誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    トルコ旅行

トルコ旅行

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「トルコ旅行」のブログを一覧表示!「トルコ旅行」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「トルコ旅行」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「トルコ旅行」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

びっくりトルコ大周遊10日間 12月21日 トルコ旅行の感想 1JTB10万9千円の「びっくりトルコ大周遊10日間」は、優秀な現地ガイドに恵まれ冬旅だったが、2倍の予算の旅以上に十分楽しめた。2トルコリラの急落、治安の安定を見込み申し込んだのだが、地方の物価は安く都市部のそれは高 ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月19日 イスタンブール市内観光 雨のイスタンブールこの日は0930といつもより遅くホテルを出発した。もちろん帰国のための荷造りを終えてからの話だ。小雨の中バスはトプカプ宮殿に向かった。トプカプ宮殿はイスタンブール旧市街地が存在する半島の先端部分、ボスポラス ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月18日 イスタンブール市内観光 海峡クルージング・ブルーモスク・アヤソフィア観光朝から雨が降っている。0830にバスでホテルを出発しガラタ橋の西側にある船着き場に向かった。今日乗る観光船は定員が100人程度の大きさで、我々ツアー客が一人5千円だしてチャーターした形 ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月17日 アイワルクからイスタンブールまで トロイ観光我々を乗せたバスはアイワルクのホテルを0730に出発した。トロイまで約150キロのバスの旅だ。ツアー客の退屈しのぎのためか、またシェームスさんのトルコの紹介が始まった。「トルコの仕事の時間は午前中は8時から12時ま ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月16日  トルコの名物は何でしょう朝起きると雨が降っていた。やはりスケジュールを前倒しして昨夕ヒエラポリスと石灰棚を見たシェームスさんの判断は正解だった。バスは0700ルーカスリバーホテルを出発した。バスの中でシェームスさんの話が始まった ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月15日 コンヤ観光のはずがトルコ授業に コンヤ観光のはずがトルコ授業に12月14日0640、ウチヒサールカヤホテルを出発した。今日は640キロあまりのバスで移動することになる。途中コンヤでインジェミナーレ神学校の前10分程度停まり写真撮影の機会を与えられる予定だ。長旅にな ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月14日 カッパドキア 絨毯売り込みの布石と商人魂14日の朝は午前8時にバスはホテルを出発した。連泊なので荷物は持たなかった。まずギョレメの谷に向かった。バスがギョレメ野外博物館に到着した。だが門は閉まっていた。近くの見晴らしの良い場所で時間待ち臨時の ... » more
テーマ びっくりトルコ JTB トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月13日 アンカラからカッパドキアまで カッパドキアまでのバス旅(ガイドさんの思惑を載せて)みぞれの舞うアンカラは寒かった。だが、ホテルの暖房が効きすぎ汗をかき、のどが渇くので夜中に起きてバスタブにお湯を張って寝た。だが喧噪な繁華街のホテルだったのでときどき目覚めるの ... » more
テーマ びっくりトルコ トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月12日 イスタンブールからアンカラまで 飛んで、飛んで、イスタンブールへドーハを離陸し再び機上の人となって飛んでいます。トルコ人らしい男性が我々夫婦のために座席を移動してくれました。温かい配慮に感謝です。イラクの上空から雲が下界を覆うようになりました。真っ白な雲海は飛 ... » more
テーマ びっくりトルコ トルコ旅行

びっくりトルコ大周遊10日間 12月11日羽田からドーハまで 師走12日午後11時56分、羽田国際空港から搭乗したカタール航空813便は、小雨の降る中離陸を開始した。そしてあっという間に水平飛行に移り、夜食が配られた。夕食はお肉を選んだが、添えられたポテト、煮込んだお豆、そせてデザートのヨーグ ... » more

2005年のトルコ旅行の途中、休憩に立ち寄った店で、ザクロジュースを注文、それを撮った画像です。 ぼくの印象では、ザクロはイスラム圏でよく飲まれる飲み物のようです。イラン旅行中にも飲みましたし、イラン人ガイドの話では、イランの北 ... » more
テーマ ザクロス山脈 トルコ旅行 ザクロ

「一画一言 ローマ時代のトイレは談話室」 画面は、ローマ時代のトイレの遺跡です。水が常に流れて、清潔が保たれたと言われます。男たちは、用を足しながら、おしゃべりに興じたようで、個室に慣れた現代人の感覚からは、ちょっと馴染めないかも? でも、衣服を着るようになる前は、人は皆、 ... » more
テーマ ローマ時代のトイレ 談話室 トルコ旅行

トルコは、国民の90%がイスラム教徒ですが、1923年以来、政教分離を掲げ、エフェソスに残された聖母マリヤ像は、警備員を配置して、保護されています。 キリスト教徒とイスラム教徒が、このように、お互いに「気を使うように」なれたら、世界 ... » more
テーマ 保護されるマリア像 トルコ旅行 トルコ

奇妙な形の岩で知られるカッパドキアは、この辺りの火山活動で堆積した火山灰や岩石が、長年の風雨などで浸食された結果、今のような形状になったもので、この地下には、かつてイスラム教徒に迫害されたキリスト教徒が隠れ住んでいた跡も残っています。 ... » more
テーマ トルコ旅行 カッパドキア 風雨による浸食

