誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    現代語訳の徒然草

現代語訳の徒然草

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 現代語訳の徒然草
テーマ「現代語訳の徒然草」のブログを一覧表示!「現代語訳の徒然草」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7    次のページ
徒然草 第106段は 「高野証空上人 京へのぼりけるに」。証空上人という僧が馬に乗って京都へ向かっていると、向こう側から馬に乗った女がやって来ます。そして、すれ違い際に事件が起ります。さて、その顛.. » more

徒然草・第104段は「荒れたる宿の人目なきに」。荒れ果てた一軒の家にいわくありげなな女性が住んでいます。そこへ一人の男が訪ねてきます。女性の身の上に何が起きたのか、2人はどういった関係なのか、兼好.. » more

徒然草 第103段は「大覚寺殿にて」。兼好法師は前段、前々段において、身分は低くても優雅な振る舞いをする人物を賞賛しているのに対し、この段では身分が高いにも関わらず不躾な振る舞いをする人たちに批判.. » more

徒然草、第102段は「尹大納言 光忠入道」。兼好法師が高く評価したのは身分や地位ではなく、有職故実に通じていることでした 尹(いん)大納言 光忠(みつただ)入道 -----.. » more

徒然草 第101段は「ある人 任大臣の節会の内弁を勤められけるに」。過去に例のない大失態となりそうな方のピンチを救ったエピソードです ある人 任大臣の節会(せちえ ※) の内.. » more

徒然草、第100段は「久我相国は」。古くからの作法やしきたりを重視する兼好法師の姿勢が伺えます 久我相国は --------------------- 太政大臣の久我様 .. » more

徒然草、第99段は「堀川相国は」。堀川太政大臣に関するエピソードです。兼好法師は太政大臣に対する辛口の批評を通じて、真に価値あるものとは何かを伝えたかったのかもしれません。 堀川.. » more

徒然草・第98段は「尊き聖の言い置きける事を書き付けて」。兼好法師は仏教の法話が書かれた本の内容を思い出しながら、この段を書き綴っています。これは心穏やかに過ごす要諦といえそうです .. » more

徒然草 第97段は「その物につきて」。物事へ執着することのマイナスを説いたとても短い一段です その物につきて -------------- その物にくっついて .. » more

徒然草の第96段は、「めなもみ」 という草のお話です。さて、どんな草なのでしょう。この段はとても短い段です めなもみという草あり ---------------------.. » more

徒然草、第95段は「箱のくりかたに緒をつくる事」。古きよき時代の習慣・風習を重んじる兼好法師が作法の一つについて語ります 「箱のくりかたに緒をつくる事 ------------.. » more

徒然草 第94段は「常盤井相国出仕し給いけるに」。礼儀作法を知らない武士を咎める太政大臣のエピソードです 常盤井(ときわい)相国(しょうこく) 出仕し給いけるに -----.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7    次のページ

テーマのトップに戻る