」で行進曲が余りにも有名だが、実は彼のオペラで最もうつくしい。私が感服した演奏は、アーノンクール指揮ウイーフィルのものだが、名作数多ある中で、この演奏ほど美しいものはな ... » more
テーマ

あなた方の世界は暗くて冷たい世界です あなた方人間の住む物質界は、活気がなくどんよりとしています。あまりに鬱陶しく且つ重苦しいために、私たち霊がそれに合わせようと波長を下げていく途中で、高級界との連絡が切れてしまうことがあります。私の住む光の世界とは対照的に、あなた方の ... » more

利己主義の罪 一死後の世界でも罪を犯すことがありますか?もしあるとすれば、どんな罪が一番多いですか?「もちろん私たち霊も罪を犯します。それは利己主義の罪です。ただ、霊の世界ではそれがすぐに表面に出ます。心に思ったことが、すぐさま他に知ら ... » more

地上で生きていることこそ悲劇です 死ぬことは悲劇ではありません。今その地上で生きていることこそ悲劇です。神の庭が、利己主義と強欲という名の雑草で足の踏み場もなくなっている状態こそ悲劇です。死ぬことは、肉体という牢獄に閉じ込められていた魂が自由になることです。 ... » more

霊界は言葉では表現のしようがありません 霊界は人間の言葉では表現のしようがありません。たとえるものが地上に見出せないのです。あなた方人間が “死んだ” と言って片付けている者の方が、実は生命の実相について遥かに多くを知っております。霊界に来て芸術家は、地上で求めていた ... » more

他界した方たちは今なお実在の人物 他界した方たちは今なお実在の人物であり、地上にいた時と同じように、あなた方のことを気づかってくれていることを忘れてはなりません。彼らはもはや言葉で話しかけることは出来ませんし、あなた方もその声を聞くことは出来ませんが、あなた方のすぐ身の ... » more

アーノンクールの死(8)オペラの読み替え(魔笛) 前回「ドン・ジョバンニ」の傑作に触れたが、同じ演出者フリムの「フィガロの結婚」はそれほどではなかった。アーノンクールが名匠ボネルとやったモンテベルデイの3部作は抜群の出来だったし、モーツアルト「コシ・ファン・トッテ」も悪くはなかった。そ ... » more
テーマ

魂には肉体を去るべき時がある 一医師にも寿命を長引かせる力があるでしょうか?「医師が肉体を生き続けさせようと努力なさる一それは結構です。が、魂にはその肉体を去るべき時があり、その時が来れば地上の医師には為すべき手段はありません。」一生命を維持させようと、いく ... » more

寿命を全うしなければなりません 一自らの行為によって霊界へ行くことは許されることでしょうか?たとえば最愛の伴侶を亡くした人の場合です。「許されません。あくまでも法則に従って寿命を全うしなければなりません。神の法則は常にその働きが完璧だからです。完全な愛に ... » more

アーノンクールの死(7)モーツアルトの歌芝居(オペラ)「皇帝ティトスの慈悲」 1983年フェルゼンライトシューレ>2006年の会場彼は優れたドイツ・オペラの演奏家だった。晩年は3つの優れたドイツ・オペラをかいた。彼はイタリア・オペラで名をなしたが、死の声を耳にした頃から、従来のジング・シュピール ... » more
テーマ

Ban'ya死者はどこにいる?
死者はどこにいるのだろうか?ある出版記念会に出席し、考えてみた。その本の著者は、死者は生者の記憶に存在すると述べた。はたしてそうだろうか?生者は、いつかは死者になるのだから、それは、未来の死者の記憶にと言うべきかもしれない。 ... » more
テーマ 俳句 人生

アーノンクールの死(6)モーツァアルトのオペラ(ドン・ジョバンニ) アーノンクールの[ドン・ジョバンニ]は正に強烈なインパクトを与えるものとして、最高のオペラである。「フィガロの結婚」「魔笛」「皇帝ティト」も好きだが、強烈という印象では、これを凌ぐオペラはない。私は2006年のザルツブルグでクシェイ演出 ... » more
テーマ

あなた方こそ死者です 人間は不滅なのです。死はないのです。あなた方が涙を流して嘆き悲しんでいる時、その人はあなた方のすぐ側に黙って立っている一 “黙って” というのは、あなた方が聞く耳を持たないために聞こえないことを言っているまでです。本当は自分の存 ... » more

