誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アート

アート

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アート」のブログを一覧表示!「アート」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アート」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アート」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

登戸の駅がドラエモン化! 私が住んでいる近くの駅「登戸」で、駅の構内が「ドラエモン化」しているとの噂が・・・・・・。早速、新宿散歩帰りに途中下車して散策してきました! ... » more

『サラダ好きのライオン』1 <『サラダ好きのライオン』1>図書館で『サラダ好きのライオン』という本を、手にしたのです。この本は雑誌「アンアン」の連載エッセイ「村上ラヂオ」の記事を集めて作っている旨が「まえがき」に述べられています。・・・これでぐっと気楽に読める ... » more

「俳句界」へクローデル『百扇帖』シンポ報告 「俳句界」(文學の森)編集長河内静魚氏あて、2イベント、昨年6月17日の神奈川県立近代文学館開催の「今に生きる前衛としての古典――詩人大使クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」と本年2月5日のパリ日本文化会館開催の「Un classique ... » more

Ban'ya俳画9枚描く
俳画9枚描く 絵入りの色紙9枚を書く。ほとんどが墨のにじみを試みたもの。絵は下手をあえてよしとした。 ... » more
テーマ 俳句 アート

FLOWERS of ETERNITY■吹田千明×Tida■ 藤野の工房「陶釉舎」を運営する陶芸作家・吹田千明さんと青山のドライフラワー作家・Tidaさんとのコラボレーション展が赤坂のギャラリーカフェ「ジャローナ」で3月19日より開催されます。今回、千明さんの ... » more

『仙人の桜、俗人の桜』2 <『仙人の桜、俗人の桜』2>図書館で『仙人の桜、俗人の桜』という本を、手にしたのです。この本の副題が「にっぽん解剖紀行」となっているが・・・さて、どれだけの料理が見えるのか期待するのです。【仙人の桜、俗人の桜】 ... » more
テーマ アート

もう赤瀬川原平さんはいないのかR5 <もう赤瀬川原平さんはいないのかR5>図書館で『赤瀬川原平・現代赤瀬川考』というムック本を手にしたが・・・そうか、もう赤瀬川原平さんはいないのかと想うのです。(2014年10月26日に逝去しています)赤瀬川さんは模型千円 ... » more

言語学的SFあれこれR2 <言語学的SFあれこれR2>『ヴィクトリア朝空想科学小説』という短編集のなかの「来るべき能力」という作品を読んだが、これが言語学的小説とでもいう趣きがあり、大使のツボがうずいたわけです。・・・ということで、言語学的SFという括り ... » more
テーマ アート 言語

■ベニシアさんの手づくり暮らし展■松屋銀座 霧雨降る早朝■ベニシアさんの手づくり暮らし展■開催前のひととき、松屋銀座店8階で行われた内覧会へ。以前からNHKで放送されている「猫のしっぽ カエルの手」大原で暮らすベニシアさんの日常を四季折々の風景 ... » more

マジで・・・・怖かった!(実話) 今日は休日でしたが、雨だったので新宿には出かけず前々から漫画にしようと思っていたネタをついに描きだしました・・・・・・・。 ... » more

佐々木マキの世界(その5) <佐々木マキの世界(その5)>『ノー・シューズ』という本を図書館で借りて読んだのだが・・・佐々木さんが生まれ育った神戸・新長田といえば、ドングリ国の縄張りであるが・・・神戸にはニューカマーの大使が知らない昔のお話が、興味深いので ... » more

Ban'ya結婚祝いのマグカップ
結婚祝いのマグカップ 結婚祝いのマグカップを注文。元絵 夏石による自筆完成予想図山水画に近い自作の絵に、日英で自作俳句を墨書した。花嫁が山を川にしようと唄う番矢The bridesinging"Let's ... » more

『ブックライフ自由自在』5 <『ブックライフ自由自在』5>図書館で『ブックライフ自由自在』という文庫本を、手にしたのです。この本になんか既視感を感じたが、まいいかと借りたわけで、帰って調べてみると、やはり二度借りでした。・・・で、その4にしています。 ... » more

『村上春樹(群像日本の作家)』2 <村上春樹(群像日本の作家)2>図書館で『村上龍(群像日本の作家)』というムック本を、手にしたのです。ちょっと古い(群像日本の作家)シリーズであるが、写真も多く、切り口も多彩であり、なかなかのシリーズである。【村上春樹( ... » more
テーマ アート

ディスコではなくてクラブとは・・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・いやあ。以前・・・っていうか結構昔に音楽のSNSで投稿していた絵・・・・。せっかくなので、ここでも掲載させて頂きます。26歳で会社員からフリー ... » more

