誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アート

アート

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アート」のブログを一覧表示!「アート」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アート」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アート」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『螢・納屋を焼く・その他の短編』1 <『螢・納屋を焼く・その他の短編』1>図書館に予約していた『螢・納屋を焼く・その他の短編』という本を、ゲットしたのです。年末のNHKで村上春樹原作『バーニング』という韓国版映画を観たのだが・・・その勢いでこの本を予約していたわけ ... » more
テーマ アート 映画

映画■私はマリア・カラス■渋谷Bunkamura ル・シネマから… 肌寒い朝、ドキュメンタリー映画■私は、マリア・カラス■現在上映中の渋谷 Bunkamuraル・シネマへ。20世紀最高のソプラノと言われたオペラ歌手マリア・カラスの未完の自叙伝やプライベートの手紙などから彼女の ... » more
テーマ 音楽 アート 映画

カツラの葉っぱ 大好き!『神の火』2
『神の火』2 <『神の火』2>図書館に予約していた『神の火』という本を、待つこと6日でゲットしたのです。『リヴィエラを撃て』でスパイ・アクションを描いた高村薫の男性的な筆力に驚いたのであるが・・・このクライシス小説も期待がもてるのである。 ... » more

『トリツカレ男』1 <『トリツカレ男』1>図書館に予約していた『トリツカレ男』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。薄めの本で、ぱらぱらとめくってみると・・・何だか自由きままなテイストのようです。帰ってウィキペディアで調べてみると・ ... » more

カブちゃん と トンちゃん  時々ブログに出してもらっています僕たちの名前はカブちゃんとトンちゃんです二人合わせてカブトンです。今日は僕たちの名前のカブトンのご紹介ですかぶちゃん:僕たちが何でここにいるかって言うと昔々9年程前に ある若者によ ... » more
テーマ めがね アート 丸メガネ

『絵本の冒険』3 <『絵本の冒険』3>図書館で『絵本の冒険』という本を、手にしたのです。おお絵本に関する百科事典のような本ではないか・・・ショーン・タンの『アライバル』も載っていました。【絵本の冒険】小野明、他著、フィルム ... » more

『絵本の冒険』2 <『絵本の冒険』2>図書館で『絵本の冒険』という本を、手にしたのです。おお絵本に関する百科事典のような本ではないか・・・ショーン・タンの『アライバル』も載っていました。【絵本の冒険】小野明、他著、フィルム ... » more
テーマ アート

『空の冒険』3 <『空の冒険』3>図書館で『空の冒険』という本を、手にしたのです。この本はANAグループ機内誌『翼の王国』に連載した短篇小説とエッセイをまとめた本のようである。そういえば、浅田次郎さんも同じような趣向の本を出していたなあ・・・ ... » more
テーマ アート

『絵本の冒険』1 <『絵本の冒険』1>図書館で『絵本の冒険』という本を、手にしたのです。おお絵本に関する百科事典のような本ではないか・・・ショーン・タンの『アライバル』も載っていました。【絵本の冒険】小野明、他著、フィルム ... » more
テーマ アート

絵本あれこれR4 <絵本あれこれR4)>最近、図書館で絵本を借りることが多くなった大使である。気紛れなミニブームかもしれないが、借りた本を並べてみます。・絵本の冒険(2018年)・えんとつ町のプペル(2016年)・夏のルール(2014 ... » more
テーマ アート

『美の変革者ピカソ(ナショナルジオグラフィック2018年5月号)』2 <『美の変革者ピカソ(ナショナルジオグラフィック2018年5月号)』2>図書館で『美の変革者ピカソ(ナショナルジオグラフィック2018年5月号)』という雑誌を、手にしたのです。2018年のナショジオの鳥シリーズを追っかけてい ... » more
テーマ アート

『空の冒険』2 <『空の冒険』2>図書館で『空の冒険』という本を、手にしたのです。この本はANAグループ機内誌『翼の王国』に連載した短篇小説とエッセイをまとめた本のようである。そういえば、浅田次郎さんも同じような趣向の本を出していたなあ・・・ ... » more
テーマ アート 映画

『美の変革者ピカソ(ナショナルジオグラフィック2018年5月号)』1 <『美の変革者ピカソ(ナショナルジオグラフィック2018年5月号)』1>図書館で『美の変革者ピカソ(ナショナルジオグラフィック2018年5月号)』という雑誌を、手にしたのです。2018年のナショジオの鳥シリーズを追っかけてい ... » more

『しぶとく生きろ』3 <『しぶとく生きろ』3>図書館で野坂昭如著『しぶとく生きろ』という本を手にしたのです。野坂さんといえば戦中派であり、まずなんと言っても『火垂るの墓』である。この本でもしぶとく生きる術が見られるはずだということで借りたのです。 ... » more
テーマ アート

