誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    さ行の作家

さ行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「さ行の作家」のブログを一覧表示!「さ行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「さ行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「さ行の作家」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

「わたしの台所」  沢村 貞子 9/18は中学の体育祭でした。ザブチののクラス(1−8)は、最初のラジオ体操からすごく力が入ってるのだそう。「こんな風にするんだよ!」とよく実演して、笑わせて!?くれました。そこから見たかったので、大急ぎで駆けつけたけたので ... » more

「甘党ぶらぶら地図」   酒井 順子 ザブチも中学生になり、家族で行動することもめっきり減りました。これも時の流れ?そんな訳で、この夏の唯一にして最大のイベントは山口帰省。錦帯橋の花火にも行きました。久々に行く花火大会、女の子の浴衣は勿論、男の子の浴 ... » more

右か、左か 心に残る物語 沢木耕太郎編 文春文庫 太陽の日差しに、残酷さを感じるほど、暑い。おかげで、頭が全く働かず、恐ろしい数の予約がついている東野圭吾さんの「プラチナデータ」さえも最後まで読めない(汗)このままだと、読めないまま返してしまいそう・・・。体力的にしんど ... » more

おいしい本箱Diaryレビュー 3冊
レビュー 3冊 台風のせいか、数日間頭痛に悩まされた。夏ばてもあるのかなあ・・。暑さがこう続くと、体力がもたなくなりますね。そのせいか、何を読んでも頭にピンと入ってこない。冊数だけは読むのに、いまいちがっつりレビューを書きたいと思う本に ... » more

さだまさし ‘精霊流し’ さだまさし氏の初小説である‘精霊流し’は自身の半生に基づく私小説です。この小説は、戦後の長崎で生まれ、ヴァイオリンの才能で将来を嘱望され上京するものの、ギターに目覚めたという青年(若き日のさだ氏)の話です。‘精霊流し’は様々な時のエ ... » more

今年の大当たり「身代わり伯爵」シリーズ 谷瑞恵さんの「伯妖」と「魔女婚」にはまって絶賛おすすめしたのは去年のことですが、今年はコレにはまりました!角川ビーンズの「身代わり伯爵」シリーズ(清家未森著)これからお読みになる方には、ぜひ「アルテマリス編4冊一気読 ... » more
テーマ ファタジー さ行の作家 ライトノベル

「昆虫部」 椙本孝思 昆虫部椙本 孝思 幻冬舎 2010-05売り上げランキング : 81506Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)「つまんねー」「くだらねー」「やる気しねー」と生きることから逃げてばかりいた ... » more
テーマ さ行の作家

「和菓子のアン」 坂木司 和菓子のアン坂木 司 光文社 2010-04-20売り上げランキング : 19879Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は ... » more

さだまさし ‘解夏’ 夏が近づくと‘解夏’という小説を思い出します。「解夏(げげ)」というのは、仏教の言葉で(苦しい)行があけることを指します。話の内容は切ない小説です。そして、なぜ、‘解夏’というタイトルなのかは読んでいただければ、納得できるはずです。 ... » more

サン・テグジュペリ ‘星の王子さま’ 大事なことに限って目で見えないものです。だからこそ、人生は難しいのでしょうか?サン・テグジュペリの‘星の王子さま’は、「本当に大切なもの」について考えさせる本です。‘星の王子さま’に関してはここでああだこうだと書くのは野暮なことだと ... » more

”蔵書消失”、”移動図書館”。こんな言葉を並べられては、読まないわけにはいきません内容(「BOOK」データベースより)憧れの図書館司書となるべく、アイルランドの片田舎タムドラムにやってきた青年 ... » more
テーマ 海外作家 さ行の作家

佐藤史生さんが亡くなっていた!!! 大好きな佐藤史生さんが、なんと、4日に亡くなってました!(/_;)知らなかったよ〜!うわーん!(泣)「佐藤史生さん死去漫画家」http://www.47news.jp/CN/201004/CN20100407010006 ... » more

ダーク・タワー〈5〉カーラの狼〈上〉 (新潮文庫) 仕事もいろいろあり、会社名もかわったりで全然集中できませんでしたが、ようやく読み終えました。仕事が一区切りしてから待ったりモードで読書も停滞。ほぼ1ヶ月もかかりなにがなんだか全然わかりませんでしたが、とりあえず次に進みます。 ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

山賊 ‘やさぐれぱんだの手帳’ 「ただの手帳だなんて思うなよ」という帯をみて‘やさぐれぱんだの手帳’を衝動買いをしてしまいました。しかし、中身はただの手帳です。手帳として使う分には、可もなく不可もないです。だからこそ少しガッカリしているのはなぜだろう・・・。 ... » more

山賊 ‘やさぐれぱんだとうさぎとかめ’ 「童話‘うさぎとかめ’のやさぐれぱんだ的な新解釈!」と説明すると、かなりオーバーな表現になるのが‘やさぐれぱんだとうさぎとかめ’です。物語は「青年」が‘うさぎとかめ’の競争を検証しようと「ぱんだ」に持ちかけることから始まります。‘や ... » more

