誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フランス文学探訪

フランス文学探訪

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: フランス文学探訪
テーマ「フランス文学探訪」のブログを一覧表示!「フランス文学探訪」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7    次のページ
 短歌会の共同代表の三嶋氏から「日本言語文化研究」の会誌をいただきました。その中に、植村正純氏(短歌の師である植村武先生のご子息) の随想「言葉との再会」が掲載されています。まずフランス語の「ADI.. » more

関西医大への通院の際は、六地蔵から山科川沿いに歩いて帰宅しましたが、桜が満開でした。もっとも、散瞳剤の影響で、まぶしくぼんやりとしか見られませんでした。今年のささやかな花見です。  カミュの小説「ペ.. » more

 ヒロインのエンマが結婚生活に失望するまで時間はかかりませんでした。夫はなんでも知っており、情熱の力や生活の技巧など、いろいろと教えてくれる存在だと彼女は信じていたのに、夫のシャルルはそういう理想とは.. » more

 「ボヴァリ-夫人」という題が付いているものの、主人公は夫のシャルル・ボヴァリ-であり、彼の学校時代の描写からこの小説は始まります。転入生として教室に入ったものの、へまをしでかしてみんなの嘲笑を買うと.. » more

 何ヶ月かかけてこの作品を原書で読みました。何度目かの読書ですが、久しぶりでしたので、新鮮な思いで読み続けることができました。  フローベルは1821年にルーアンで生まれました。父親は市立病院の外.. » more

 ポールとシモンは一緒に暮らすようになりますが、ポールはロジェのことが忘れられません。それに周囲の者の目も気になります。ポールが若い男と付き合っていることで、人から嫌味を言われ、傷つきますし、こんな関.. » more

 この小説のヒロイン、ポールは39歳、室内装飾の仕事をしています。彼女には40過ぎのロジェという恋人がいますが、自由を楽しんでいるのは彼だけで、彼女自身は孤独を感じています。それもそのはずで、ロジェは.. » more

 人間の手による犯行というのは、いかにも怪奇小説らしい趣きを備えています。ありえない話をいかに、本当らしく思わせるかが、作者の腕の見せどころですが、襲うところは全く描写せず、結果だけで示しているのが、.. » more

 モーパッサンが幻想的な作品を数多く書いていることはあまり知られていないかもしれません。この「手」という作品を知ったのは、小説ではなく、ラジオドラマでした。  この作品も、予審判事がみんなに不思議.. » more

 「水いらず」は短編集「壁」に入っている作品ですが、至って単純なストーリーであり、女主人公のリュリュが、性的不能の夫の元を飛び出して、恋人のところに走るものの、また戻って来るというだけの話です。性的な.. » more

 人間の存在は事物の存在とは根本的に違うということにサルトルは思い至りました。そのことを「実存は本質に先立つ」という言い方で彼は言っています。これを椅子という例で言いますと、椅子がどういう形をして、何.. » more

 サルトルは1905年にパリで生まれました。高等師範学校を出ると、教授資格を取り、高等中学校で教えました。36年に「想像力」という哲学書を出版し、翌年に短編小説「壁」を雑誌に掲載し、さらにその翌年に小.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7    次のページ

テーマのトップに戻る