誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ビジネス書

ビジネス書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ビジネス書」のブログを一覧表示!「ビジネス書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ビジネス書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ビジネス書」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(橘 玲) みんな薄々気づいて入るが公に口にしてはいけない「不都合な真実」。もともと人は(というかあらゆる生物は)まっさらでは生まれてこない。昔から「氏か育ちか」といわれるが、科学的な統計データによればどうやら「氏」でその人の人生はほとんど決まってしま ... » more

『そしてドイツは理想を見失った』(川口マーン惠美) ドイツ 再生エネルギーの発電量が 従来の火力発電などを上回ったという報道を聞き、本当かな?と思っていたんだけれどもやっぱりからくりがあったようだ。補助金がたんまり出るのならばそりゃ参入する所も多くなるだろうさ。日本と同じだ(日本は即破綻しち ... » more
テーマ ビジネス書

『健康の結論』(堀江 貴文) またホリエモンの本。連続して読んでいるのはUnlimitedに入っているから。金の亡者ホリエモンが出す健康本?どうせろくなもんじゃないだろう、と人は思うかもしれない(そんなことないかw)。中身は悪くない。「○○さえ飲んでいれば大丈夫 ... » more

『経済学の名著50冊が一冊でざっと学べる』(蔭山 克秀) またUnlimitedにて。著者は予備校の社会科関係担当の先生らしい。予備校の講師というのは、研究がメインでその合間に講義を行う学者さんとか、既得権にあぐらをかける公務員の学校教員達(超3K労働だけどさ)と違い、インストラクターとしての能力 ... » more
テーマ ビジネス書

『内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える』(スーザン・ケイン) マッチョ(筋肉ムキムキって意味じゃないよ)が国民の理想とされるアメリカ社会だが、意外にネクラな人は多いとも聞く。この本がベストセラーになったのはそうしたサイレントマジョリティーの後押しがあったのではとひそかに想像する。声が大きく上昇 ... » more

いつも思うが、数十年前には、「人口爆発を抑制せねばなんねーぞ!」みたいな趣旨の本が論じられていたはずなのにどうなっているんだここ十数年くらい前からの日本の少子化問題。妙に右寄りなのは産経新聞掲載記事をもとに新書化したからなのか。23 ... » more
テーマ ビジネス書

『多動力』(堀江貴文) Unlimitedにて(スマン、先月で終わりかも)。まとまった書物というよりホリエモン節の講演会に参加してる気分。まあインタビュー内容をゴーストライターが再構成してまとめているようだからそのとおりだろう。読みやすいからいいんだけどね。こうし ... » more
テーマ ビジネス書

『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ』(野口悠紀雄) 野口先生いにしえの名著(ご批判もかなりあるようだが)『「超」勉強法』の続編みたいな感じ、ていうか続編みたいのはすでにたくさん書かれているよな。これとか実力大競争時代の「超」勉強法https://syousanokioku.at.we ... » more

5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人 熊谷徹著SB新書4092017ついつい、定時で追われない自分と解放されたいそう思うと手が出る本です。性格もあるが基本定時に帰れない。断ることができない。最近の私は仕事が個人についている、と思うことがある。 ... » more

星野リゾートのおもてなしデザイン 日経デザイン編日経BP社2018日経デザイン、日経トレンディの記事を編集した本。星野リゾートの本をよく目にしていた時に買い求めた。決め手、は写真がきれいだったこと。内容的にはOMO星のやリゾナ ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

片桐実央著マイナビ新書2018〜人生100年時代の起業術〜サブタイトルの通り、定年後の選択肢として好きなことだけして企業をして過ごそうという本。著者は銀座セカンドライフ(株)という会社を運営している方で会社名の通 ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書 自己啓発

マンガでわかる!かならず伝わる説明の技術 鶴野充茂監修宝島社2017仕事で最近、本当に人前で話すことが増えた。それも、加齢とともに記憶も危なくなってきたのに。そんな、悩みを抱えていて本屋をふらふらと歩いていて見つけた。マンガでわかる!とい ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書 自己啓発

四☆月読みビレッジプライド
ビレッジプライド 「0円起業」の町をつくった公務員の物語寺本英仁著ブックマン社2018本屋さんで見つけて購入しました。公務員がクローズアップされるのは珍しいと思い手に取りました。NHK「プロフェショナル仕事の流儀」にもご出 ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

四☆月読みカフェという場のつくり方
カフェという場のつくり方 山納洋著学芸出版2012いつ購入したのか覚えていませんがカフェの機能について興味があったときに買ったんだと思う。目次1カフェは「ビジネス」から「生き方」の時代へ2「やりたいこと」だけでは続かない3「お客さ ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書 小説

四☆月読み黄金のアウトプット術
〜インプットした情報を「お金」に変える〜成毛眞著ポプラ新書1482018成毛眞さんの本は好きです。私の中では読書家の方。ということ元日本マイクロソフトの社長。はっきりとした物言いが、時々、言い切りすぎではない ... » more

