誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アート

アート

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アート」のブログを一覧表示!「アート」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アート」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アート」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』校了!!! 約一か月の入院生活を詠んだ新句集『鬼の細胞/Ogre Cells』が校了となる!!!内容序文夏石番矢日本語と英語の2言語この新句集に44句の俳句と30枚のイラストを集めた。表紙と本文に使用した奇怪な「鬼の ... » more
テーマ 俳句 句集 アート

■Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道■ 江戸小紋展の後、向かいのビル、表参道ヒルズ地下3階で開催中の「キース・へリング生誕60年記念展」へ。今生きていたら、60歳。バスキアとともにストリート・アーティストとしてスタートし、脚光を浴びたキース・へリン ... » more
テーマ 展覧会 アート

『日本男児』2 <『日本男児』2>図書館で『日本男児』という新書を、手にしたのです。この本は『オール読物』の不定期連載「頭からウロコ」を編集したもののようです。さて、どれだけウロコが落ちるやら。【日本男児】赤瀬川原平著、 ... » more

横浜美術館の「モネそれからの100年」展 期待外れ 猛暑の2018年8月15日(水)、電車に2時間乗って、横浜美術館の「モネそれからの100年」展を観に出かける。入場券売り場で30分並ぶ。しかし中身は、期待外れ。東京・上野の国立博物館「特別展縄文―1万年の美の鼓動」の ... » more
テーマ 俳句 アート 食事

青梅夜市にどうぞ https://gachaman.exblog.jp/29648874/ガチャ萬ナイトマーケットvol.8ガチャ萬OPENDAY 8月の第三日曜日2018/8/19(SUN)夜市前 yoruichi-go3・pm〜8.pmひ ... » more
テーマ VEGAN エコロジー アート

こんにちはtonmaです。アートの歴史-昔の日本の彫刻観と絵画観について2-前回の続き飛鳥初期の彫刻についてからなんといっても仏教美術ですかね、やっぱり渡来仏がやってきて仏師も ... » more
テーマ 雑記 アート 分析

アート・クラフト縁日に出店!大理石モザイクの体験教室を開催♪ 今年、2018年の夏も「あーと山荘松下塾」はアート・クラフト縁日に出店しました紀元前にまで遡る歴史ある大理石モザイクの世界をこどもから大人まで気軽に楽しんでもらえたらと願って ... » more

『老いてますます明るい不良』3 <『老いてますます明るい不良』3>図書館で『老いてますます明るい不良』という本を、手にしたのです。嵐山光三郎さんといえば、かつてNHK番組「100分de名著・徒然草」でその不良ぶりを拝見しているので・・・この本も期待できそうである♪ ... » more

『短編小説より愛をこめて』3 <『短編小説より愛をこめて』3>図書館で『短編小説より愛をこめて』という本を、手にしたのです。なんかデジャブの本であったが、まあいいかと借りたわけで、帰って調べるとおよそ2ヶ月前に借りていたことが判明しました。【短編小説 ... » more
テーマ アート

こんにちはtonmaです。日本の彫刻観と絵画観について単刀直入に言いますと日本において江戸時代末期に西洋の美術様式が本格的に入ってくるまで彫刻はリアリズム絵画は2次元表現という方向 ... » more
テーマ 雑記 アート 分析

『老いてますます明るい不良』2 <『老いてますます明るい不良』2>図書館で『老いてますます明るい不良』という本を、手にしたのです。嵐山光三郎さんといえば、かつてNHK番組「100分de名著・徒然草」でその不良ぶりを拝見しているので・・・この本も期待できそうである♪ ... » more
テーマ アート

ウィーン&チェコ旅行B ウィーン2日目。ホテルの朝ごはんを食べます。コーヒーとパンが実においしゅうございました(特にクロワッサン)おいしいコーヒーで感じる幸せってなんだろう独特。今回旅行に持って行ってよかったもの・スプレ ... » more
テーマ 教育 アート 旅行

ルーヴル美術館展■肖像芸術 ― 人は人をどう表現してきたか■ セミの鳴く蒸し暑い朝現在、「ルーブル美術館展」開催中の六本木・国立新美術館へ。台風後のせいか、いつもの混雑も少ない国立新美術館紀元前の作者不明の肖像から19世紀にかけて肖像絵画までルーブルの収蔵作品のすごさを ... » more
テーマ 展覧会 アート

Ban'ya新句集『鬼の細胞』カバー
新句集『鬼の細胞』カバー 新句集の日英2言語版『鬼の細胞/Ogre Cells』(Cyberwit.net, India, 2018, USD16.00)のカバー。さて、私の30枚イラスト入りの44句からなる本文は、どういうレイアウトになるだろうか? ... » more
テーマ 俳句 アート 出版

