誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シューベルト

シューベルト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シューベルト」のブログを一覧表示!「シューベルト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シューベルト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シューベルト」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

クレーメル&アファナシェフ シューベルト「ヴァイオリン作品集」 「4月15日「勝手にヴァイオリンの日」(協奏曲でも独奏曲、ソナタでも可)」について今日4月15日は、garjyuさん、miwaplanさん、ダンベルドアさんのお三方による「勝手にヴァイオリンの日」です。ぼくはちょうど昨日パールマンのベー ... » more

シューベルト ピアノソナタ第21番 / ブレンデル (365枚棚卸 84) 2006年3月25日はこの曲のCDを紹介↓いたしました。http://garjyu.at.webry.info/200603/article_35.html一見、知情意のバランスの取れた中庸のピアニストとみえるブレンデル ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト ブレンデル

シューベルトの連作歌曲集「白鳥の歌」を聴いてみた。演奏はディートリヒ・フィッシャー=ディスカウ(バリトン)とジェラルド・ムーア(ピアノ)で、1972年3月のDGへの録音である。周知のように「白鳥の歌」は、シューベルトの死後、出版社が ... » more

ケンプのシューベルト「ピアノ・ソナタ第21番」 シューベルトのピアノ・ソナタは、ぼくがクラシックを聞き始めた1970年代や80年代前半はあまり注目されていなかった。シューベルトのピアノ曲というと「即興曲」やピアノ曲集「楽興の時」のような小曲の方がずっと人気曲だったと思う。今日のようにソナ ... » more

ホッターのシューベルト「冬の旅」 今日は寒い1日だった。やはり1月下旬から2月中旬までは一年に寒い季節だ。このような日にふさわしい音楽をと思い、シューベルトの連作歌曲集「冬の旅」を聴いてみた。演奏は、ハンス・ホッター(バリトン)とエリック・ヴェルバ(ピアノ)で、19 ... » more

アルフレッド・ブレンデルの演奏するシューベルトのピアノ・ソナタ第13番イ長調D664を聴いてみた。録音は1982年3月である。シューベルトのピアノ・ソナタ第4番D537が併録されている。ピアノ・ソナタ第13番は、シューベルトのすべて ... » more

鬱々とした世界を優しく歌いこんでいます。1. おやすみ2. 風見の旗3. 凍った涙4. かじかみ5. 菩提樹6. あふれる涙7. 川の上で8. かえりみ9. 鬼火10.休息11.春の夢12 ... » more

この季節になると、毎年シューベルト の 『 冬の旅 』 をラックから取り出してしまう・・・シューベルト というとリート・・・ぼくが小学生の頃は、父がよく唄っていました。 但し、ドイツ語ではなく英語で、「 菩提樹 」 や 「 郵便馬車 」 「 ... » more

アルフレッド・ブレンデルの演奏するシューベルトのピアノ・ソナタ第16番イ短調D845を聴いてみた。「3つの小品」D946が併録されている。1987年9月の録音である。この間、ブレンデルの演奏するシューベルトのピアノ・ソナタ第18番を聴いて感 ... » more

シューベルト 弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」 最近自分の好きな弦楽四重奏をあまり聴いていなかった。それでシューベルトの弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」D804を聴いてみた。シューベルトの弦楽四重奏曲というと、第14番「死と乙女」が最も人気が高いようだが、ぼくはその前後の第13番と第1 ... » more

シューベルト ピアノソナタ第16番 / メジューエワ (“のだめ”を聴く3) 哀しいのか、怒っているのか、嬉しいのか・・不思議な手触りを持った音楽です。メジューエワは、とても清潔な音で、この曲のありのままを示しているようです。何度も書いていますが、“のだめカンタービレ”はビデオ(というかPCのビデ ... » more

シューベルトの「ピアノ・ソナタ第18番ト長調D894を聴いてみた。演奏はアレフレッド・ブレンデル、1988年3月の録音である。この曲は「幻想」という仇名で呼ばれているようだが、これはベートーヴェンの「運命」と同様日本だけの仇名だと思う。ぼく ... » more

前回も書いたとおり、のだめは4日おくれで録画したものをパソコン画面でみてます。いやあ、段々面白く(最初から面白かったんですが。)なってきました。千秋に追いつくためにピアノに真剣に取り組みコンクール優勝を目指すのだめ。第1次予 ... » more