『漫画のすごい思想』2 <『漫画のすごい思想』2>図書館で『漫画のすごい思想』という本を手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると、四方田さんが取り上げた漫画作家が大使の好みに近いわけで・・・またしても「先を超されたか」との思いがしたのです。 ... » more
テーマ アート 漫画

■国立西洋美術館の庭と常設展■&イタリアンレストラン ル・コルビジェ展開催中の国立西洋美術館の庭にもロダンの彫刻が展示され入場までのすてきなアプローチになっています。この日はこちらの庭の白梅も咲き日差しを浴びて春気分。いつもは通り過ぎる前庭から… ... » more

第39回日本SF大賞 <第39回日本SF大賞>第39回日本SF大賞が24日に発表されたが、円城塔さんの『文字渦』と、山尾悠子さんの『飛ぶ孔雀』に決まったそうです。『飛ぶ孔雀』は第46回泉鏡花文学賞受賞に続いて、『文字渦』は第43回川端康成文学賞受賞に ... » more
テーマ SF アート

村上春樹(群像日本の作家)1 <村上春樹(群像日本の作家)1>図書館で『村上龍(群像日本の作家)』というムック本を、手にしたのです。ちょっと古い(群像日本の作家)シリーズであるが、写真も多く、切り口も多彩であり、なかなかのシリーズである。【村上春樹( ... » more

『村上春樹のなかの中国』2 <『村上春樹のなかの中国』2>図書館で『村上春樹のなかの中国』という本を借りたのです。帰って読み始めると、著者が中国文学研究者であり、中国文学への深い知識に圧倒されるわけで、ちょっと当てがはずれたわけですが・・・ま、いいかと読み ... » more
テーマ アート 中国

『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R4 <『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R4>図書館で借りた小川洋子著『博士の本棚』という本を読んでいるのだが…このところ集中して借りた本のなかで、『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪が見られるので、並べてみます。・『村上 ... » more
テーマ アート 中国

こんにちはtonmaです。少し前、「日本であの、バンクシー作品が!!」とニュースになっていますね。ですが、都知事のと千葉のは100%偽物ですね。「これは本物の可能性が高い!!」と言 ... » more

『村上春樹のなかの中国』1 <『村上春樹のなかの中国』1>図書館で『村上春樹のなかの中国』という本を借りたのです。帰って読み始めると、著者が中国文学研究者であり、中国文学への深い知識に圧倒されるわけで、ちょっと当てがはずれたわけですが・・・ま、いいかと読み ... » more
テーマ アート 中国

四方田犬彦の世界R3 <四方田犬彦の世界R3>映画、フランス、韓国、台湾・・・・年上ということもあるが、どういうわけか常に大使の一歩先を行くような四方田さんが気になるわけです。このたび、図書館で『ソウルの風景』という本を借りて読んだんですが・・・・え ... » more

絵画教室 生徒募集中青い池
青い池 美瑛の青い池を知ったのは去年だったと思いますそれを最近になって描いてみようと思い筆を取りました。実際に行ったことはないので写真を参考にして沢山の映像がある中で幻想的なものを選びました。 ... » more
テーマ 絵画 アート 絶景

『漫画のすごい思想』1 <『漫画のすごい思想』1>図書館で『漫画のすごい思想』という本を手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると、四方田さんが取り上げた漫画作家が大使の好みに近いわけで・・・またしても「先を超されたか」との思いがしたのです。 ... » more
テーマ アート 漫画

『天子蒙塵(2)』1 <『天子蒙塵(2)』1>図書館に予約していた『天子蒙塵(2)』を、待つこと3日の超速でゲットしたのです。この『天子蒙塵』の4巻シリーズは副本が多いわりに予約がすくないので・・・予約すると即、入手できるのが、ええでぇ♪、『蒼穹の昴 ... » more
テーマ アート 中国

■ル・コルビュジエ■絵画から建築へ―ピュリスムの時代■国立西洋美術館 陽射しは春のような午後、長いコートを手に現在、■ル・コルビュジエ■展開催中の上野・国立西洋美術館へ。コルビジェの建築や家具は以前から知っていましたが、ピュリスム(純粋主義)運動をはじめ絵画制作に取り組んでいた ... » more

Ban'yaインドの雑誌へ俳画
インドの雑誌へ俳画 インドの某雑誌へ、夏石番矢自身の俳句を基にした俳画を送る。俳句は、国際季刊俳句誌「吟遊」第81号(2019年1月20日、吟遊社)掲載の「虎に生身を」から。参照吟遊https://ginyu-haiku.c ... » more
テーマ 俳句 アート 海外

suminoka*墨の香書作品_風
書作品_風 墨をすり、墨色の調整中。今日は風の強い日です。 ... » more
テーマ アート 日常