誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    2018年

2018年

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「2018年」のブログを一覧表示!「2018年」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「2018年」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「2018年」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』:主役の青年と子役の繊細かつ図太い存在感 @DVD・レンタル 昨秋公開の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』、DVDで鑑賞しました。謳い文句は、20年以上、母の愛をあきらめなかった息子の実話さて、映画。東京の下町で町工場を営む両親に育てられたタイジ(太賀)。いまは、中堅企業で働 ... » more

『マイ・プレシャス・リスト』:よくあるリストもの映画を脱しきれず @DVD・レンタル 昨秋公開の『マイ・プレシャス・リスト』、DVDで鑑賞しました。謳い文句は、「幸せになるためのリスト」はじめます。さて、映画。ニューヨーク・マンハッタンに暮らす19歳のキャリー・ピルビー(ベル・パウリー)。IQ18 ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2018年  トラックバック(1)

『生きてるだけで、愛。』:殻も白身もない卵の黄身だけみたい @DVD・レンタル 昨年公開された映画の落穂ひろい。今回は『生きてるだけで、愛。』。あ、句点「。」が続いてしまう・・・気になる・・・が、\(。』。)/とでもしておきましょう。原作は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の本谷有希子。さて ... » more
テーマ 女性のドラマ 2018年 日本映画

『ビブリア古書堂の事件手帖』:過去の物語を映像化してみせる脚本には工夫がないかも @DVD・レンタル 昨年公開された映画の落穂ひろい。今回は『ビブリア古書堂の事件手帖』をDVDで鑑賞しました。同名小説のシリーズだそうで、たしか、書店の店頭でも見かけたことがありました。さて、映画。鎌倉の片隅、小さな食堂。そこを営む ... » more

『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』:宮崎風、高畑風、大友風の三本オムニバス @DVD・レンタル 平成の落穂ひろいDVD鑑賞、日本映画に辿り着きました。映画は『ちいさな英雄カニとタマゴと透明人間』。スタジオポノックスの新作。ですが、短編3つのオムニバスです。さて、映画。一話目『カニーニとカニーノ』。監督は ... » more

『エンジェル、見えない恋人』 :IMAX3Dだったら、失神・悶絶観客続出 @DVD・レンタル 令和にはいってのDVDでの落穂拾い第2弾は『エンジェル、見えない恋人』、ベルギー産の幻想ファンタジー。ファンタジーって「幻想」に決まってる・・・って、そういうことは言わないの。さて、映画。恋人のマジシャンの舞台助手をして ... » more

『500ページの夢の束』 :感情や何やらに鈍感なのはスポックではないということ @DVD・レンタル 令和にはいっての初鑑賞はDVDでの落穂拾い。ダコタ・ファニング主演の『500ページの夢の束』。『I am Samアイ・アム・サム』(2001年)の子役もことし25歳。本作は2017年製作なので、撮影は22歳ぐらいということで ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2018年  トラックバック(1)

『タリーと私の秘密の時間』 :世の夫・父親に向けたシニカルでリアルな母・妻についての映画 @DVD 平成→令和の改元期は昨年公開された映画の落穂拾い鑑賞です。『旅猫リポート』に続いて鑑賞したのは『タリーと私の秘密の時間』。シャーリーズ・セロン主演、監督はジェイソン・ライトマン。さて、映画。臨月間近の40代主婦マーロ ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2018年  コメント(1) トラックバック(2)

『旅猫リポート』 :ある種のファンタジー映画 @DVD・レンタル 元号が「令和」に改まりましたが、こういうときには「あけましておめでとうございます」とは言わないのですね。誰も言ってないもの。なら、「あらためておめでとうございます」が適切だろうかしらん・・・などと、相も変わらずくだらないこと ... » more

『ヴェノム』:エンドタイトル&クレジットが20分とは! @DVD・レンタル 昨秋ロードショウの『ヴェノム』、DVDで鑑賞しました。アメコミ『スパイダーマン』に登場する悪役だそうで、いわゆるスピンオフ作品にあたるのかしらん。さて、映画。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ) ... » more
テーマ 外国映画 特撮・ヒーロー 2018年  トラックバック(1)

