誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    俳句の風景

俳句の風景

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 俳句の風景
テーマ「俳句の風景」のブログを一覧表示!「俳句の風景」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
作務三昧ってどうよ?!
六月の風に吹かれて何もせず 玉宗  六月はどうしたことか例年檀務も少なく、掲句のような様子なんであるが、あろうことか畑と裏庭作務に精を出さざるを得なくなり、作務三昧で暇を潰すのに事欠.. » more
テーマ 俳句の風景

裏庭作務、その後
緑陰に石を転がしゆく男 玉宗  弟子が言い出して師匠が助太刀に入った裏庭作り作務であるが、この二年ほど積もり放題にしていた落葉がいい感じに腐葉土化していて、捨ててしまうのには惜しくて.. » more
テーマ 俳句の風景

蕗泥棒?!
        住職が蕗泥棒でありにしか 玉宗  さて、六月とはなりにけりだが、畑作務もひと段落、というか植えるものは植え終って成長を待つばかりということで、ここに至って手持ち無沙汰気味で.. » more
テーマ 俳句の風景

恩を生きる
  繍線菊や死ぬるべき世を寄り添うて 玉宗 「四恩」とは、「父母の恩、衆生の恩、国土の恩、三宝の恩」のことを言います。仏教では一切の衆生はすべて四恩を担った存在であると説き、四.. » more
テーマ 俳句の風景

俳句のメルトダウン
昼寝覚め生きた心地のしてならず 玉宗  時々、いったい何のために実利にもならぬ俳句を作り続けるのであろうかと思うことがある。嘗て、H氏賞選考委員も務めた「風」同人の西垣脩氏は次のようなこ.. » more
テーマ 俳句の風景

淋しき蕗刈り
蕗刈りにこれが最後と駆り出され 玉宗  北陸はまだ梅雨入り宣言をしていないようだが、どうみたってこの数日来の空模様は梅雨空の鬱陶しさを湛えて余りある。そういえば最近は昔の様に梅雨入り.. » more
テーマ 俳句の風景

畑作務再開って、どうよ!
囚人に非ず芋苗植うる僧なりし 玉宗 以前、興禅寺の裏庭を開墾し、畝四五本ほどの畑を打ったことがある。畑作務に憧れての見切り発車で、案の定一年やってみて、意外につまらないという.. » more
テーマ 俳句の風景

母なるもの
            母は子とよりそひ草となりにけり 玉宗 もうすぐ義母が御年百歳になる。 子供たちは祝いの席を設けるつもりであるが、コロナ禍で予断を許さない。 能.. » more
テーマ 俳句の風景

初心に生きる
       緑陰に仏の遊びしてゐたる 玉宗 先日、法事の席でのこと。 お勤めが済んで「コロナワクチン」の話題になり、自慢気に予約を済ませたことを言って、相手に話を向けた。 .. » more
テーマ 俳句の風景

燕来る隣の駅が見える駅 惠介 塩見恵介第三句集『隣の駅が見える駅』(朔出版)を恵送戴いた。 帯文に〈 平成を駆け抜けた「船団」時代を総決算。初夏というより「惜春」を思いたい。初秋の.. » more
テーマ 俳句の風景

山親父の思い出、そして・・草摘み。
故郷は親父も穴を出るころぞ 玉宗  輪島市下山町の山中に熊が出たということで、能登半島にもついに熊が出没することになった。水芭蕉の群生地のある辺りで、先日、夫人と弟子と三人で訪れたば.. » more
テーマ 俳句の風景

言ひおほせて何かある?!・再考
花に冷え言葉足らずを悔いにけり 玉宗 季節外れではあるが、小林一茶に次のような句がある。季語は「蕎麦の花」で秋であろう。 しなの路やそばの白さもぞっとする 一茶 .. » more
テーマ 俳句の風景

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る