誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小学館系

小学館系

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 小学館系
テーマ「小学館系」のブログを一覧表示!「小学館系」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
 お嬢さま高校に通う小早川志緒は16歳。演技派俳優と美人女優を親に持つ、はかなげな美少女ぶりは、皆のあこがれの的だ。 今日も学校で、そんな彼女のポケベルが鳴る。貧血を装って早退した志緒が駆けつけたの.. » more
テーマ 小学館系

 湘南特別少年院に堕ちてきた水上真理雄ら六人の少年は、収容された二舎六房で、良い兄貴分である桜木六郎太と出会う。 それは真理雄たちにとって、初めて出会った優しい年長者だった。  ただ、生き抜くこと.. » more
テーマ 小学館系

 ハワイ島・ビッグアイランドに住むアリサ・クロサキ。日系アメリカ人を父に、中国人を母に持つ彼女には、不思議な能力がと美貌が備わっていた。それゆえ彼女は「龍の娘」として恐れられてもいた。  そんな彼女.. » more
テーマ 小学館系

 これ、2003年に映画にもなりましたよね? そちらは私、見ていないのですが…。  短編オムニバス形式の話ですが…よく出来ていますね、これ。  一作一作別物として読んでも面白いのですが、よく読.. » more
テーマ 小学館系

 名作ですよね~。吉田秋生といえば「BANANA FISH」! 紹介する順番が前後してしまいましたが、やはりコレでしょう!  うちの近くの本屋ではかつてこの漫画が…少年漫画の棚に並んでおりました(爆.. » more
テーマ 小学館系

 これねー、ハマりましたね~。とはいえ…当時友人が週刊少女コミックスを買っていたので、そちらで読んでいただけだったのですが……。で、途中までしか知らないことに気がついて、図書館で借りてきました。  .. » more
テーマ 小学館系

 すんません。吉田秋生氏の漫画を紹介するなら真っ先に『BANANA FISH』でしょっ!?と突込みが来そうですが……今ちょっと手元にないので、こちらから。これも図書館で借りてきて読み直しました。 .. » more
テーマ 小学館系

 「うしおととら」「からくりサーカス」でよく知られている作者。今度は青年誌に舞台を移しておられます。  弟と二人して……ハマりましたねえ。特に「うしとら」は。  日本が舞台で、しかも妖怪モノとくれ.. » more
テーマ 小学館系

 ううう…西炯子氏の短編集です。彼女の漫画は…「切ない」と「痛い」の狭間のものが多いので…。  表題作の「僕は鳥になりたい」。  針間と両角(もろずみ)という男子高校生と、新田由子というカトリック.. » more
テーマ 小学館系

 ええ、三巻が出ましたね? 皆さんは新書版コミックス派ですか? おまけつき特装本派ですか? 私は後者です。前者は弟が買っているので(爆笑)。  やはりね、浦沢氏の漫画は……違う! 泣ける.. » more
テーマ 小学館系

 週刊ビックコミックスピリッツにて1994年1月から1997年3月まで連載された漫画。一回につき4~6ページつづ掲載され…ジャンルは………ギャグ?になるのかな??  ぶっ飛び爆笑ギャグ….. » more
テーマ 小学館系

 古いですね~。「パトレイバー」より前ですからね。  ほぼ同時代に読んでいたのですが…これね、所々出てくるギャグのネタが、私ですらわからないものが多かったんですよ。「若年層にわからんネタすなっ!」っ.. » more
テーマ 小学館系

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る