誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古典

古典

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古典」のブログを一覧表示!「古典」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古典」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古典」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(9) 盗人呼ばわりされた競泳の選手の話題が出たと思ったら、今度は高校生がサッカーに行った隣国で万引きを働いたという話題が出てきまして、こちらは不名誉極まりないケースでありまして、困ったものであります。我が家に昔、泥棒が入ったことがありまして、こい ... » more
テーマ 植物 古典 季節

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(8) もう春が来るなんて信じられないわけで、まだまだ冬であります。まだまだ紅茶を飲んであったまるのがうれしいのであります。トワイニングのオレンジペコを飲んでいるんですが、安売りのスーパーで袋入りの茶葉がものすごく安かったので、それをオレンジペコの ... » more
テーマ 古典 季節 生き物

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(6) いやはや、寒いこと寒いこと。本日の最高気温は、このままだと午前2時と3時に記録した7・1度でありまして、最低気温は午前10時の0・8度だったのであります。午後9時を回ってようやく3度まで上昇したような有様でありまして、真冬並みの寒さとニュー ... » more
テーマ 植物 古典 季節

丹生川郷下村通信杉苔の朔
杉苔の朔 杉苔(スギゴケ)の朔(さく;胞子嚢)。軽トラ用カーポート脇。沈丁花(じんちょうげ)の花期も終わりに近づいた。赤つぼみの沈丁花の落花。こちらは椿(つばき)と白つぼみジンチョウゲ花の落花。隣家の石楠花(シャクナゲ)が突然 ... » more
テーマ 植物 古典 万葉集

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(5) 気にしているのは、松尾芭蕉『奥の細道』の第二番目の句「行く春や鳥啼魚の目は泪」と言う句でありまして、ここの「魚の目」は、単に魚類の目の部分を指すだけなのかどうかということであります。二句目と三句目にまたがっておりまして、従来の解釈は、鳥と魚 ... » more
テーマ 植物 古典 季節

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(4) 本日から三日間、最高気温が12度くらいと予報が出まして、明日明後日の最低気温はかろうじて氷点下を免れるくらいのようです。真冬に逆戻りでありまして、そう来たかと言うような天気でありましょう。今さらダウンコートを引っ張り出せないという人は、寒い ... » more
テーマ 植物 古典 季節

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(2) 長く生きていれば、魚の目というのは誰しもできるものでありますが、角質化した皮膚でありまして、誰もが一度や二度はナイフで削るということに挑戦するもののようであります。もちろん失敗すれば血が出たりすることでしょうけれども、案外失敗しないものであ ... » more
テーマ 植物 古典 季節

The corn is not soft,but indurated.魚の目は硬い(1) 大塚家具のお家騒動から、どういう連想なのかは自分でも分かりませんけれども、かわいい子には旅をさせよと言う諺が浮かびまして、あれこれ考えているうちに、旅と言うものの性質が変わりまして、諺が想定しているのは、艱難辛苦のつきまとうものが旅なのに、 ... » more
テーマ 植物 古典 季節

Spare the rod and spoil the child.子には鞭。(9) 「かわいい子には旅をさせよ」という諺(ことわざ)を考えているんですが、この諺は現代では通用しないという結論に達しました。江戸時代の末、信濃の国柏原の百姓の子である小林一茶は、継母との折り合いが悪く、実の父親によって江戸の奉公に出されてしまい ... » more
テーマ 植物 古典 季節

今日はブログのサイトのメインテナンスがあるみたいだから、さっさとブログも終了させましょうかね。一昨日、かなり早いけど、桜花賞の予想してさ。まだ、予想した馬が出てくるかどうかもわからないけどね。桜花賞とか皐月賞と言 ... » more

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(25) 25名にし負はば人に知らせで食ふもなか餡によく合ふ実(さね)のくるみが(通釈)人から最中をもらったよ。こいつは、よく練られたあんこの中に、ほんとに見事にマッチしたクルミの実の食感が味わえる逸品であるけれども、その名を聞けば誰もが食い ... » more
テーマ 植物 古典 歌謡曲

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(24) 24この度はとりあへず芽吹く手向山庭の錦も神のまにまに(通釈)秋の紅葉の時期はいざ知らず、春を迎えた今回は、何の予兆もなく芽吹いて見せる(カエデの一種の)タムケヤマ、この春の庭の素敵な錦も、秋と同様に神意に叶うように幣として手向けさ ... » more
テーマ 植物 古典 生活

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(23) 23月みれば千里ひとりが悲しがる燕子楼なるめんめんの夜(えんしろう)(通釈)月を眺めると、万人がしんみりと思いに浸るものなのに、大江千里は自分ばかりが悲しいとばかりに歌を詠む。それもこれも、徐州の燕子楼で亡くなった張尚書を偲んで ... » more
テーマ 植物 古典 生活

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(22) 22教へたらばあらしと読まむ山風を嘘吹くからに我もしをるる(通釈)山風を、「嵐」と書いて「あらし」と読みますよと、そう強引に教えたなら、そりゃあ誰だって、「嵐」を「あらし」と読むでしょう。よって、ひねくれ者の私も右習えして「嵐」を「 ... » more
テーマ 植物 古典 生活

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(21) 21今行くと有明までも待たせけりこは長月の秋の夜長に(通釈)あの人ったら、すぐに行くよってLINEしてきたけれど、夜明けまで私のことを待たせるなんて、ひどいわ。それもよりによって、九月になって夕暮れが早くなり、夜明けも遅いこの秋の夜 ... » more
テーマ 植物 古典