「一画一言 メドゥーサ(レリーフ)」 トルコ土産として「メドゥーサの目」と呼ばれるキーホルダーなどがあります(魔除け効果があるらしい)。 メドゥーサは、ギリシャ神話に出てくる美少女です。 女王アテナの神殿で、海神ポセイドンと交わったため、アテナの怒りを買い、髪の毛が ... » more
テーマ ギリシア神話 トルコ旅行 メドゥーサ

トルコ航空で出向いたが、この機内食は不味く、先が思いやられると感じたが、現地に着いて3日めからはトルコ料理が美味しくなった。総じての印象は、量は多く、味は強烈なデザートの影響の印象もあるが甘く、そして肉は日本に比べて堅いという印象だが、美味 ... » more

オスマントルコの宮殿であるトプカピ宮殿は、広く、皇居のような空間感覚である。一の門(表敬の門)をくぐると、中に杉の木が目立つ。これは命の木ということで魂が天に昇ることに関係しているようで、好まれて植えられているようだ。二の門(幸福の ... » more
テーマ トルコ旅行

ガソリンは3リラで日本円でリッター180円程度であり、高い。前々年に出向いた中国も150円程度と高かったが、中国では自分の私用車も国営企業などの車としてガソリン代を誤魔化しているのが多いと聞いた。地方のアナトリア高原の道路はガラガラであるが ... » more
テーマ トルコの生活 トルコ旅行

日本も含めて西洋でも、宗教施設は大きくて立派である。私のように信仰心が少ない人間にとっては虚仮威しという感を持つが、建築、内部の装飾(絵画、彫刻も含めて)など芸術性は高いことは言うまでもない。イスラム教の教会はモスク(礼拝所)で、中央にドー ... » more

イスタンブールで、ベリーダンスを観る。イタリアでは旅行のコースにカンツォーネを聞くというのがあったが、観光客向けのショーであり、今回も同様かと思い期待していなかったが、今回は認識を新たにする驚きがあり良かった。ケルヴァンサライ・ナイ ... » more

カッパドキアはキノコのようになった奇岩で有名だが、やはり実際に目の前で観ると壮観だ。当時は火山地帯で、その火山灰と溶岩、凝灰岩が、雨、湧水などで柔らかい部分が浸食されて、このようになったということだ。もちろん今でも浸食は進んでいるわけだから ... » more

トルコの遺跡は文明の十字路を反映して、様々な文明の遺跡が重層的に残っている。加えて石材で構築されているので、その混じり合いは混沌としている。エフェスは紀元前2世紀頃にはローマ、アレキサンドリアに次ぐ大都市だった。去年観たイタリアのポ ... » more
テーマ トルコ旅行 ローマの遺跡

トルコの地は、非常に古い歴史を持ち、世界史上、重要な民族の興亡があったところだ。東部には世界4大文明発祥地のチグリス・ユーフラテス川の上流も含まれている。東部にあるアララト山(5137b)がノアの箱船が着いた山という伝承もある。西部のエーゲ ... » more
テーマ 歴史 トルコ旅行 鉄製産

パムッカレからコンヤへ向かう途中にエイルディル湖という大きな湖がある。この湖畔のレストランで昼食を食べるが川マス料理(特に手が込んでいるわけではなく軽くフライにしたもの)は実においしかった。また、この地方はバラが有名なところで、バラの香水や ... » more
テーマ キャラバン・サライ トルコ旅行 シルクロード

トルコ石にある美しい深い青色のことを書きたい。まずはトルコ石だが、カッパドキアの直売所で話を聞き、名品を拝見する。3種類ほどあるのだが、一つはアンティーク・トルコ石で、これは現代では採れないという意味のアンティークのようだが、薄緑色(中国、 ... » more

妻とトルコに旅行した。申し込んだツアーが私達も含めて4人、それに同行添乗員に、現地の旅行中同行のガイドという6人で大型バスという豪華な旅行になった。イタリア旅行に関して11回ほど、テーマごとに旅行記(http://mirakudokur ... » more

三鷹の一日ハットゥシャシュ遺跡見学
ハットゥシャシュ遺跡見学 アラジャホユック遺跡のあとはヒッタイト帝国の大城塞都市遺跡であるボアズキヨイに向かいました。ヒッタイト民族は、紀元前14世紀〜12世紀、鉄と軽戦車を駆使しながら、アナトリアに帝国を築き、古代中近東世界をエジプトと二分するほどの勢力を ... » more

三鷹の一日アラジャホユック遺跡見学
アラジャホユック遺跡見学 7月12日は中央アナトリア地方のヒッタイト帝国の遺跡を3か所見学しました。チョルムの築1年の新しいホテルをバスで出発して約1時間、最初に見学したのが、アラジャホユック遺跡でした。1935年、トルコ人による大規模な発掘調査が行われ ... » more

三鷹の一日ビュクリュカレ遺跡見学
ビュクリュカレ遺跡見学 カマン・カレホユック遺跡を見学したあと、アナトリア考古学研究所の食堂で研究所のみなさんと一緒に昼食をとりました。昼食後、中近東文化センター附属日本アナトリア考古学研究所の研究棟、会議棟を見学しました。研究所は1998年に設立され、200 ... » more

カマン・カレホユック遺跡見学 7月11日の午前中は、ヤッスホユック遺跡見学のあと、昨日開館式典のあったカマン・カレホユック考古学博物館を大村正子さんに説明していただきながら見学しました。カマン・カレホユック遺跡から出土した遺物が時代ごとに展示され、遺跡全体の構造がわ ... » more

 

最終更新日: 2019/01/05 11:10

「トルコ旅行」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る