山賊 ‘やさぐれぱんだとペンギン’ 「たびにでますさがしてください」という置手紙を残して、「ぱんだ」が失踪しました。残された「青年」は、しぶしぶ「ぱんだ」を探しに旅に出ます。という冒頭からツッコミどころ満載のストーリーの漫画が‘やさぐれぱんだ’シリーズ初の長編である‘やさぐれ ... » more

山賊 ‘やさぐれぱんだ3’ 累計50万部を突破した‘やさぐれぱんだ’シリーズのナンバリングタイトル第3弾が満を持して発売されました。‘やさぐれぱんだ3’はビックコミックスペリオールで2008年3月〜2010年1月まで連載された漫画を掲載したものです。(文庫化に向けた書 ... » more

太陽の戦士 ローズマリ・サトクリフ 猪熊葉子訳 岩波書店 先日講演会に行った上橋先生の影響で(笑)サトクリフを読んでます。サトクリフは骨太です。歴史という、大きな舞台の中で見事に、一人の人間のドラマにスポットを当ててその真実を描き出します。それが、読んでいて非常に気持ちいい。いった ... » more

僕の明日を照らして 瀬尾まいこ 筑摩書房 先日、NHKで児童虐待の特集を放送していた。家庭の中の虐待というのは、実に目にみえにくい。しかし、人間が社会の中で生きている以上、必ず、どこかでその現状を捉えるチャンスというのはあるはずで、事実、何度かあったその機会を、すべ ... » more

ダーク・タワー〈4〉魔道師と水晶球〈下〉 (新潮文庫) ああぁスーザン。。面白いんだけどなかなかすすまない。。一旦休憩します。ダーク・タワー〈4〉魔道師と水晶球〈下〉 (新潮文庫)新潮社 スティーヴン キング Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

ダーク・タワー〈4〉魔道師と水晶球〈中〉 (新潮文庫) 若いローランドの話。けっこう引き込まれてきました。でもスピードはさほど上がらず。。ダーク・タワー〈4〉魔道師と水晶球〈中〉 (新潮文庫)新潮社 スティーヴン キング ユーザレビュー:恋の行方、そして陰謀 ...Amazo ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

2月16日火曜日の朝日新聞に、「生きてごらん、大丈夫『ゲド戦記』翻訳清水真砂子さんが最終講義」という記事が載りました。講義の一部が紹介されていたのですが、どれも、なるほどそうだ、と深く共感しながら読みましたが、特に「 ... » more

ほかならぬ人へ 白石一文 祥伝社 直木賞受賞されましたね。私が今読んだのは、予約の順番待ちの結果ですが。中編二つを、一気に読ませてしまう筆力はなかなかです。「ほかならぬ人へ」「かけがえのない人へ」の2篇。人生で、自分のベストの人に出会うという事をテー ... » more

ダーク・タワー〈4〉魔道師と水晶球〈上〉 (新潮文庫) 「荒地」が91年で「魔道師と水晶球」が97年発行ということは、あの終わり方にも関わらず6年も間を空けた!ということもあり、恒例のあらすじに加えて「荒地」の一番最後をまるまるのせるという荒業から始まる。当時の読者は良く待ったな。。待てない ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫) さよなら三角、また来て四角、お便りくださいなって。。途中で終わりました。本当に不思議な世界です。面白いんだけど、依然としてペースは上がらない。。ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫)新潮社 スティーヴン キング ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

ダーク・タワー〈3〉荒地〈上〉 (新潮文庫) なかなかペースが上がらなかった。。一冊につき一週間くらいかかるこのシリーズですが、全部読み終えるのにどれくらいかかるのだろうか。。ダーク・タワー〈3〉荒地〈上〉 (新潮文庫)新潮社 スティーヴン キング ユーザレビュー:だま ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈下〉 (新潮文庫) スピード感ある展開で仲間が揃いました。最後の人がよくわからん。けど気にせず次に進みます。ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈下〉 (新潮文庫)新潮社 スティーヴン キング ユーザレビュー:乗ってきました<暗黒 ...ビックリ仰天 ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

宗田理 ‘ぼくらの七日間戦争’ ‘ぼくらの七日間戦争’は学校や親に反旗を翻し、廃工場に立てこもった中学生たちの姿を描いた数十年前の小説です(何度かリニューアルされているようです)。この小説を読んでいると、中学生はいつの時代も窮屈な思いをしています。そして、いつかその思いを ... » more

ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈上〉 (新潮文庫) まあまあのペースで引き込まれてきました。「中間世界」より現代の方が読みやすいしイメージしやすいのでこの巻はスムーズに読みました。その結果、やっと仲間が一人増えただけ。。下でさらに仲間が増えるようですが次はどんな世界だろう。 ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

ダーク・タワー1 ガンスリンガー 某R社の社長の愛読書ということで試しに読んでみました。むかし何を思ったのか急に「キャリー」を読んだことがありましたがまったくはまりませんでした。今回も若干微妙ですが、最後の最後はなかなか引き込まれたので、続けて読んでみたいと思い ... » more
テーマ 読書 さ行の作家 スティーヴン キング

 

最終更新日: 2018/12/04 15:51

「さ行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る