誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生論

人生論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生論」のブログを一覧表示!「人生論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生論」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

○腹立たしいことから、いかに立ち直るのか? 人間、生きていれば、不条理なことが多々起こる。思想的な不条理性については、それなりに、自分の思想の次元を鍛え、つまらないクズ同然の思想を超克することも可能なのである。こういうことは、ある意 ... » more
テーマ 人生論

あれはいったい、どういう意味だったのだろう? この頃20代の青年と話をすると、どういうものか無条件に彼らの主張を認めてしまう。知り合った青年が、人生の只なかで悩み、職につけず、宗教に救いを求めている話を聞けば、うん、それもよい、まだ ... » more
テーマ 人生論

感傷という装置 感傷というと満たされない現在に窮して、かつてはある程度の喜びに恵まれた過去という存在をことさら美化し、現実を忘却の彼方へと押しやる、負のイメージを想起することが多いと思う。勿論こういう考え方を言下に否定するつもりは毛 ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。幸福について。
幸福について。 人は誰しも、幸福でありたい。そう願っているものなのだろうと思います。☆先日、ある書店をうろうろしていると、白洲正子さんの文庫新刊の平積みが目に入りました。その名も「金平糖の味」。ぼ ... » more
テーマ 雑記 人生論

○叔母夫婦のこと。 淡路島の家が逼塞してから、家族ぐるみで神戸に流れ着いて、それからは、何だかんだと身うちどおしでゴチャゴチャとやりながら生きてきた時期が長かった。田舎者だったからだろう、都会での生活は刺激的ではあっても、肩寄せ合っ ... » more
テーマ 人生論

離婚にまつわる話でも聞いてもらおう 自分の21年間に及ぶ結婚生活の破綻について、思いついたことを、ダラダラと書くわけで、とりわけ今日のブログは読むに値しないので、うんざりとした方は途中で切り上げてください。 前妻の父親は彼女 ... » more
テーマ 人生論

○そろそろ年貢の納め時かも、と思ったけれど・・・ メルマガは別としても、ブログに関しては自己の人生の総括集として書き綴ってきたわけで、ある意味好き勝手なことを書き散らしてきた感がある。それにしても、どこかで、自分のHP上にアップする ... » more
テーマ 人生論

カイエ・ド・ヤス・ナガノ父と子(5)
父と子(5) さて、このテーマで書くのはこれで一旦停止です。読んで下さっているみなさんもそろそろ退屈になってきたでしょうから。また父のことを書きたくなることがあるかも知れませんが、その時はこのテーマで唐突に書きはじめることになると思 ... » more
テーマ 人生論

カイエ・ド・ヤス・ナガノ父と子(4)
父と子(4) このところよく長い夢を見る。決まって父の夢だ。たぶん、男として好きな原型のような人だったからではないか、と思う。父のような個性の人間になりたかったのだろう、と思う。 小学3年生の頃だったか、僕にはまだ勉強の才が ... » more
テーマ 人生論

父と子(3) 僕が小学生の高学年の頃、と言っても、もうかるく40年以上も前の話になる。当時は授業が終わると学校を追い出されるまで、ドッジボールをしたり、野球をしたり、女の子の縄跳びに入れてもらったりして遊んだものだ。学校から帰ると、 ... » more
テーマ 人生論

父と子(2) 父が母に対して、もういい加減うんざりしていることは、大学生になったばかりの僕にも膚で感じるものがあった。もともと僕は中学生の頃から、何故父はこんな女と結婚してしまったのか? とずっと疑問だった。僕にはどうしても母を好き ... » more
テーマ 人生論

カイエ・ド・ヤス・ナガノ父と子(1)
父と子(1) ツルゲーネフの「父と子」の話では勿論ない。あれほど深刻で、酷薄なことを書こうとしているのではない。世間によくある話を書くだけである。子ども、と言っても僕は男だし、一人っ子なので、女性から見た父親像は正直に言ってよく分か ... » more
テーマ 人生論

アラスカ・風のような物語 冬は大嫌いなのですが、それでも真冬の北海道には行きたいと思うのです。かなり矛盾した話ですが、以前に真冬の北海道に行ったとき、それは美しい大地に魅了されたのでした。樹氷・ダイヤモンドダスト・スノーパウダー・そして丹頂鶴 ... » more
テーマ 雑記 人生論

『老い』について考える DNAの中に『老い』という因子が組み込まれている、ということをどこかで読んだことがある。専門家でもないので、周りを見回してみても、例外なくみんな老いていくのであるから、たぶんそれは本当のことなのだろうか? と ... » more
テーマ 人生論

