誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シューベルト

シューベルト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シューベルト」のブログを一覧表示!「シューベルト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シューベルト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シューベルト」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

今日はロサリン・テュレックのピアノでバッハ:ゴルトベルク変奏曲。ゴルトベルクは何度聴いても飽きないもので、ここまでくるとゴルトベルク中毒といっていい。グールドの2種類、レオンハルト2種類、リヒターのライヴ盤・・・、所有盤数は少ないものの ... » more

今日は愛知県豊川市へ行ってきました。火曜日に引き続き合唱団の演奏会の宣伝へ、豊川の合唱団の練習場にお邪魔してきました。他の合唱団の雰囲気を感じるのは好きです。宣伝として効果的なトークができたかはかなり怪しいですが。(苦笑) ... » more

シューベルト:歌曲集「冬の旅」ヘルマン・プライ:バリトンフィリップ・ビアンコーニ:ピアノ(1984年録音)カミサンの実家(新潟)から笹ダンゴとチマキがクール便で送られてきました。先週金曜日に私が急に「 ... » more
テーマ シューベルト 独墺もの

ケンプのシューベルト「ピアノ・ソナタ第17番」 シューベルトのピアノ・ソナタ第17番ニ長調D850。この曲はシューベルトのピアノ・ソナタの中でも今ひとつ注目されていないのではないでしょうか。ウィルヘルム・ケンプのようにシューベルトのピアノ・ソナタ全集を完成させたピアニスト、アルフ ... » more

シューベルト/弦楽四重奏曲『死と少女』 27.弦楽四重奏曲第14番『死と乙女』シューベルトの1000曲余りあるという作品のなかでも、『未完成』とならんでもっとも激しい表現に到達したものと言えるだろう。運命の激しさと、破滅と死の甘美さが渾然となって聴くものまでも、闇の世界へ ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト アマデウスQ

このような曲は気のあった者どおしが弾くということなので、私のような弾けないものには縁がが無いはずだった。俵孝太郎氏の「CDちょっと凝りやの楽しみ方」という本を手に入れたおかげで、入手ということになった。静岡のBookoffが開店したころ ... » more
テーマ デムス ピアノ連弾 シューベルト

シューベルト/ピアノ五重奏曲『鱒』 26.ピアノ五重奏曲『ます』曇りのない上機嫌の音楽。これほど無邪気にはしゃいでいる音楽はなかなかない。この境地を、いつも死と仲良くしていたシューベルトが探り当てるのだから、人の心は分からない。モーツァルトの世界は明るく愉しいときもど ... » more

シューベルトのピアノ曲なら、即興曲 作品90が弾けるようになりたい。とりかかりは、第2曲目。流れるようなメロディを弾いてみたい・・と思い、背伸びした選曲の結果、3ヶ月もかかって、ようやく前半の譜読みが終わった。「即興曲作 ... » more

シューベルト/楽興の時の演奏比較 (25)楽興の時子どもの頃、日曜の朝のNHKラジオの番組のテーマ曲が、第3番だった。それ以来、親しい気持ちを抱きつづけている曲。この第3番の可愛らしさに惹かれて聴くと、とくに後半の曲の激しさ重苦しさに戸惑ってしまう。天才の頭に過る楽 ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト ギレリス

シューベルト/ピアノソナタ第21番の演奏比較 24.ピアノソナタ第21番変ロ長調かつて、シューベルトのピアノソナタは無駄に長くて駄作揃いと考えられ、あまり顧みられなかった。晩年の3連作よりもむしろ中期のイ長調やイ短調が『さすらい人』などとともによく取り上げられていた。その状 ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト エッシェンバッハ

ビールを呑みに行く神保町“L”の店内には、低い音でクラシックが流れている。普通は雑誌や本を読みながら呑んでいるので聞き流しているのだが、ある日、このところ聴き慣れたピアノ曲が始まって、おやと思った。シューベルトのピアノ・ ... » more

シューベルト/交響曲第7(8)番「未完成」の演奏比較 シューベルト23.交響曲第7番『未完成』ベートーヴェンが社会に向かって大言壮語したのにくらべて、シューベルトは個人的な情緒の世界を虫眼鏡でおおげさに拡大してみせた。すべての曲に個人的なレベルの喜びや悲しみが正直に綴られている ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト シノーポリ

今回はシューベルトの弦楽四重奏です。ちと地味めに(笑)、13番「ロザムンデ」です。シューベルトの四重奏というと、うぐいすは圧倒的に14番「死と乙女」が有名、という印象があります。まあ、自分が割りと好きだから、というのもあるん ... » more

今回はシューベルトのピアノ三重奏曲です。以前、弦楽五重奏曲の感想のときにも書いたのですが、シューベルトの室内楽は嫌いではないのです。頻繁に聴かないだけなので(笑)。でも、このピアノ三重奏曲は弦楽五重奏曲よりもよく聴きますね。以前 ... » more