フラココ ハッピーボンボン☆風の月
風の月 改修中の愛知芸術文化センター12階2018年8月12日まで ... » more
テーマ アート

『短編小説より愛をこめて』2 <『短編小説より愛をこめて』2>図書館で『短編小説より愛をこめて』という本を、手にしたのです。なんかデジャブの本であったが、まあいいかと借りたわけで、帰って調べるとおよそ2ヶ月前に借りていたことが判明しました。で、(その2)としてい ... » more
テーマ アート

『老いてますます明るい不良』1 <『老いてますます明るい不良』1>図書館で『老いてますます明るい不良』という本を、手にしたのです。【老いてますます明るい不良】嵐山光三郎著、新潮社、2016年刊<「BOOK」データベース>より今が ... » more
テーマ アート

『あやしい探検隊アフリカ乱入』4 <『あやしい探検隊アフリカ乱入』4>図書館で『あやしい探検隊アフリカ乱入』という文庫本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると、カラー写真の集中的収録部分と沢野画伯のヘタウマ挿絵が見られて、思いのほかビジュアル本になっているのが ... » more
テーマ 民俗学 アート

『日本男児』1 <『日本男児』1>図書館で『日本男児』という新書を、手にしたのです。この本は『オール読物』の不定期連載「頭からウロコ」を編集したもののようです。さて、どれだけウロコが落ちるやら。【日本男児】赤瀬川原平著、 ... » more
テーマ アート

■亜空間として形成する伊勢型紙■江戸小紋の世界 台風後の蒸し暑さのこる午後表参道・EYE OF GYRE ギャラリーで開催されている「江戸小紋の世界」展へ。創業100年の江戸小紋染色工場4代目、元ウィンドサーフィン選手・廣瀬雄一氏とモダンデザイン建築家の長 ... » more

絵画教室 生徒募集中8月度高岡教室
8月度高岡教室 8月8日(水)高岡イオンJEUGIAカルチャー教室今回のお題は「黄金色の陽の光」この作品はジェッソでほとんどの部分を描くので油絵具は最後に少し塗るだけになります。以前、他の教室でこの作品を描いたら後日、生徒さんから「人に見せたら ... » more
テーマ 絵画 アート ボブロス画法

『マナーの正体』3 <『マナーの正体』3>図書館で『マナーの正体』という本を、手にしたのです。さだまさし、荻野アンナ、高野秀行、福岡伸一、等々、とにかく大使好みの作家のコメントが見られるのです。読売新聞の「たしなみ」欄に掲載したコメントを並べただけ ... » more

シーナの写真付き旅行記R4 <シーナの写真付き旅行記R4>図書館で借りた『国境越え』という本を読み始めたのだが…シーナの写真付き旅行記はかなりの数になるようで、この本の出された2012年時点で25冊にものぼるそうです。…ということで、大使の読んだこの ... » more
テーマ アート

『あやしい探検隊アフリカ乱入』1 <『あやしい探検隊アフリカ乱入』1>図書館で『あやしい探検隊アフリカ乱入』という文庫本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると、カラー写真の集中的収録部分と沢野画伯のヘタウマ挿絵が見られて、思いのほかビジュアル本になっているのが ... » more

怖い短編小説 <怖い短編小説>川上弘美著『蛇を踏む』という短編小説集を読んだところが、なんか粘着質の怖さがあるのです。(でも、蛇はやっぱり生理的に怖いのだが)・・・ということで、これまで読んだ怖い短編小説を集めてみました。・『蛇を踏む ... » more
テーマ アート

『ゴヤ「戦争と平和」』2 <『ゴヤ「戦争と平和」』2>図書館で『ゴヤ「戦争と平和」』という本を、手にしたのです。この本では、肖像画や銅版画、ゴヤの手紙など多彩な構成となっているが・・戦争を題材にした銅版画集が、興味深いのです。【ゴヤ「戦争と平 ... » more
テーマ アート

ゴヤ「戦争と平和」1 <ゴヤ「戦争と平和」1>図書館で『ゴヤ「戦争と平和」』という本を、手にしたのです。この本では、肖像画や銅版画、ゴヤの手紙など多彩な構成となっているが・・戦争を題材にした銅版画集が、興味深いのです。【ゴヤ「戦争と平和」 ... » more
テーマ アート

『蛇を踏む』3 <『蛇を踏む』3>図書館で『蛇を踏む』という本を、手にしたのです。芥川賞受賞作といっても、昨今では出版業界の乱造ではないかと思ったりして・・・その全てに目を通すわけではありません。でも、この本はタイトルが気になるし、なにより ... » more
テーマ アート

『蛇を踏む』2 <『蛇を踏む』2>図書館で『蛇を踏む』という本を、手にしたのです。芥川賞受賞作といっても、昨今では出版業界の乱造ではないかと思ったりして・・・その全てに目を通すわけではありません。でも、この本はタイトルが気になるし、なにより ... » more
テーマ アート