○思い出してしまった!ずっと、ずっと自分の中でわだかまっていた出来事がある。忘れようとしたこともない。ある意味で、自分の卑劣で唾棄すべき行為を戒めとして生きてきた。何故敢えてここに書こうと思ったのかというと、先日の神戸の青年の刺殺事 ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。二十歳の憧憬。
二十歳の憧憬。 少しばかり先日のことですが、お酒を飲んだ後、そのまま帰りたくない日というのがありました。そんな日は時折やってきます。その日も、ぼんやり街を歩きた ... » more
テーマ 雑記 人生論

人生の物語性の必要性について 人は互いに比較出来ないほどの生育歴のプロセスをくぐりぬけて大人になっていく。何もかもが整っている生活基盤の中で育つ人はたぶん僕の想像だが、数少ないのではないか? と思う。いろいろな具体例を書き記すのは際 ... » more
テーマ 人生論

枯れてなんかやるものか! 人生の大半を生き抜いて、人はどのような環境に置かれていても、それぞれの環境のもとで、自己を完結させるべく己れの価値観を固めていくようだ。頭も固くなるし、融通だって段々と効かなくなってくる。概ね、老いという現 ... » more
テーマ 人生論

○死者に捧げる鎮魂歌 この年齢になると、何人もの人が自分の周りから姿を消してしまっている。生き別れた人のことは今日は考えない。今日はあくまで死者に対する感謝と切なさとを、祖父という人物の存在を通して書き綴ることにする。 物心 ... » more
テーマ 人生論

○とても醜悪な自分がいる・・・ 教師時代の話である。京都市内の大宗教教団が学校法人をも支配する学校に、はっきりと言って食い詰めて、食うために何とか自分の力を出し切って試験を乗り切って入った。30倍の倍率をくぐり抜けたのであるから、大 ... » more
テーマ 人生論

○喪失感に見悶える自分がいる 生きていく限りにおいて、人は必ず何かを失い、何かを得る。両者の均衡がうまくとれていれば、たぶん平穏な気持ちで生きていられるのではないか、と僕は思う。たぶん、これは僕だけの観想なのだろうが、心の中はどのよ ... » more
テーマ 人生論

僕の虹 君の星@ハービー山口 人は生きているうちに、知らず知らずに誰かを傷つけていることがあるかも知れません。この本の中に、1970年、20歳の春というエッセ ... » more
テーマ 雑記 人生論 写真

○老いは確実にやってくるなあ〜。 自分の姿かたちは毎日鏡で見ているわけだし、時折街で買い物なんかをしていて、ウィンドウに映る自分の姿は自然に目に入ってくるわけで、まあ、オレって、この程度かい、などと諦め半分で、自分の老いた外見を自分なり ... » more
テーマ 人生論

○寂しくてたまらない〜! 僕が青年だった頃、フォークソング流行りで、時代も揺れに揺れていて、学生運動もとりわけ具体的な目標もなく、マイクに向かって大人たちの創った社会になんぞ、はまってやるものか! という抗いが、アメリカ帝国主義撲滅 ... » more
テーマ 人生論

○絶望の果てに想うこと 自分が置かれている生活環境などというものほど、危ういもの、壊れやすいものはないのではないか? と僕は思う。自分の経験から物を言う。他者のことはいまは触れない。ただ、僕自身の拙い人生の生きざまの中になにほどかの ... » more
テーマ 人生論

○いつから野たれ死にを人は嫌うようになったのだろう? ずっと昔、人はたぶん自分の死というものを、とても自然に受け入れていたような気がする。たぶん動物と近い感性で己れの死を受容していたのではないか、と思う。犬も猫も飼ったことがあるが、 ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。写真に想う心。
写真に想う心。 一枚の写真。これは久高島のフェリーに乗り込む際の写真で、タクシーの運ちゃんとしゃべっているおばさんは、一緒にバスに乗っていた人で、一緒にフェ ... » more

心の中の遠い旅路。心に響く光景。
心に響く光景。 心に響くその光景というのは、きっとその人の心の鏡なのかも知れません。同じその光景を眺めていても、なにも思わない人もいれば、眺めているだけで感動する人もいると思い ... » more
テーマ 雑記 人生論 散歩

借りぐらしのアリエッティ 先日、借りぐらしのアリエッティを観ました。一言で印象を言えば、なかなか静かな作品だったように思います。最近のジブリ作品は、凝ったストーリーで、いろん ... » more

○開き直ろう、居直ろう、っていうのはほんとうは難しいことだと思う。 僕から見ると、人生の難局とは到底言い難い場面であれ、眼前の克服するべき課題の前で立ちすくんでいる人に対してかけ得る言葉というと、そんなに落ち込むことではない、あなた/君 ... » more
テーマ 人生論

 

最終更新日: 2018/05/05 11:16

「人生論」のブログ関連商品

» 「人生論」のブログレビュー をもっと探す

「人生論」ブログのユーザランキング

BlueBloomBlog 1 位.
BlueBloomBlog

テーマのトップに戻る