『心と体と』:なんだか中年おじさんの夢想のようなハナシだねぇ @DVD ・レンタル 昨春小規模ロードショウされたハンガリー映画『心と体と』、DVDで鑑賞しました。周囲の映画好きのひとに評判が良かったので、結構、楽しみにしていた作品でした。さて、映画。ハンガリーの食肉工場。新しく雇われた若い女性マーリ ... » more

『ブレイン・ゲーム』:シネコンではあまり上映されないハリウッド製B級サスペンス @DVD ・レンタル 昨秋小規模ロードショウされたサスペンス映画『ブレイン・ゲーム』、DVDで鑑賞しました。製作は少々古くて2015年。大手製作でもなかったので入荷・公開が遅れたのでしょうが、シネコンしかない現在以前の15〜6年前だと日比谷映画かニュ ... » more

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』:ドタバタ度アップのシリーズ最終作 @DVD・レンタル アナ・ケンドリック主演の人気シリーズ第3弾にして最終作『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』、DVDで鑑賞しました。前作はあまり面白くなかったので、どうかしらん?とも思ったのですが・・・さて、映画。バーデン大学を卒業し ... » more
テーマ 外国映画 ミュージカル・音楽もの 2018年  コメント(2) トラックバック(1)

『パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ』:出演陣がもう少し魅力的だったら @DVD 昨秋「のむコレ2018」の企画上映で小規模ロードショウされた『パグ・アクチュアリーダメな私のワンダフル・ライフ』、DVDで鑑賞しました。恋と仕事と、ブサイくワンコ・・・という映画です。ロンドンで高校教師の職がみつかったサラ( ... » more

『母という名の女』:蛙の子は蛙ってことなのかも @DVD・レンタル 『ある終焉』のミシェル・フランコ監督作品『母という名の女』、DVDで鑑賞しました。劇場公開は昨年の初夏。劇場まで行こうかどうか逡巡しているうちに気を逸した作品でした。さて、映画。17歳のバレリア(アナ・バレリア・ベセ ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2018年  トラックバック(1)

『カメラを止めるな!』:この映画から想起されるいくつかの映画的記憶 @TV地上波 昨年のスマッシュヒット作品『カメラを止めるな!』、早くもテレビ放映。一大ブームを巻き起こし、ブルーリボン賞や日本アカデミー賞でもノミネート・受賞という話題作。あ、でも、劇場までは足を運びませんでした・・・さて、映画。 ... » more

『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』:『いつだってやめられる』はずもなく最終作まで鑑賞@DVD 本国イタリアで大ヒットしたコメディ映画シリーズの第3作目にして最終作『いつだってやめられる闘う名誉教授たち』、DVDで鑑賞しました。鑑賞は日本での公開順にしたがって、第2作『いつだってやめられる10人の怒れる教授たち』、第1作『いつ ... » more

『ハナレイ・ベイ』:少し不足もあるもののなかなか見応えある出来 @DVD・レンタル 昨年2018年秋にロードショウされた『ハナレイ・ベイ』、DVDで鑑賞しました。原作は村上春樹の同名短編小説。村上春樹小説の映画化作品・・・って『風の歌を聴け』『トニー滝谷』ぐらいしか観ていないです。そもそも映画化された作品も ... » more
テーマ 女性のドラマ 2018年 日本映画

『輝ける人生』:予定調和な物語だが、滋味深い顔合わせに満足 @DVD・レンタル 昨年初秋にロードショウされたイギリス映画『輝ける人生』、DVDで鑑賞しました。監督は『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン。さて、映画。永年警察署長を務め、この度「ナイト」の称号を得ることになっ ... » more
テーマ 外国映画 女性のドラマ 2018年  コメント(2)

『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』:カンバーバッチ版に雰囲気は似ているが結構面白い 昨年春から初夏に放送されたHuluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』、DVDで鑑賞しました。アーサー・コナン・ドイルが創造したシャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソンが「もし現代の東京にいたら」「 ... » more