『新潮日本文学アルバム大岡昇平』2 <『新潮日本文学アルバム大岡昇平』2>図書館で『新潮日本文学アルバム大岡昇平』というシリーズ本を手にしたのです。ぱらぱらとめくると、井伏鱒二、小林秀雄と並んで談笑している写真があり・・・大使の琴線に触れたわけでおます。【 ... » more
テーマ 歴史 アート

今日の書【大雪と強欲】 過ぎたるはなお及ばざるが如し。 ... » more

今日の書【ピエロの綱渡り】 一瞬一瞬を大事に生きたいもの。 ... » more

今日の書【感謝】 親、子、夫、妻・・・。あなたのそばにいてくれる人は誰? ... » more

『新潮日本文学アルバム大岡昇平』1 <『新潮日本文学アルバム大岡昇平』1>図書館で『新潮日本文学アルバム大岡昇平』というシリーズ本を手にしたのです。ぱらぱらとめくると、井伏鱒二、小林秀雄と並んで談笑している写真があり・・・大使の琴線に触れたわけでおます。【 ... » more
テーマ 歴史 アート

スープカレーとソフトクリーム 今回の個展のタイトルでございます。な、何じゃらほい?と絶句した私。その意味は、ギャラリーでおわかりいただけましょう。(^_-)♪多分…「美味しい!」と思う時&「美しい!」と感じる時は、脳の同じ部位が活性化される。つまり、e ... » more

『しぶとく生きろ』2 <『しぶとく生きろ』2>図書館で野坂昭如著『しぶとく生きろ』という本を手にしたのです。野坂さんといえば戦中派であり、まずなんと言っても『火垂るの墓』である。この本でもしぶとく生きる術が見られるはずだということで借りたのです。 ... » more

ハギーの絵日記1月7日に初詣。
1月7日に初詣。 皆さん明けましておめでとうございます。世間では正月気分も少し抜け、あわただしい日常が戻ってきていると ... » more

『しぶとく生きろ』1 <『しぶとく生きろ』1>図書館で野坂昭如著『しぶとく生きろ』という本を手にしたのです。野坂さんといえば戦中派であり、まずなんと言っても『火垂るの墓』である。この本でもしぶとく生きる術が見られるはずだということで借りたのです。 ... » more

今年度初の教室 アピア教室 1月5日(土)アピア教室今回は先ず講師が昨年描いた作品でボブロス作品ではありませんがネットで見つけた作品を参考に描いたもので使用した絵具や道具は全てボブロス画法で使うものです。今回のアピア教室のテーマは「朝の光」という作 ... » more
テーマ 絵画 アート ボブロス画法

■牧野 環 日本画展■−風の糸を辿って− 日本画家・牧野環さんより新年早々、日本橋三越で開催される■牧野 環日本画展■−風の糸を辿って−のご案内が届きました。空気の匂いや風の音がきこえてきそうな牧野さんの画の世界に惹きこまれてゆく至福の刻を楽しみ ... » more
テーマ 展覧会 アート 牧野環  コメント(4)

ベ−シックインカムがつなぐ輪 <ベ−シックインカムがつなぐ輪>『お金のために働く必用がなくなったら、何をしますか?』という新書を、読んでいるのだが・・・この本はベ−シックインカム導入を題材にして、望まれる社会保障制度を論じているわけです。・・・ということ ... » more
テーマ 経済 アート

「新潮日本文学アルバム」シリーズR1 <「新潮日本文学アルバム」シリーズR1>井伏鱒二といえば、以前に読んだ『徴用中のこと』にあるとおり戦中派の作家という印象も強いし、『黒い雨』の作者でもある。ということで・・・これまで読んだ(あるいは、これから読む)「新潮日本 ... » more
テーマ アート

浅田次郎の世界R17 <浅田次郎の世界R17>『竜宮城と七夕さま』を読んだところだが・・・これまで読んできた、浅田さんの本を並べてみます。(*印はJAL機内誌『スカイワード』人気連載を単行本化したシリーズ)・『日中戦争前夜絡み合う思惑』インタ ... » more

村上春樹アンソロジーR5 <村上春樹アンソロジーR5>2018年のノーベル文学賞は、またも村上春樹を外しましたね。(2018年はノーベル賞側の不祥事があり文学賞そのものを取止め)2017年のノーベル文学賞はボブ・デュランが受賞し、びっくりポンでおます。で ... » more

新年あけまして・・・・。 新年明けましておめでとうございます。(遅ればせながら・・・・・)実は先ほど帰宅いたしました。 ... » more