誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    さ行の作家

さ行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「さ行の作家」のブログを一覧表示!「さ行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「さ行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「さ行の作家」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「つれづれ乱読記」真保裕一 ‘連鎖’
真保裕一 ‘連鎖’ 最近、実家などの整理をすることが多くなり、たまたまそこにあった昔の小説を読むきっかけになっています。この前読んだ‘連鎖’は、チェルノブイリ原発事故の影響で放射能汚染を受けた食品が検査対象国ではない国を経由して国内に入ってきたという話が徐々に ... » more

さかざきちはる ‘ペンギンは短足じゃない図鑑’ ペンギンが好きな人の間では、ペンギンは実は短足ではないということは常識だったりするらしいのですが、‘ペンギンは短足じゃない図鑑’ ほど、そのペンギン好きの間の常識がダイレクトにタイトルになっている本も珍しいものです。しかも、この本はペンギン ... » more
テーマ さかざきちはる 絵本 さ行の作家

「つれづれ乱読記」真保裕一 ‘最愛’
真保裕一 ‘最愛’ 個人的には、最初の数ページ目にあった「携帯電話は確かに重宝するが、いつから我が子よりもたいせつになったのか、ぼくは知らない。」という文章が真保裕一氏の小説‘最愛’の中で一番印象的でしたが、この小説のストーリー全体から見ると大したことではない ... » more

清水茜 ‘はたらく細胞’ 細胞を擬人化したアニメ‘はたらく細胞’ を見てすっかりハマってしまった自分がいます。あまりにハマりついつい原作漫画の‘はたらく細胞’ にも手を出してしまいました。この漫画は、赤血球や白血球などの人体の様々な細胞を擬人化することで、体の仕組み ... » more

さくらももこ ‘もものかんづめ’ 漫画家のさくらもも氏が亡くなったことがきっかけとなって‘もものかんづめ’を読んでみたのですが、中々の破壊力を持ったエッセイでした。この本は短編のエッセイ集なのですが、一番最初のエピソードはさくら氏自身が16歳の時に発症した水虫に関する話です ... » more

清川あさみ 最果タヒ ‘千年後の百人一首’ ‘千年後の百人一首’というタイトルに妙な違和感を覚えてとりあえず読んでみたのですが、この本がどういう意図で書かれてものかという解説は一切なく、ただ、百人一首の句の意訳ともとれる詩とその句をイメージした絵が書かれているものです。もっとも巻末に ... » more

せきしろ 又吉直樹 ‘カキフライが無いなら来なかった’ これは、新しい文学の形式なのか、大喜利なのか、はたまた著者の二人がただただふざけているだけなのか・・・とにかく読んだ後に、どういうことなのかよくわからなくなるのが‘カキフライが無いなら来なかった’という本です。この本は、せきしろ氏と又吉直樹 ... » more

中高生の読書会「アラ中読書会」、3月17日にやりま〜す! 「だいたい中学生(アラ中)のための読書会」次回は3月です!時間:平成30年3月17日(土曜日)午前10時から正午まで場所:東大和市上北台公民館対象:12歳から18歳くらいまでの方3月の課題本は、「さくらももこ作品 ... » more
テーマ 中学生の読書会 さ行の作家

汐街コナ ‘「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)’ ブラック企業や過労死が社会問題となってかなりの年月が経過しています。しかし、改善している兆しはあるのでしょうか?。また、過労による自殺に関する報道も忘れたころに出てきます。‘「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ ... » more

佐藤和歌子 ‘間取りの手帖remix’ 日本は土地が狭いので、狭小住宅と呼ばれる家が多く存在します。そのため、狭いながらも空間を上手く利用する工夫が数多くあります。しかし、そのような工夫が行き過ぎたのかとんでもない間取りの住宅は珍しくありません。‘間取りの手帖remi ... » more

すっごく久しぶりの霜島けい(ケイ)さんの御本!><封殺鬼じゃなくても、お話し書いて下さって嬉しいよう〜!今回は出版社の意向で名前がひらがなになってるみたいですね。内容は時代物ですが相変わらず妖しいナニかと人のお話し。キャ ... » more
テーマ さ行の作家 読書備忘録 ★★★

サンドラ・ヘフェリン 片桐了 ‘コミックエッセイ 爆笑! クールジャパン’ もう何年前からネタになっていますが、外国人が持つ日本のイメージは実際の日本からかなりかけ離れているようです。それは、日本人だけでなく、日本での在住期間が長い外国人の目から見ても酷いようです。‘コミックエッセイ 爆笑! クール ... » more

いつもとはちょっと毛色の変わった本を選んでみました。内容が濃くて読了するまで相当時間かかってしまいましたが、その価値は十分に。1901年にギリシアの海底から引き上げられた奇妙な機械の破片。それは石灰に覆われ化学反応で蝕まれた ... » more
テーマ ★★★★ さ行の作家 読書備忘録

地獄のミサワ ‘カッコカワイイ宣言!’ 独特の画風とギャグで多くの読者を虜にした‘カッコカワイイ宣言!’は、作者の地獄のミサワ氏曰く、「カッコイイ男子とカワイイ女子」しか登場しない漫画だそうです。ただ、表紙のイラストからご想像できる通り、作者自ら、ハードルを上げて、そ ... » more
テーマ さ行の作家 漫画 地獄のミサワ

蝉川夏哉 くるり ‘異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん’ 「このマンガがすごい!」というのは一切関係なく、タイトルが気になったから読んでみたのが‘異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん’ です。正直、お酒好きの漫画家さんが描いたコミックエッセイかと思って読みましたが、中身は居酒 ... » more

