誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    クラシック

クラシック

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 音楽
類似テーマ: クラシック クラシック音楽
子テーマ: オーケストラ
テーマ「クラシック」のブログを一覧表示!「クラシック」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「クラシック」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

☆復元 & リメーク:♪カルミナ・ブラーナ ジャケットは「カルミナ・ブラーナ」(録音:1986-87年)。演奏はフィリップ・ピケット指揮/ニュー・ロンドン・コンソート。ジャケットはオルフの「カルミナ・ブラーナ」(録音:1960年)。演奏はヘルベルト・ケーゲル指揮/ライプツィヒ ... » more

ベストオブクラシックNHK-FM2019年5月28日(火)午後7:30〜午後9:10(100分)▽100年の歴史を誇るオーケストラ(2)スイス・ロマンド管弦楽団(2)田中奈緒子「オーケストラのための「コア ... » more

きょうの朝日新聞夕刊に、日本フィルの定期会員募集の広告が載っていました。今年9月から来年7月までの10回の公演です。プログラムもみな発表されていて、中心は来年生誕250年を迎えるベートーヴェンの交響曲チクルスで、首席指揮者のインキネンが ... » more

この一週間で気温とやらは毎日上昇、んでついに昨日は北海道でほぼ40℃?それにこっちじゃ、スマフォのお知らせで「明日は今日より予想最高気温が10度さがって25度くらいになるでしょう。」って、一体全体、どういうこと?オマ ... » more

ベストオブクラシックNHK-FM2019年5月27日(月)午後7:30〜午後9:10(100分)▽100年の歴史を誇るオーケストラ(1)スイス・ロマンド管弦楽団(1)田中奈緒子「交響詩「レ・プレリュード」 ... » more

明治プロビオヨーグルトLG21のCM「LG21マーチ オフィス篇/社員食堂篇」(出演:トータス松本、宮崎あおい)の替え歌の原曲は、「ボギー大佐」もしくは「クワイ河マーチ」。・「LG21マーチ オフィス」篇・「LG21 ... » more
テーマ ポピュラー クラシック CM音楽

きょうの朝日新聞夕刊に、イェルク・デームスの追悼記事が載っていました。デームスは、東日本大震災の5日後、周囲の制止を振り切って来日したといいます。それだけでも、たいへんなことというかありがたいことです。そのとき、大学生のオーケストラ ... » more

近くの公民館のコンサートに行ってきました 2019年5月24日(金)に近くの公民館で無料のコンサートがあったので行ってきました。今回はクラシック7でピアノ・リサイタルです。開催案内演奏者は音楽大学卒業、ピアノ教室の講師をしている。演奏曲名第1部(フランス ... » more

レオンタイン・プライスが歌う《サロメ》YouTube動画公開 リヒャルト・シュトラウス《サロメ》抜粋のドイツ語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳は森鴎外です。対訳はこちら → サロメ動画はこちら → サロメ抜粋箇所は、サロメを拒絶したヨカナーンが井戸の底に戻って ... » more

浜松国際ピアノコンクール入賞者披露演奏会 火曜日の夜は紀尾井ホールへ。日中の猛烈な雨も上がって、四ツ谷駅からは濡れることもなくホールに到着。この公演は18時45分開演で到着はギリギリになって ... » more

この歌劇についてはほとんど目にしないし、序曲も公には滅多に聴いたことが無いと記憶している。小生所有のCDにおいてのみ、この軽快な序曲を聴いている。前半は静かな滑り出しで、後半は踊り出したくなるようなリズムに酔い痴れて ... » more
テーマ クラシック

きょうの朝日新聞夕刊に、「柔軟で斬新若きリーダー凱旋」という見出しの記事が載っていました。これは、佐藤俊介さんが、9月から、昨年音楽監督に就任したオランダ・バッハ協会管弦楽団と初の凱旋公演をおこなうというものです。オランダ・バッハ協会管 ... » more

ベストオブクラシックNHK-FM2019年5月24日(金)午後7:30〜午後9:10(100分)▽紀尾井ホール室内管弦楽団メンバーによる木管五重奏演奏会「喜歌劇「こうもり」序曲」ヨハン・シュトラウス作曲、トム・ケ ... » more

新刊でJ.W.v.ゲーテ 『ファウスト 悲劇第一部』(中公文庫)J.W.v.ゲーテ 『ファウスト 悲劇第二部』(中公文庫)岡本綺堂『玉藻の前』(中公文庫)を購入。TOWER RECORDS ONLINEより『フル ... » more