歌に満ちた祈り・・。Ruth Ziesak (Soprano)Jard Van Nes (Alto)Hebert Lippert (Tenor)Wolfgang Bunten (Tenor)Andreas Schmi ... » more

ジュリーニ&シカゴ響のコンビだからこそ成しえた、偉大な交響曲の真に偉大な演奏。昨晩も書きましたが、ジュリーニとシカゴ響の共演によるアルバムにひとつの駄作もありません。その中でも、色々な作曲家の第9交響曲(各作曲家の9番目の交響曲)の ... » more

歌に満ちた《未完成》の大名演。言葉を失うくらい美しい演奏です。第1楽章の、地の底からわきあがってくる低弦の序奏から、歌に満ちた美しい“歌”の連続です。弦楽器のふくよかさは言うまでもなく、木管楽器の響き、ホルンの一吹き・・一音 ... » more

こんなにも厳しい曲の、張り詰めた、しかも美しい演奏。“こんなもの”をずっと聴いていたら、人間どうにかなってしまうかもしれません。これは、アルバン・ベルクの音に潤いがある(流石ウィーンの弦)がゆえに許され得るのですが、それを差し引いて ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト アルバン・ベルク四重奏団  コメント(4) トラックバック(2)

シューベルトの若やぎ。クライバーとウィーンフィルが組めばこれを的確に示してくれるのは当たり前といえば当たり前。でも、クライバーが振ったこの演奏がなかったら、私、この曲自体を聴かないで一生を過ごしていたかもしれませんね。クライバーには、“この ... » more

明日からは気温が上がりそう。涼しいうちに好みの曲をチェック。シューベルトの「ソナチネニ長調D.384、イ短調D.385、ト短調D.408op.137-1,2,3」と「幻想曲ハ長調D.934op.159」。・オークレール(ヴ ... » more
テーマ オークレール クラシック シューベルト

初期のシューベルトの交響曲と侮ってはいけません。絶頂期のジュリーニがシカゴ響と演奏すれば“大交響曲”になります。はじめにピリオド系でこの曲で接せられた方がこの演奏を聴くと面食らうかもしれません。でも、この充実した響き、腰の据わった構 ... » more

わずか18歳時に作曲された曲とのことだが、私にはとてもそうとは思えない。だが、甘いメロディーはいかにもシューベルトを感じる。なぜ、そのような曲を知ったか。→まとめて東独系録音の廉価盤が出ていたせいでもあるが。・シューベルトミ ... » more
テーマ シューベルト ケーゲル CD

ブレンデルのピアノ、『中庸の美徳』という言葉を思い起こさせます。その風貌どおり、このブレンデルというピアニスト、“知性派”、“穏健派”というイメージそのものですかね。繰り返しをすると20分近くになってしまうこの異形のピアノソナタ ... » more

ペーター・シュライヤーとオーストリアのクラシック・ギタリストのコンラート・ラゴスニックによる、ギター伴奏によるシューベルトの『美しき水車屋の娘』の演奏がある。最初に聴いたのは1979年頃、ザルツブルク音楽祭のライブをFM ... » more

昨日はまた書きませんでした。一日中、ネットRPGをやっていたので(爆)。というわけで、二日分まとめてです。しかも、またお昼なのに「今朝の」一曲。午前中もずっとネットRPGをやっていたので(爆)。では、昨日(200 ... » more

シューベルト シューベルト、フランツ(1797-1828)(参考曲)ピアノソナタ第21番変ロ長調シューマンが交響曲第8番「ザ・グレート」を指して「天国的な長さ」と誉めたことがある。シューベルトにはソナタ形式を取り挙げるとやたらと展開して ... » more
テーマ コヴァセヴィッチ クラシック音楽 シューベルト

生きている証明書     雨の夜の一曲
難しい選曲になります。小型の台風ならベートーベン「田園」もいいですが、今夜はタイトルと雨を離れてみましょう。シューベルトにピアノ五重奏曲「鱒」という名曲があります。非常に長い曲で、歌曲の「鱒」が人気を博し、五重奏への編曲の依頼があったので作 ... » more

 

最終更新日: 2019/01/27 21:01

「シューベルト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る