誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シューベルト

シューベルト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シューベルト」のブログを一覧表示!「シューベルト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シューベルト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シューベルト」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

シューベルトのピアノソナタ第20番を聞きました。CDは、先日届いたアラウ盤です。この曲は、第19番・第21番とともに、シューベルトの死の数週間前に完成された三部作のような作品です。CDの解説によれば、第19番は、ベートーヴェンの影響がシ ... » more

シューベルトのアルペジオーネ・ソナタを聞きました。CDは、ノラス盤です。この曲は、名前の通り、アルペジオーネという楽器のために作曲されたのですが、現在はほとんど使われていないので、チェロ・ギター・ヴィオラなどで演奏されます。ノラスは、チ ... » more

叙話§ラドゥ・ルプーのシューベルト このところ家ではラドゥ・ルプーが弾くシューベルトのピアノ・ソナタばかり聴いている。何というか、聴いていてしっくりし過ぎるくらいなのだ。第13番 A-Dur D664がそれである。それは、モーツァルトとは違う、ベートーヴェ ... » more

東京・春・音楽祭千秋楽前日だった先週の土曜日、ソプラノのソフィー・ダヌマンとテナーのイアン・ボストリッジが歌うシューマンの歌曲を聴いた。ピアノ伴奏はジュリアス・ドレイク。プログラムは以下の通りで盛り沢山。聴き知った曲は、ミル ... » more

ランナーの一休みピリスを聴く
ピリスを聴く 憧れ?の、アリア・ジョアン・ピリスのピアノ・リサイタルを聴いた。数年前にチェロとのデュオをチケットを入手していながら所用で聴き逃していた。会えなかった恋人にやっと会うような気持だった。そして彼女はその期待を裏 ... » more
テーマ ピリス クラシック シューベルト

鍵話§内田光子ピアノ・リサイタル 三連休中日の日曜日、今にも泣き出しそうな空の下をサントリーホールに向かった。内田光子のピアノ・リサイタルである。プログラムは以下のようなもの。モーツァルト:ピアノ・ソナタ F-Dur K.332モーツァルト:アダージョ ... » more

今日の夜はサントリーホールで内田光子のピアノを聴くことにしている。プログラムは、モーツァルトに始まってシューマンとシューベルト。前回聴いたのはちょうど2年前のことで、曲こそ違えモーツァルト、シューマン、シューベルトという ... » more

三連休の初日、武蔵野までカウンター・テナーのアンドレアス・ショルが歌うドイツリートを聴いてきた。レパートリーを広げていこうというショルの意欲的な試みである。プログラムは、ハイドンに始まり、シューベルト、ブラームス、モーツ ... » more

シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」を聞きました。CDは、レヴァイン他盤です。わたしは、室内楽はあまりピンと来ない曲が多いので、まだそれほど聞いていません。「まだ」というのは、これからはもっと聞いていきたいという気持ちがあるからです。し ... » more

シューベルトの弦楽四重奏第14番「死と乙女」を聞きました。CDは、ハーゲン四重奏団盤です。この曲は、第2楽章で、以前に作曲した歌曲「死と乙女」のピアノ伴奏パートを主題とする変奏がとりいれられているので、この名前がつきました。4楽章とも短 ... » more

シューベルトの軍隊行進曲を聞きました。CDは、オーマンディ盤です。この曲は、ピアノの連弾曲として作曲されました。3曲からなりますが、第1番がとりわけ有名で、シューベルトの軍隊行進曲といえば、普通この第1番をさします。オーマンディ盤は ... » more

シューベルトの2つのトリオをもつドイツ舞曲と2つのレントラーを聞きました。CDは、ピリス/セルメット盤です。この曲のことは、知りませんでしたが、軍隊行進曲がほしいと思って手に入れたピリス/セルメット盤の最後に入っていました。とくに期待も ... » more

シューベルトの2曲のロンド(D.608・D.951)を聞きました。CDは、ピリス/セルメット盤です。2曲とも連弾曲で、ロンドということもあって楽しい曲です。D.608は、軽やかにそして華やかに始まります。D.951は、シューベルトの死の ... » more

シューベルトの幻想曲を聞きました。CDは、ピリス/セルメット盤です。この曲は、シューベルトの最後の年である1828年に作曲されたピアノ連弾曲です。シューベルトの四手のためのピアノ曲のなかの最後を飾る大作で、楽章はわかれていませんが、切れ ... » more

シューベルトの軍隊行進曲を聞きました。CDは、ピリス/セルメット盤です。3つの軍隊行進曲といわれるように、シューベルトの軍隊行進曲は3曲あります。そのなかでも第1番がとりわけ有名で、シューベルトの軍隊行進曲といえば、普通この第1番をさし ... » more

先日、NHKのEテレのクラシック番組を観ていたら、シューベルトの「即興曲」が流れてきて、思わず聴き入ってしまった。かつては毎日のように聴いていたシューベルト「即興曲」だが、実に久しぶりで聴いた。シューベルト(1797−1828)は歌 ... » more

