誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    澤田ふじ子

澤田ふじ子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 澤田ふじ子
テーマ「澤田ふじ子」のブログを一覧表示!「澤田ふじ子」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
澤田ふじ子「狐官女」
澤田ふじ子の狐官女を読みました。土御門家陰陽事件簿の三作目です。「因業な髪」「闇の言葉」「奇瑞の鞠」「狐官女」「吉凶第九十一段」「畜生塚の女」「浄衣の仇討」の七編が収められています。 江戸時代の生活.. » more
テーマ 澤田ふじ子

澤田ふじ子「逆髪」
澤田ふじ子の逆髪を読みました土御門家陰陽事件簿の4冊目。夜の釜・嫗の人形・異本の骸・師走念仏・逆髪・朱蛇地獄変の短編6編。 ストーリーの中に書かれている予備知識のようなものに興味を惹かれます。蝦夷や.. » more
テーマ 澤田ふじ子

澤田ふじ子「鴉婆」
澤田ふじ子の鴉婆を読みました。土御門家・陰陽事件簿シリーズの2冊目。陰陽頭・土御門泰栄の駕籠を襲った大黒党の野疾。野疾の里村龍造を斬った笠松平九郎。大文字の送り火の数日後、如意ヶ岳へ向かった笠松平九郎.. » more
テーマ 澤田ふじ子

 日頃は御所の門に門番として立っているが、しかし、実際は幕府の隠し目付という、禁裏御付武士の久隅平八が主人公の連作です。幕府と朝廷との間に事を起こさないように、配慮する必要があります。  平八は.. » more
テーマ 澤田ふじ子

シリーズ第3冊目。ちょっと前に読んだのだけど、アップし忘れていた(汗) 「蜘蛛の糸」  市歩している平八は、夜舞い(夜鷹)のお鈴のことを気にかけています。そのころ、四十前後の辻立ち女が殺される.. » more
テーマ 澤田ふじ子

長棟斎宮助登場。「かどわかし」こういうことがあったら良いな、とは思うが、さて?印象に残ったのは、表題作「朝霧の賊」と「おばばの銭」。 「春の扇」  深編笠をかぶった虚無僧が、若狭屋を通じて平八.. » more
テーマ 澤田ふじ子

シリーズ第一弾。通して読んで行くと、設定が微妙に違ってきたりするかも? 喜四内ぐっじょぶの表題作。 「短夜の首」  久隅平八は、若狭屋のお菊から、八百比丘尼の経営する色茶屋の話を聞きます。平.. » more
テーマ 澤田ふじ子

 読み始めたのは、某国営放送のご紹介ということです。  主人公は訳あって家を飛び出し、公事宿「鯉屋」で居候している菊太郎。菊太郎という名前に、島田一男の「菊太郎」シリーズを思い出し、居候の身分に.. » more
テーマ 澤田ふじ子

澤田ふじ子のものによくあるお婆さんが活躍するものをはじめ、全体的に面白かった。読んだのが比較的最近であるせいだろうか。 「釣瓶の髪」  川魚料理屋「美濃七」の主人・清太郎は、手代上がりの婿でし.. » more
テーマ 澤田ふじ子

表題作のほか「寒山拾得」「神隠し」が印象に残った。 「仁吉の仕置」  飴売りの仁吉は、かつて仁吉と同じく油屋・三春屋に奉公していた嘉助から、若旦那であった吉三郎が江戸から戻ってきた、と聞かされ.. » more
テーマ 澤田ふじ子

シリーズ第7作。表題作「にたり地蔵」、「ふるやのもり」など。 「旦那の凶状」  料理屋の「枡伝」の奉公人たちは、うまく行かなくなった店を買い取り、立て直します。ところが、元の主人の安之助が店を.. » more
テーマ 澤田ふじ子

印象的なのは表題作の「ひとでなし」、面白かったのは、「悪い錆」かな。 「濡れ足袋の女」  風邪で長屋で静養していた鯉屋の手代・吉左衛門は、大店の女主らしい女が雨にぬれているのを見て、家で雨宿り.. » more
テーマ 澤田ふじ子

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る