今年のGWの「熱狂の日」のプログラムが公開されましたね。http://www.t-i-forum.co.jp/lfj_2008/「シューベルトとウィーン」シューベルト以外にもベートーヴェンやバッハ、モーツァルトもあります ... » more

やっと娘の学校が始まり、カミサンも仕事場へ。私は昨年末面接を受けた企業から、いまだに連絡なし。1週間後に合否の連絡をすると言われたまま年を越してしまいました。会社と言うのは締め切りを破るところだったのでしょうか?モー ... » more

(画像をクリックするとタワレコでお買い物が出来ます。全集)交響曲第2番変ロ長調D.125コリン・デイヴィス指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1996年録音?)RCA Victor Red Seal82 ... » more

求職した企業から書類が返送されてきました。書類選考で落とされました〜。まあ、来週は別の企業の面接が入っているのでそっちに集中できますが。。。ただ、落ちるとやっぱり凹みます。ちょっとダークにさすらいたくなっております。さす ... » more

LP時代の「幻の交響曲」ってデータしか頭になかったわ。ハ長調のでかい方のやつと同一ということで決着が付いてたんだって昨日知りました。そうだったんですか。はあ。しゅーまんのばかやろー↓でもまだ「9番」っつってる ... » more

またこのところゴタゴタしてまして、しばらく間が空きました。今回は珍しく歌曲です。なぜか、以前にブログで苦手といっていたシューベルトです。しかもよりによって(笑)「冬の旅」です。なぜか目に入ったので、実に久しぶりに聴いてみたのです ... » more

今日10月15日は「勝手にシカゴ響の日」です。ぼくがクラシックを聞くようになったのは1970年代後半からですが、当時のシカゴ響の音楽監督はゲオルグ・ショルティでした。そして当時ぼくは、このショルティ&シカゴ響のコンビが機械的な演奏に思え、好 ... » more

大好きと音楽としあわせとmaria
とーっても懐かしくなる時、ありませんか?そんな時は、さなは何故か『アヴェ・マリア』(シューベルト)を聴いています。久しぶりに高校の体育祭へ行きました。そのときは精一杯楽しむのですが、じわ〜っと懐かしくなり ... » more
テーマ シューベルト

ここの文章と写真を眺めていての、ふとした素人の思いつきである。ドイツには公娼制度があって、その一つの建物の入口の文句が……“Sie kommen als Fremder und gehen als Freund”…ここへ ... » more

そろそろ、のっそりと更新していきたいと思います。シューベルト、第1番は『野ばら』にしたいと思います。馴染みやすい曲ですね。さなが初めて聞いたのは、クマのぬいぐるみです。シンバルか、太鼓かを持っ ... » more
テーマ シューベルト

今回はシューベルトの弦楽五重奏曲についてです。久しぶりにCD棚を堀り返していたら、これが目にとまったので久しぶりに聴いてみたのです。いやあ、これってなかなかの大作で、全部聴くと50分強かかってしまいますので、なかなか手に取ろうと ... » more

今日も暑い。暑いので外出は最小限にして、夕方涼しくなって活動開始。ブックオフに読まない本を売りに行ってきました。行きつけの近所のブックオフに行ったら、今月末で閉店するので買い取りは受け付けないとのこと。別の店舗ならやって ... » more
テーマ 雑談 シューベルト 独墺もの  コメント(2)

ブレンデルのシューベルト「ます」 昨日ブログに雨が降ったり止んだりでなかなか梅雨が明けないと書いたばかりなのに、今日は快晴に恵まれた。首都圏はまだだが、近畿以西の地方は梅雨明けが宣言されたようだ。さて本格的な夏の到来にぴったりなのが、このシューベルトのピアノ五重 ... » more

ハンガリーSQのシューベルト「弦楽四重奏曲第15番」 シューベルトの弦楽四重奏曲第15番D887。シューベルトの死の年に完成された、彼の最後の弦楽四重奏曲である。この曲は第14番「死と乙女」はもちろん、第13番「ロザムンデ」よりも知名度は低い。しかし、実はシューベルトの全ての弦楽四重奏 ... » more

シューベルト:交響曲第8(9)番「ザ・グレイト」フランツ・コンヴィチュニー指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1962年録音)最近はいつも朝5時起きです。今朝も他の家族よりも早く起きてコーヒーを飲み ... » more

シューベルト 交響曲第4番《悲劇的》/ ジュリーニ シカゴ交響楽団(365枚棚卸 155) 2006年6月4日には掲題曲のCDを紹介↓致しました。http://garjyu.at.webry.info/200606/article_4.htmlこれもLP時代(LPでは《未完成》と表裏だったのですが)からの愛聴盤でし ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト ジュリーニ

 

最終更新日: 2019/01/27 21:01

「シューベルト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る