「余命3か月のフランス料理店」を再生させた26の経営レシピ 氏家秀太著日本実業出版社2018本屋さんで表紙につられて購入しました。JKが突然父の遺志で継ぎフランス料理店のオーナーになるという、衝撃の始まります。最初はJKの話す言葉についていけなくて、ギャップに苦しみました ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

まんがでわかる 地頭力を鍛える 細谷功著星井博文漫画原作汐田まくら作画東洋経済新報社2017最近、ビジネス書が漫画になることが増えてきたと思う。それだけ、需要があるのでしょう。この本もその一つだと思うのです。家族で本屋に行ったときに ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

四☆月読み最強の農起業
最強の農起業 畔柳茂樹著かんき出版2017本屋で出会いました。ブルーベリーで観光農園、という言葉が手に取ったキラーワードです。著者はデンソー社員だったが脱サラし愛知県岡崎市で観光農園「ブルーベリーファームおかざき」をはじめ ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

四☆月読み飲み屋の神様。
飲み屋の神様。 中山マコト著ヒカルランド2016居酒屋で働く、お悩み解決士夏奈さんが仕事上のお悩みを解決するというもの。居酒屋の暖簾をくぐると「お悩み解決居酒屋」と悩みのある人にだけ見える看板がある。そして、店内で ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

四☆月読み日本の工芸を元気にする!
日本の工芸を元気にする! 中川政七商店十三代中川政七著東洋経済新報社2017本屋で何回か手に取って買うのをやめてやっぱり、気になる本だったので購入しました。目次第1章老舗の跡を継ぐ第2章家業を会社にする第3章ビジョンが生まれる ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

『観察力を磨く 名画読解』(エイミー E ハーマン) 読む前はなんだか専門的なとっつきにくい内容なのではと思っていたが、豈図らんやめちゃわっかりやすく、小難しい美術解説というよりも「すぐあなたの仕事に役に立つビジネススキル」の方に寄った実用書であった。海外の実用書は導入部の作り込みがメ ... » more

『「今、ここ」に意識を集中する練習』(ジャン・チョーズン・ベイズ) 副題『心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』。消化不良のままあれこれとマインドフルネスの本に手を出してみる。この本はアメリカ人女性によるもの。アメリカは仏教の本場ではないのだが、マインドフルネスの本場ではある。それゆえかとても ... » more

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』(森岡 毅) 先日読んだ『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』が面白かったので続けて読んでみた。ダブる話も多いのではと思ったが、そんなことはなかった。『ジェットコースター〜』をマーケティングの実践編とすればこちらは理論編かな。時系列的 ... » more
テーマ ビジネス書

新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」(デービッド・アトキンソン) GDPとは実のところその国の人口に負うところが大きい。日本がかつて2位でいられたのも島国ながらそこに一億人超もいたから。しかしその順位は中国に抜かれ、今後も日本人は減る一方。だからといってその穴埋めに移民政策が実行されることはないだろう。で ... » more

『ユニクロ帝国の光と影』著者の渾身レポート ユニクロ潜入一年(横田 増生) 昨年末かなり話題になった潜入記。これは週刊誌に載ったそのままを切り貼りして作った即席Kindle版のようだ。ほぼ無編集。それを知らず読んでいて、唐突に違う話が始まったり、最後はいきなり文章がぶち切れになってちと唖然とした。まあUnlimit ... » more
テーマ ビジネス書

『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(森岡 毅) 外資のサービス業がガラパゴスな日本で成功するには、@日本でもウケる強力なブランドがあること(ディズニーとか)、あるいはA徹底的なローカライズ(セブンイレブンとか)を持っているかが成否を分ける。私は、マーケティングは実戦でのみ ... » more

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』(中島 聡) 優れた時間管理術は数あれど、実はその効果の程は経験(慣れ)とポジションと職種に大きく左右される。まずは仕事覚えないと効率的に事を運べない。しかし営業職やしんまいペイペイや下請けは、いくら腕が上がっても上司やセンパイやクライアントに事実上スケ ... » more
テーマ ビジネス書

四☆月読み新幹線お掃除の天使たち
新幹線お掃除の天使たち 遠藤功著あさ出版2012図書館で借りてきました。発売されたとき、とても話題に上った本です。その時は読みませんでしたがやっぱり読みたい、ということで。目次プロローグなぜ新幹線の車両清掃会社がこれほど私たちの ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

四☆月読みキリンビール高知支店の奇跡
キリンビール高知支店の奇跡 〜勝利の法則は現場で拾え!〜田村潤著講談社α新書2016著者は元キリンビール(株)代表取締役副社長高知支店の支店長に承認になったときに支店の改革を起こし、アサヒビールにシェアNo,1を抜かれていたが厳 ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

田舎・郊外でお店、はじめました 長井史枝著雷鳥社2015田舎という文字にひかれて購入した本の一つです。もともと、お店をはじめましたとかカフェ・雑貨屋・パン屋といったキーワードのお店はじめましたの本は大好きです。その中に、田舎の文字があったの ... » more
テーマ 濫読本 ビジネス書

 

最終更新日: 2019/05/12 11:35

「ビジネス書」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る