誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦後

戦後

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 戦後
テーマ「戦後」のブログを一覧表示!「戦後」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
 私の買い出しの中心地である八俣村へは古河から東へ約10キロ、昼間はバスがある。間間田からは東南約15キロ、7キロ歩いたところに大戦防(だいせんぼう)の集落があり、ここから八俣村までの約8キロも、昼間.. » more
テーマ 戦後

 切符地獄を何とか通りすぎても、つぎは混雑の激しい列車に乗るのが大変だった。往きはまだ大きな荷物(食糧)を持った人が少なく、デッキにぶら下がる覚悟さえあれば、列車に乗れないということはなかった。 .. » more
テーマ 戦後

三井グル-プの研究
いろいろ研究されている方がいらっしゃるんですね。 財閥解体とか、遠い昔のようで、実は少し前の日本の話。 戦後の日本は、GHQにより様々な規制があったり、その中で生き残る企業 .. » more
テーマ 戦後

私が初めて汽車の買い出しに行ったのは、桜の花も散りかけた四月の中ごろだった。想像していたとおり、汽車利用の買い出しの困難さと恐ろしさは、口ではいいあらわせない地獄のドラマを地でいくようなものだ.. » more
テーマ 戦後

 昭和二十年の冬、石炭不足から列車本数の大削減と乗車制限が行われたが、かてて加えて戦後の買い出しは戦前に比べて悪質な集団闇屋が多数乗りこむようになり、列車のなかは不法と暴力が支配する社会の縮図とな.. » more
テーマ 戦後

 こんな苦しい世の中なのに、追い討ちをかけるように、私の家で同居することになった妹の主人の戦時中から勤めていた統制会社が潰れてしまい、わずかな退職金で失業の日々送らざるを得なくなった。二人の子供を.. » more
テーマ 戦後

同時代史学会より、同学会の日韓シンポジウムについて情報提供がありましたので、お知らせいたします。     日時 2019年7月13日(土) 13時から18時   場所 早稲田大学国際会議場第.. » more
テーマ 戦後

  2019年第3回研究今回の研究会は、大西比呂志会員の著書『伊沢多喜男――知られざる官僚政治家』について、合評会を開催いたします。 近代政治史がご専門の黒澤氏に書評報告をお願いし、著者自身にもご出席.. » more
テーマ 戦後

 この年(注、昭和21年)の春、長男が生まれ、、子供をもつ喜びとともに肩の荷がぐっと重くなるのを感じた。そして、ふたたび勢いを盛り返したインフレにいっそう苦しめられ、生活を少しでも和らげるために、.. » more
テーマ 戦後

 昭和二十一年の年の初め、来日した外国のジャーナリスト(新聞記者?)が日本の現状を見て、春までには一千万人の餓死者が出るだろうと予言したのをなにかで見たことがあった。  実際にはそこまで.. » more
テーマ 戦後

 塩屋の旅から帰って来たころから、かつてなかったほど石炭不足がひどくなり、東京鉄道局管内だけでも貯炭量が二日を割るという状態で、鉄道は危篤状態となった。そのため十一月以降は50パーセント以上も列車.. » more
テーマ 戦後

 泉駅から常磐線の上り列車に乗る。混雑を覚悟していたのに、列車はかなり空いていて座席に座ることができた。しかし、途中から浮浪児のような三人の少年がウイスキーの瓶を片手に持って、ぐでんぐでんに酔.. » more
テーマ 戦後

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る