誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    内丹国学

内丹国学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 内丹国学
テーマ「内丹国学」のブログを一覧表示!「内丹国学」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
古道133
神仙道と仏道(5) 釈迦の時代の仏教、それに神仙道の坐忘、これらの根本となるのは「観察」をすることであった。坐忘は静坐とも言われる。ただ静かに坐って、身体の状態、心の状態などを、何事にもとらわれない.. » more
テーマ 内丹国学

古道132
神仙道と仏道(4) かつての神仙道には儒教や仏教と融合するくらいしかなかったが、今日のようにいろいろな思想が知られるようになると、そうしたものとの一致を感じる人もいるかもしれない。近現代に起こった新.. » more
テーマ 内丹国学

古道131
神仙道と仏道(3) 釈迦が亡くなる時の旅の様子を示した経に「大パリニッバーナ経」がある。それには次のような言葉が残されている。 「修行者は、身体について身体を観察し、熱心によく気をつけて、この世に.. » more
テーマ 内丹国学

古道130
神仙道と仏道(2) 私見によれば、仏教の中でも特に釈迦の頃の仏教と神仙道は近いものがあるように思われる。いわゆる原始仏教(根本仏教)である。禅はむしろ神仙道の影響を受けて生まれたものである。神仙道の.. » more
テーマ 内丹国学

古道129
神仙道と仏道(1) 神仙道では、よく「仙仏合宗」が言われる。これは神仙道と仏道とが根本において同じであるとする考え方である。神仙道は本来が健康法から生まれたものである。楽しく、長生きをすることを第一.. » more
テーマ 内丹国学

古道090
五大明王と五大力(4) 日本各地には清明神社がひじょうに多くある。これは安倍晴明に由来するものと説明されることもあるが、実際はそうではなく「せいめい」なる語が、天気の晴れに通じるために農業に従事する.. » more
テーマ 内丹国学

古道089
五大明王と五大力(3) 五大明王を通じて「力」を得ようとする信仰が修験道で深められた。修験道は自然の中で行われる。そうした環境で、意識の根源にまで触れる修行をしていると、そこには自ずから神道的なもの.. » more
テーマ 内丹国学

古道088
五大明王と五大力(2) 興味深いことに住吉大社にも、五大力さん、の信仰がある。 住吉大社はおもしろいところで、本来の住吉信仰のほかに、五大力さんや初辰さんなどの信仰を見ることができるのである。五大.. » more
テーマ 内丹国学

古道087
五大明王と五大力(1) 五大明王とは、不動明王を中心とする五明王のグループをいうものである。降三世、軍荼利、大威徳、金剛夜叉などの明王が、不動明王以外にいる。五大明王への信仰は古くは五壇法などに見ら.. » more
テーマ 内丹国学

古道086
アイコンとしての弁財天(4) また日本で特に信仰を集めている不動明王は、神道でいうなら荒魂の象徴である。不動明王も宇賀神弁財天と同様に、クンダリニーの覚醒を象徴している。不動明王の持つ剣は、倶利伽羅.. » more
テーマ 内丹国学

古道085
アイコンとしての弁財天(3) 宇賀神弁財天といった優れたアイコンがどうして日本で生み出されたのか、不思議でもあるが、このようなあるべき心身の状態は、本来だれものが有しているのであるから、これをアイコ.. » more
テーマ 内丹国学

古道084
アイコンとしての弁財天(2) また、宇賀神弁財天で宇賀神の居る場所も重要で、蛇体の老人は女神の頭の上にいるのである。これはサハスラーラ・チャクラの位置である。サハスラーラ・チャクラは、ほかのチャクラ.. » more
テーマ 内丹国学

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る