『空飛ぶタイヤ』:2時間に巧みにまとめた社会派エンタテインメント @DVD・レンタル 昨年初夏にロードショウされた『空飛ぶタイヤ』、DVDで鑑賞しました。『下町ロケット』の池井戸潤の原作小説の映画化です。池井戸潤の小説は何作もドラマ化されているのですが観たことはありません。小説も読んだことがない・・・さて ... » more

『リグレッション』:オカルト映画のように始まりながら、最終的には米国の暗部を描く @DVD・レンタル 昨年秋に小規模ロードショウされた『リグレッション』、DVDで鑑賞しました。タイトルのリグレッションとは、後戻り、退行、改悪などの意味です。ポスターデザインが不気味な上、監督・出演者とも興味が惹かれたので、DVDになったら観ようと ... » more

『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』:社会風刺が基底にある伊製喜劇 @DVD・レンタル 昨年公開映画の落穂ひろいDVD鑑賞その3は『いつだってやめられる7人の危ない教授たち』。先に公開された『いつだってやめられる10人の怒れる教授たち』の前日譚。というか、本作がヒットしたので、その後、第2作と第3作をまとめて撮って ... » more

『オーシャンズ8』:ま、コンなモノかしらん @DVD・レンタル 昨年公開映画の落穂ひろいDVD鑑賞その2は『オーシャンズ8』。ジョージ・クルーニー主演の『オーシャンズ11』シリーズのスピンオフ、女性版ですね。先のシリーズは、どこまで観たかしらん。ちょっと憶えていません。さて、映画。 ... » more

みどり野診療所相談室便り (2018年11月号、12月号 ) 明けましておめでとうございます。かなりマヌケですね。もうすでに1月末です。 昨年からなぜかあわただしく、なかなか通信が出せませんでした。業務量が特に増えたわけではありませんが、これは私の労働能力の低下か? 目の前のことをてきぱきと、 ... » more
テーマ ケースワーカー 相談室便り 2018年

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』:『クリープショー』を彷彿させるホラー小品 @DVD 昨年公開した映画の落穂ひろい的なDVD鑑賞です。ま、大体、劇場で観るか、DVDで観るか、全く観ないかの3つに分けて、作品を選択しているので、落穂ひろい鑑賞の対象は概ね2番目に分類された作品が多いです。ときには、劇場で観たかったけ ... » more

『1987、ある闘いの真実』:民主主義=ひとりひとりの人権を認めるかどうか @名画座 名画座2本立て鑑賞の2本目は『1987、ある闘いの真実』。こちらも力作。2本立てでお得感ありですが、続けて観ると少々疲れてしまいますね。さて、映画。1987年の韓国。光州事件から7年を経て、全斗煥大統領による軍事 ... » more

『タクシー運転手 約束は海を越えて』:韓国流の社会派+エンタテインメント映画 @名画座 ことし初めての名画座2本立て鑑賞です。作品は、いずれも昨年公開の韓国映画。まずは『タクシー運転手約束は海を越えて』から。1980年の韓国ソウル。娘とふたり暮らしの個人タクシー運転手キム・マンソプ(ソン・ガンホ)。 ... » more

『もぎりさん』 キネカ大森先付ムービー全6話:もぎりさんよ、今回もありがとう @テアトル系映画館 『もぎりさん』。このタイトルで気が付いたひとは、余程キネカ大森に行っているひとですね。昨年7月(ぐらいだったか)から、毎月1本新作が公開された、3分未満のシリーズ短編映画です。本編上映前、それも予告編上映前に上映していました ... » more

『ヘレディタリー/継承』:唐突すぎるぞ、この決着 @ロードショウ・単館系 ことし鑑賞2本目の作品は、『ヘレディタリー/継承』。昨年11月末にロードショウが始まり、観たい映画にチェックインしたまま、東京でのシネコンでは上映が終了してしまいました。さて、映画。米国の田舎町。グラハム家の祖母エレ ... » more

 

最終更新日: 2019/06/15 16:33

テーマのトップに戻る