アーノンクールの死(5)モンテヴェルディのオペラ 私が最初にモンテヴェルディを知ったのはポネルとやった「オルフェ」で、彼の颯爽とした動作に一度に惚れた。1978年のユニテル版のLDだった。35年前だから、自分を思っても未だ颯爽としていた年齢なのは当然だ。以後、ポネルと組んで、「ポッペアの戴 ... » more
テーマ

結ばれたいという願望が大切な絆 一死亡した家族は、霊界でも一緒でしょうか?「それは一概には言えません。これは答え方に慎重を要する問題です。落胆される方がいては困るからです。一つには、再び一緒になることを望むか望まないかに掛かっています。死後の世界での結 ... » more

死亡した子供はどうなるのでしょうか 一死亡した子供はどうなるのでしょうか?「子供の場合は大人に比べて、回復と本復までの期間がずっと長くかかります。が、いったん環境に適応すると、今度は大人より進歩がずっと速いのです。回復期は魂にとって、夜明け前の薄明かりのような状態 ... » more

エンジェルフライト  -1603 すっかり「本」を読まなくなりました。小さな文字の本も、頑張れば何とか読めますが、長い時間となると疲れます。そんなで「読書時間」は激減しました。でも、ついつい書店に立ち寄り本棚を、ながめてしまいます。この本が、目に ... » more
テーマ エンジェルフライト 海外  コメント(2)

霊は寝ません 「霊界ではベッドが欲しいと思う人は用意していますが、寝る必要はありません。夜がないのですから。」一寝る人もいることはいるのでしょう?「もちろんいます。 “寝なくては” と思うからです。実相に目覚めた霊は寝ません。土手 ... » more

アーノンクールの死(4)バッハ以前の器楽 コンチェルト・ムジークはバッハやヘンデルを演奏するために出来たのではない。トルコビッチはこう書いている。「コンチェルト」の名はヨハン・ヨーゼフ・フックス(1660-1741)の楽曲からとった名称である。フックスは、私の持っているCDには ... » more
テーマ

アーノンクールの死(3)コンチェルト・ムジーク・ウイーン2 それはまさにめぐりあわせだった。1945年からはほどないウイーンで、数人の学生が、音楽史における古典派とロマン派の「前段階」として、演奏会レパートリーから忘れられる運命にあったかに見えた時代へと繋がる扉を発見したのである。その際、彼らは宗教 ... » more
テーマ

五感で知り得る世界は宇宙のほんの一部 人間が、五感だけを宇宙との接触の通路としている、哀れな動物ではないことをまず認識しないといけません。五感で知り得る世界は宇宙のほんの一部です。それは物的手段で感識できるものに限られています。人間は物質を超えた存在です。精神と ... » more

アーノンクールの死(2)コンチェルト・ムジーク・ウィーン-1/10 ベーシングストークの中古CD店2011年7月9日から26回もアーノンクールのブログを書いた。あれはバロックオペラが中心だったと思う。それにしても今更と思うが、今の悲しみはこのまま無視できない。それで今度は手持ちのCDの感想を,悲しみが消 ... » more
テーマ

霊眼には全ての物の内側と外側が見える 私たち霊の世界には光と闇といった対照がなく、従って影もありません。光だけです。光の中で生きていける段階まで到達した霊は、光とは何かについて完全な理解が出来ております。そうでなかったら、その界層にはおれません。その界層に至るま ... » more

霊界では同じレベルの霊同士の生活が営まれます 一霊的法則は、霊界でも地上でも同じ作用をするのでしょうか?「違います。霊界では同一レベルにまで進化した者同士の生活が営まれており、霊格による区別がハッキリしているからです。ですから、地上のように比較対照がありません。各自がそ ... » more

アーノンクールの死 86歳、自然な死といえよう。彼はセロを弾いていればそれでよい一生だったろう。同時代の古楽器をみずから集める趣味を楽しんだ。いい趣味といえる。そんな趣味を持つ仲間が集まった。それを合奏したら評判になった。十分な楽しみだ。それを録音してみたら彼 ... » more
テーマ

断酒継続日記絶対、酒では死なない!
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜断酒を続け、今になってよく思うことがあります。それは、『絶対、酒では死なんぞ!』ということです。人は必ず死にます。それは仕方のない宿命です。 ... » more

今週日曜、21日は三津五郎の一周忌だった。同世代の(三津五郎と勘三郎は1歳下)人間の死ほどやるせないものはなく、たぶん自分自身がこの世に別れを告げる時まで、六十になるやならずで死んでしまった彼ら二人の芸の行く末を惜しみ続ける ... » more
テーマ 追悼 歌舞伎

 

最終更新日: 2018/08/04 01:42

テーマのトップに戻る