ジョハンナ・バスフォード ‘ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック’ かつては脳トレブームの影響で大人を対象にした塗り絵の本が国内で多く出版されていました。最近では、海外で出版された塗り絵の本がブームになりつつあるそうです。「ヒルナンデス」で紹介された‘ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック’も海 ... » more

アサウラ 柴乃 櫂人 ‘ベン・トー’シリーズ 多くの人がスーパーで半額の弁当を買ったことがあると思います。私も、弁当や総菜が半額になるタイミングを計ってスーパーに行くことがよくあります。‘ベン・トー’というラノベ(ライトノベル)は、スーパーの半額の弁当を奪い合うという一見す ... » more

山賊 ‘やさぐれぱんだ’ 山賊を名乗る作者の分身的なキャラクターの「青年」とパンダの癖にやさぐれている「ぱんだ」が身もふたもない脱力系のやり取りで人気を博した‘やさぐれぱんだ’シリーズは、ネット発信のコミックの草分け的な存在といえます。‘やさぐれぱんだ’は、 ... » more

ウィリアム・シェイクスピア ‘マクベス’(訳・安西徹雄) 自らが仕えた王を殺し、王位についたマクベスの苦悩や破滅を描いた戯曲‘マクベス’は、様々な出版社から発行されています。自分が読んだ‘マクベス’は、光文社から発行されたもので、主要な登場人物の紹介が巻頭だけでなく、しおりにも ... » more

鈴木のりたけ ‘ケチャップマン’ トマトケチャップの「ケチャップマン」という主人公が自分にしかできないことを探して、ハンバーガー屋で仕事を始めるという物語の絵本が‘ケチャップマン’です。‘ケチャップマン’の内容は、非常にシュールです。正直なところ、ハ ... » more

‘「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!?  ドイツ人が驚く日本の「日常」’ お国が違えば感じ方も違う、ドイツ人から見た日本の不可思議な点を面白おかしく紹介した、‘「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!? ドイツ人が驚く日本の「日常」’という漫画を読んで改めて思いました。‘「小顔」ってニホンで ... » more

おー!待ってました!一年ぶりだよ!正統派YAか、とみせかけての、ファンタジー→ミステリー→そしてまさかのSF展開!あ、未読の方のため、あんまり言えない。けど、面白いよ!さらに、装画が鶴田謙二さんなんだよ〜! ... » more

千夜一夜卵の緒 瀬尾まいこ
図書館でぱっと目についたので借りた文庫。薄い・短編という点が、今の通勤時に読むのにちょうど良さそう、という理由…「卵の緒」「7’s blood」の2編の独立した短編が収まっています。血の繋がらない家族、がテーマかな?日常 ... » more
テーマ さ行の作家 読書備忘録 ★★★

やっと届きました!きらら舎さんの鉱物いろいろ本です。も〜、全てが素敵で言葉がないわ〜まず写真が魅力的でうっとりします。最初の数ページ開いただけでくらりときたわ!捲りなが ... » more
テーマ さ行の作家 読書備忘録 ★★★★★

千夜一夜異邦の騎士 島田荘司
はい、やっと再読しましたよ!御手洗と石岡くん、運命の出会い!巡り合ったふ・た・り(注・フィルター越し)いやぁ、やっぱりいいね!この切なくて熱くてもの悲しい感じ!壊れた硝子のように痛みを伴って美し ... » more
テーマ さ行の作家 読書備忘録 ★★★★★

先日、「山賊ダイアリー」という漫画を兄から借りて読んでおりまして。それが大層面白かったので、本でもそういうのあるかなぁ、と思って借りたのがこちらです。そのものズバリなタイトルですね!こちらの方は銃は使わず、ワナ猟のみ。鹿 ... » more
テーマ ★★★★ さ行の作家 読書備忘録

千夜一夜占星術殺人事件 島田荘司
言わずと知れた御手洗シリーズの第一作目。当時の記憶で残ってるのはトリックのキモのみという有り様だった訳で、今回読み返してみて色々びっくりしました。・石岡くんがくそ生意気・御手洗と出会ってまだ1年経ってない・御手洗が超 ... » more
テーマ ★★★★ さ行の作家 読書備忘録  コメント(2)

ゆーみさんにお知らせいただき3月頭に放送されたドラマを見て、久しぶりに御手洗シリーズを読もう!と思って借りてきたもの。ドラマはどうなることかと思ってあんまり期待しないで見たせいか、割と普通に見てしまえましたよ?まあ、御手洗シリーズ読 ... » more
テーマ ★★★★ さ行の作家 読書備忘録

「シロガラス 3 ただいま稽古中」 佐藤多佳子著   偕成社    2014年 去年9月から11月まで「3ヶ月連続刊行」つーから、てっきり3冊で終わると思ったんだけど、それは、全くの勘違い。3巻まで読みましたが、まだまだ続くようです。(^_^;これ、どうなるんだろ‥‥?多佳子さまがどこに連れ ... » more

「シロガラス(2)めざめ」 佐藤多佳子著 偕成社 2014年 2巻目読了。1巻目を読み終わった時には、「俺様な礼生(れお)くんの千里(せんり)への執着は「らぶ」なんじゃないのかしら、でもこいつ無自覚だよな、いつ気付くのかな」とおばさんはわくわくしましたが、残念ながら、とい ... » more

 

最終更新日: 2018/12/04 15:51

「さ行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る