誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    リハビリテーション

リハビリテーション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「リハビリテーション」のブログを一覧表示!「リハビリテーション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「リハビリテーション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「リハビリテーション」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

講演@MARK STAR「認知症に対するリハ」 2019年8月25日(日)にウイリング横浜にてMAK STARさん主催の研修会が開催されます。テーマは「認知症に対するリハビリテーション〜基礎知識・行動観察とその解釈・アプローチまで〜」1日かけての講習なので ... » more
テーマ リハビリテーション 認知症 研修会・講演情報

≠上げる=上がる 認知症のある方の食事や離床や活動やADLとかなんでもいいけど「如何に上げるか」という視点で関わるのではなくて「能力を発揮しやすいような環境をどう作るか」という視点で関わるように考えています。ADLは上げるもの ... » more

松為信雄先生学習会・研修会のご案内 今年、最後のご案内になるかもしれませんが、2019年3がつに札幌で松為信雄先生の学習会・研修会が企画されています。興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。 ... » more

hiroの図書館「がん」と「働く」(再掲)
「がん」と「働く」(再掲) 9月8日に開催されます「がん」と「働く」のセミナーですが、まだ、残席がございます。興味のある方は、まだお申し込みが間に合いますので、ぜひ、ご参加ください。 ... » more

8月24、25日に札幌の北星学園大学で開催されます、日本職業リハビリテーション学会第46回北海道大会の事前登録期限が延長されました。8月6日(月)9:00までとなっております。予定をされていて、まだ、お申し込みをされていない方は、ぜひ、お申 ... » more
テーマ 学び リハビリテーション エンパワメント

今年は平成30年度ということもあるかもしれませんが、北海道で開催される学会等が多いですね。8月には件名の「日本職業リハビリテーション学会第46回北海道大会」が開催されます。前回の北海道開催が第35回大会でしたので、11年ぶりの開催です。 ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約第1条(3)」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値 ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約第1条(2)」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値 ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約第1条」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値に関す ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文」についてで、前文は終わりましたので、今回は第1条をついかします。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国 ... » more

「「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文...」の続きで、これで前文の全文です。と言ってもワンセンテンスなのですが。ふつうこういう条約の前文は締結に至った背景、経緯、目的を記述しているので、それなりに ... » more

「「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文修正」について」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文修正」の「続きです。ゆっくり進めていきます。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章 ... » more

「「奴隷制、奴隷取引並びに奴隷制類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文」について」を書いていて気が付いたのですが、slavary が「奴隷制度」と訳されています。これまで、奴隷制と訳してきました。制ですと、封建性のように必ずしもかっち ... » more

「奴隷制、奴隷取引並びに奴隷制類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文」の続きです。この条約の前文では世界人権宣言の前文の最終パラグラフと第4条が引用されています。英文と日本の外務省の訳した和文は次のとおりです Proc ... » more

「奴隷制、奴隷取引並びに奴隷制類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約」についての続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値に関 ... » more

「1926年の奴隷制(Slavary)条約」を補足する条約です。第二次大戦後結ばれました。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、(中略)以下のように合意した。人気blogランキング ... » more

「1926年のSlavary条約第7条」で実質的な部分の翻訳が終わりましたので、全体をまとめました。第8条から第12条は省略しています。1926年9月25日にジュネーブで署名され、第12条の規定に従い1927年3月9日に発効した。 ... » more

「1926年のSlavary条約第6条」の続きです。全体では12条ありますが、実質的な内容はここまでなので、これで翻訳を終わります。第7条締約国はこの条約の規定を実施するために発効させた法令を他の締約国と国際連盟事務局長に通知する。 ... » more

「1926年のSlavary条約第5条(3)」の続きで第6条です。刑罰、制裁などを課す国内法の整備に関する規定です。第6条現在この条約の目的に効果を与えるための法律や規則の違反を処罰する適当な規定が法律にない締約国は、そのような違反 ... » more

「1926年のSlavary条約第5条(2)」の続きです。今回で第5条は終わりです。第5条締約国は、義務的または強制的な労働に頼ることが由々しい結果をもたらすことを認識し、各締約国は、その主権、法的管轄権、保護権、宗主権、監督権の下 ... » more

「1926年のSlavary条約第5条(1)」の続きです。第5条では、奴隷ではないけれども労働を強制されるものを取り扱っています。第5条締約国は、義務的または強制的な労働に頼ることが由々しい結果をもたらすことを認識し、各締約 ... » more

「1926年のSlavary条約第4条」の続きです。第5条では、奴隷ではないけれども労働を強制されるものを取り扱っています。第5条締約国は、義務的または強制的な労働に頼ることが由々しい結果をもたらすことを認識し、各締約国は、その主権 ... » more

「1926年のSlavary条約第3条(3)」に続いて第4条です。第4条制約国は他の締約国に奴隷制と奴隷貿易の廃止を確保する目的で、すべての援助を与える。人気blogランキングでは「社会科学」の13位でした。今日も↓クリック ... » more

「1926年のSlavary条約第3条(2)」についての続きですが、3項は面白い規定です。このような規定が作られたのは、交渉の過程で各国の間にかなり大きな意見の差があり、話をまとめるため、妥協を重ねたためではないかと思われます。 ... » more

「1926年のSlavary条約第3条(1)」の続きです。第3条でちょっと面白いと思ったのは、この場には項がないことです。現在の日本の法律なら1項、2項、3項と番号を振るでしょう。第3条締約国は、その領海とそれぞれの国旗を掲げる ... » more

「Slavary条約第2条(2)」の続き。この条約は昭和元年にできた古い条約です。第3条締約国は、その領海とそれぞれの国旗を掲げる船舶における奴隷(slaves)の積み込み、荷下ろし及び輸送を防止し、禁止するために、すべての ... » more

労働、社会問題Slavary条約第2条(2)
「Slavary条約第2条(1)」の続きです。具体的な内容です。第2条締約国は、その主権、法的管轄権、保護権、宗主権、監督権の下に置かれている領域において、既に必要な措置が講じられていないときには、次のことを約束する。(a) ... » more

労働、社会問題Slavary条約第2条(1)
「Slavary条約第1条(2)」で、注意すべき点はslave,奴隷が定義されていないことです。第2条に進みます。第2条締約国は、その主権、法的管轄権、保護権、宗主権、監督権の下に置かれている領域において、既に必要な措置 ... » more

労働、社会問題Slavary条約第1条(2)
「Slavary条約第1条(1)」の続きで、奴隷取引の定義です。slave tradeは奴隷貿易と訳すのが普通かもしれませんが、この条約の定義では国境をまたぐ行為に限定されていないこと、貿易には国境を超えた取引というニュアンスがあるので取引 ... » more

 

最終更新日: 2019/05/11 10:54

「リハビリテーション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る