きょうの朝日新聞夕刊のクラシック音楽のCD紹介コーナーに、「『未完』がかき立てる創造の可能性」という見出しの記事が載っていました。これは、見出しの通り、未完の曲の補筆完成版についての記事です。マーラーの交響曲第10番、ブルックナーの交響 ... » more

ベストオブクラシックNHK-FM2019年5月23日(木)午後7:30〜午後9:10(100分)▽アンサンブル・ディアーロギ演奏会「ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452」モーツァルト作曲(24分41秒) ... » more

Zauberfloete 通信杉谷昭子さんご逝去
ピアニストの杉谷昭子さんが5/8に亡くなられたとのこと。東京芸術大学、ケルン音楽大学大学院などで学び、デュッセルドルフでのデビュー後、ドイツと日本を中心に演奏活動を行っていた。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集、ベルリン・フィル団員 ... » more
テーマ クラシック CD

ベストオブクラシックNHK-FM2019年5月22日(水)午後7:00〜午後9:10(130分)▽N響第1914回定期公演大林奈津子【解説】渡辺和彦「モーツァルトへのオマージュ」イベール作曲(管弦楽) ... » more

勝手に恒例にして寿いでいるワーグナーの誕生日である。細々ではあるけれど、年に最低でも一回はワーグナー上演をという、これもまた勝手な決め事も、何とかかんとか継続しているのはめでたいといえばめでたい。何しろ、海外オペラハ ... » more

1972年生まれのエリック・マリア・クテュリエは22歳でパリ管弦楽団に入り、その後アンサンブル・アンテルコンタンポランのメンバーになった、現代音楽のスペシャリストと言っても間違いではなかろう。バッハの無伴奏チェロ組曲が2曲聴 ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、ペトレンコの「悲愴」のCDの大きな広告が載ったいました。この8月にベルリン・フィルの首席指揮者に就任するペトレンコは、『CDがほとんど存在しない「幻の指揮者」』と書かれています。そういわれれば、ペトレンコのCDに ... » more

ベストオブクラシックNHK-FM2019年5月21日(火)午後7:30〜午後9:10(100分)▽ベルチャ四重奏団演奏会松波順子「弦楽四重奏曲変ロ長調K.589」モーツァルト作曲(25分42秒)(演奏)ベ ... » more

『レコード芸術』の特集『「巨匠芸術」の秘密』を読みました。これは、巨匠とはなにかから始まって、70人の超人たちという副題がついているように、巨匠と思われる演奏家について、いろいろな面から紹介したものです。まず、意外に思ったのは、巨匠 ... » more

浮き草の道草月の光
久しぶりのクラシック曲です。『ゴジラキング・オブ・モンスターズ』の予告版映像を見ていたら、この『月の光』が流れてきました。はっきりとはわかりませんが、モスラが登場する場面のようでシルエットのように姿を現すところです。ゆったりと羽根を ... » more

ムジカ・クオーレ 定期演奏会終了 第57回ムジカ・クオーレフルートアンサンブル定期演奏会が無事に終了いたしました!お越しくださった皆様、ありがとうございました!フルートレッスンのお問い合わせは、yoshinoflute@gmail.comまで ... » more

ベストオブクラシック・選NHK-FM2019年5月20日(月)午後7:30〜午後9:10(100分)▽アロド弦楽四重奏団演奏会松波順子「弦楽四重奏曲ニ短調K.421」モーツァルト作曲(25分41秒)(弦楽 ... » more

他人の見た夢はつまらないというが、自分の記憶を残しておきたいと考え、あえて書き残すことにする。場所は、ドイツあたりの歌劇場。夫婦二人して平土間でリヒャルト・シュトラウスが作曲した『ばらの騎士』新演出上演を観ることになった ... » more

『レコード芸術』に、酒井有彩さんのインタビュー記事が載っていました。酒井有彩さんは、多くの国際コンクールの受賞歴があり、ラヴェルのピアノ協奏曲を含むデビューCDが大きな評判となったピアニストです。デビューCDについては、2年ほど前に ... » more

ドコモの新料金プラン(ギガホ&ギガライト)CM、「キャラ・オーディション開催」篇(出演:江口洋介、橋本環奈)で流れている音楽は、エドヴァルド・グリーグ作曲の『ペール・ギュント』組曲から「山の魔王の宮殿にて」という曲。“ペール ... » more
テーマ ピアノ クラシック CM音楽

プロコフィエフ《アレクサンドル・ネフスキー》 セルゲイ・プロコフィエフ《アレクサンドル・ネフスキー》の対訳テンプレートを作成しました。当プロジェクトではオラトリオやカンタータの対訳をオマケ的に扱っています。計画していたわけじゃないのに、このところなぜかずっとロシア・東欧系のテンプレ公開 ... » more