誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    後醍醐天皇

後醍醐天皇

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 後醍醐天皇
テーマ「後醍醐天皇」のブログを一覧表示!「後醍醐天皇」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
神仏習合がもたらしたものは
 日本独自の解釈により神仏習合思想が生まれたが、本来異なる宗教であるので、何らの力も出せないでいた。人々の間では怨霊信仰が依然として広まっており、それを払しょくすることが出来なかった。また社会の底辺.. » more
テーマ 後醍醐天皇

後醍醐天皇御陵印 御陵は奈良県吉野郡吉野町大字吉野山字塔ノ尾の 如意輪寺内にある塔尾陵(とうのおのみささぎ)に治定されている。 通常天皇陵は南面しているが、後醍醐天皇陵は北面している。 .. » more
テーマ 後醍醐天皇

それまでにはなかった新しい階層「武士」の登場。 その経緯を探ってみると、たいていはこのくらいの説明になっています。 ~王朝国家体制の確立によって、朝廷は地方統治を事実上放棄した。   その上、桓.. » more
テーマ 後醍醐天皇

海住山寺の駐車場を出て、急な坂道を下ります。道が狭いので対向車が来ない事を願いつつ下まで降りてこられました。車は国道163号線を木津川沿いに東に進むとこと約10㌔ぐらいで笠置大橋を渡ると、ここから今度.. » more
テーマ 後醍醐天皇

上掲の写真は 湊川神社(神戸市中央区)の境内にある楠木正成の墓で 徳川光圀の筆による「嗚呼君臣楠子之墓」という碑文が刻まれています。 この場所は 後醍醐天皇による建武の新政の崩壊と足利尊氏による.. » more
テーマ 後醍醐天皇

~とんでもないことを思いつき、後先を考えないでそれを実行   してしまう~ 人間にはそうした性癖があるのかもしれません。 このことは庶民に限らず、殿上人とか天下人とか呼ばれるような 身分の高い人.. » more
テーマ 後醍醐天皇

後醍醐天皇
古本屋さんで 「後醍醐天皇」の小説本を見つけた 戦国武将の小説本はよく見かけるが 後醍醐天皇は初めてなので買ってみたのだ この時代のことはあまり知らないので すごく興.. » more
テーマ 後醍醐天皇

保津川下りを終えJR嵯峨嵐山駅へ戻る途中で「天龍寺」を訪ねました。 天龍寺のパンフレットに「この寺は後醍醐天皇の菩提を弔うために足利尊氏が1339年に建立した」という説明が載っていましたが 後醍醐天皇.. » more
テーマ 後醍醐天皇

「無責任男」と聞けば、ある程度の年配者なら、反射的に 「植木等」の名を思い浮かべることでしょうが、ここでは 南北朝時代の「後醍醐天皇」(1288-1339年)と、室町八代将軍・ 「足利義政」(1.. » more
テーマ 後醍醐天皇

最初に聞いたときは、てっきり「ジョーダン話」かと思いましたが、 さにあらず「歴史的事実」ということでしたので、幾分の前説を 加えながら、その「ギャグ?っぷり」を取り上げてみることに しました。 .. » more
テーマ 後醍醐天皇

霊泉
  神戸市兵庫区の薬仙寺境内にある「薬仙寺」の名の由来ともなった霊泉。 建武年間(1334年~1337年)に後醍醐天皇が隠岐島より帰京の途次に 病気となり、この霊泉で薬を調進すると忽ち平癒された.. » more
テーマ 後醍醐天皇

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る