即話§シューベルト最後のピアノ・ソナタ 春分の日の午後遅く、特にすることもなかったので、シューベルトが書いた最後のピアノ・ソナタ3曲をまとめて聴いた。ピアノ・ソナタ第19番 c-moll D.958ピアノ・ソナタ第20番 A-Dur D.959ピアノ・ソナタ第 ... » more

シュトルムのみずうみグレイトに戻る
すごろくで、「ふりだしに戻る」というのがありますが、生まれてから、「交響曲」なるものをきいて一番感動したのはベートーベン5番ですが、大好きになったのはシューベルトの「グレイト」です。8番か9番か、それにシューベルト自 ... » more
テーマ ジェフリー・テイト クラシック シューベルト

僕話§マウロ・ペーター『水車屋の娘』 1月28日に武蔵野市民会館小ホールで、1987年生まれの若手テナー歌手マウロ・ペーターが歌うシューベルトの『美しき水車屋の娘』全曲を聴いてきた。26歳という年齢の歌手に円熟という言葉は必要なく、同世代の水車職人と化し ... » more

シューベルトの歌曲集を聞きました。CDは、フィッシャー=ディースカウ盤です。わたしは、「魔王」が聞きたくてこのCDを買いました。いま、こういった歌曲集はあまり人気がないようで、「魔王」を収録した歌曲集で手ごろなものは、このCD以外に選択 ... » more

こりゃ楽しいワイ。シューベルト 交響曲第9番《ザ・グレート》 / カラヤン ベルリンフィル 当時の指揮界の“帝王”とトップオーケストラが、この大曲を、余裕綽々で演奏しちゃってます。シューベルト交響曲第9番ロ短調《ザ・グレート》 D944ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヘルベルト・フォン・カラヤン ... » more

必要十分以上。シューベルト交響曲第8番《未完成》 / ブロムシュテット シュターツカペレ・ドレスデン 素直な演奏が曲の深遠な魅力を余すことなく表しています。シューベルト交響曲第8番ロ短調 《未完成》D759シュターツカペレ・ドレスデンヘルベルト・ブロムシュテットルカ教会、ドレスデン1978年2月 ... » more
テーマ ブロムシュテット クラシック音楽 シューベルト

快速快調。シューベルト 交響曲第6番 / ムーティ ウィーンフィル ベートーヴェン+ロッシーニな交響曲?若きムーティ、颯爽と世界の名器をドライブしています。シューベルト交響曲第6番 ハ長調D589ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団リッカルド・ムーティムジークフェライン、ウ ... » more
テーマ ムーティ クラシック音楽 シューベルト

巨匠の余技? シューベルト 交響曲第5番 / バーンスタイン アムステルダム・コンセルトヘボウ 爽やかだけれどもコクもあって・・。シューベルト交響曲第5番変ロ長調 D485アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団レナード・バーンスタインコンセルトヘボウ、アムステルダム1987年6月シ ... » more

フレッシュな悲劇。シューベルト 交響曲第4番《悲劇的》/ ジュリーニ ニュー・フィルハーモニア シューベルトの“運命”。この曲(の題名?)に期待する苦悩と鬱屈、それに立ち向かう若さと気力を感じさせる理想の演奏と言えるでしょう。 シューベルト交響曲第4番ハ短調《悲劇的》D417ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 ... » more
テーマ クラシック音楽 シューベルト ジュリーニ

充実の響き。シューベルト 交響曲第3番 / ブロムシュテット シュターツカペレ・ドレスデン オケの魅力全開。一聴、魅了されました。 シューベルト交響曲第3番ニ長調D200シュターツカペレ・ドレスデンヘルベルト・ブロムシュテットルカ教会、ドレスデン1978年2月シューベルトの交響曲シリ ... » more
テーマ ブロムシュテット クラシック音楽 シューベルト

青春の息吹。シューベルト 交響曲第2番 / インマゼール アニマ・エテルナ この曲はなかなか拾い物。とても楽しく聴きました。 シューベルト交響曲第2番変ロ長調 D125アニマ・エテルナジョス・ファン・インマゼール ティルブルヒ・コンサート・ホール、オランダ 1997年1月 ... » more
テーマ インマゼール クラシック音楽 シューベルト

若さ爆発。 シューベルト 交響曲第1番 / インマゼール アニマ・エテルナ 古典派プラスアルファのカッチョ良さ。シューベルト交響曲第1番ニ長調 D82アニマ・エテルナジョス・ファン・インマゼール ティルブルヒ・コンサート・ホール、オランダ 1996年12月誰も読ん ... » more
テーマ インマゼール クラシック音楽 シューベルト

シューベルトの交響曲第3番を聞きました。CDは、クライバー盤です。この曲は、シューベルトが18歳のときの作品です。わずか18歳という気もしますが、シューベルトは、31歳で亡くなっていますから、その生涯からすれば、早いとは言えないのかもし ... » more

シューベルトの歌曲集「冬の旅」を聞きました。CDは、プライ/サヴァリッシュ盤です。この曲集は、ミュラーの詩にシューベルトが曲をつけたもので、24の歌曲からできています。その歌曲全体としては、若者がさすらいの旅に出て、そのなかでさびしさや ... » more

 

最終更新日: 2019/01/27 21:01

「シューベルト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る