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(19) 19難波潟葦の丈ほど逢ひたくて今度の予定が合はで悲しき(通釈)難波潟に一面に広がる葦の、伸びに伸びて長くなるだけなったその背丈のすごいことよ。その葦の丈ほど、きりも限りもなくあなたに逢いたく思っているので、次に会う日取りがうまく取れ ... » more
テーマ 植物 古典 歌謡曲

今日は火曜日だから、書く事そんなに考えてないけどさ。あぁ、そう言えば、昨日、NHKの「クローズアップ現代」で川柳についてやっていたね。「川柳ブーム」なんだっけ??確かに「サラリーマン川柳」「シルバー川柳」「女子会川柳」「おた ... » more

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(18) 18岸に寄る波さへ避くる通ひ人ひと目逢ひたや夢の中でも(通釈)岸に打ち寄せる波、いいじゃないの濡れたって、押したり引いたり恋の駆け引きばかりしているあなたは、まるで私の恋を注意深くはぐらかすように、きっと住吉海岸の波だって上手に避け ... » more
テーマ 植物 古典 記憶

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(17) 17近ごろはから紅の竜田川グーグルなんて見ずにすまさむ(通釈)神代の時代のことはともかく、近ごろは真っ赤に水が染まったという竜田川であるけれども、本当かどうか、嘘っぱちなんじゃないかなどと疑ったりせずに、素直に在原業平の言うことを信 ... » more
テーマ 植物 古典 記憶

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(16) 16因幡の山まつとし聞かば立ち出でず毎日見ねばさびしかるべし(通釈)因幡の国の国府の館から見えるという因幡の山、その因幡の国にもし行くとしたなら、因幡山の松ではないが、誰かが私の帰りを今日で待つなんて聞かされたら、とてもじゃないが出 ... » more
テーマ 植物 古典 生活

Snow is pretty rare in this area.ここにも雪(15) ひょっとして13日の金曜日と言うのは本日でありましょうか。昔からあれこれ聞かされる日付と曜日の組み合わせでありますけれども、どうやら日本はそうした文化の圏外でありまして、特にどうと言うこともないようです。金曜日と言う概念が近代になってやって ... » more

今日は特別、書く事は決めてないけどさ。いつかしたいと思っていた、昔、通信教育やカルチャースクールで習った、短歌・俳句・川柳のうち、川柳について、少し話をさせてください。短歌・俳句に比べ、川柳は3番手的な扱いですが ... » more

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(15) 15我が為に若菜摘む君袖に雪あたためてあげるあとでその手を(通釈)愛する私のために、わざわざ自分で庭におりて若菜を摘んでくれるあなたのやさしさが大好きよ。その袖に雪がちらついているけれど、(老いたあなたの頭も白髪で真白、まるで雪が降 ... » more
テーマ 植物 気象 古典

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(14) 14しのぶ恋乱れさせたはそなたなりわれこそとほる奥の細道(通釈)人目を忍ぶ大人の恋だったのに、いつの間にか私はそなたのとりこになってしまった。いやはや、手練手管にたけている私の方が恋に落ちて、今や夢中ではないか。ここまで私を乱れさせ ... » more
テーマ 植物 古典 テレビ

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(13) 13筑波嶺は落つるほどある恋の山不治の病にはまりぬるかな(通釈)筑波嶺は、男体山と女体山がラブラブで、漏れ落ちるほど愛のある恋の山である。草津の湯でも治らないという不治の病に、しっかりはまり込んだことよ。(語釈)○筑波嶺…… ... » more
テーマ 植物 古典 記憶

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(12) 12吹かぬなら我こそ乙女とどめばやしばし忘れよ天の羽衣(通釈)五節の舞姫を返さぬように雲を閉じる風が吹かないなら、この私めが自らその舞姫たちをとどめようではありませんか。天女のような舞姫たちよ、天女が天の羽衣を忘れて天に戻れないよう ... » more
テーマ 植物 古典 記憶

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(11) 11漕ぎ出でぬは人には告ぐな海人の舟ただ乗せられて目指す隠岐国(わたの原もろこしかけて漕ぎ出でずと院には告ぐな遣唐大使)(通釈)私は都の貴族であるからして、自分で舟を漕ぐなんてするわけもない。よって自分で漕いで舟を出していないこ ... » more
テーマ 植物 古典 生活

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(10) 10これやこの行くも帰るも見当たらず無事かどうかも白河の関(これやこれや逢坂の関知るも行く別れて帰るさらばさらばと)(通釈)これこそが白河の関と言うものだ。みちのくの奥に行く人もなく、みちのくから大和へと帰る人もない。人っ子一人 ... » more
テーマ 植物 気象 古典

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(9) 9花の身をながめする間に振る男よに移り気の種は尽きまじ(通釈)桜の花のように容姿端麗な女性を、その女性がキャリアを積もうとあれこれあくせく苦心勉励する間に、よそのろくでなしの不器量な軽い女にうつつを抜かして降ってしまうチャラい男がい ... » more
テーマ 植物 気象 古典

Anthology of parody poems.もぢり百人一首(8) 8宇治山のいぬゐは都人ぞ住む大内山と我も言ふなり(宇治山は都のたつみうまの刻腹が空いたと我は言ふなり)(通釈)私の住む宇治山の乾の方角すなわち北西は(言うまでもなく)花の都であるが、その都には、宇治山と違ってわんさか人が住む、貴 ... » more
テーマ 植物 古典 歌謡曲

 

最終更新日: 2018/07/04 00:04

「古典」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る