誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フェンタニル

フェンタニル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: フェンタニル
テーマ「フェンタニル」のブログを一覧表示!「フェンタニル」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ
・プロポフォールによる麻酔導入前のフェンタニルの投与は、プロポフォールの導入量とその副作用を減らして、スムーズな導入を促進するはずである。本研究は、フェンタニルとプロポフォールの投与間隔を変えて麻酔導.. » more
テーマ フェンタニル

・術後悪心嘔吐(PONV)は、患者が最も恐れる麻酔関連の影響の 1 つであり、退院を遅らせる可能性がある。スコアと危険因子は確立されているが、多くは現代的麻酔レジメンの前に、修正可能な麻酔関連変数に焦.. » more
テーマ フェンタニル

・周術期シバリングは、脊柱管麻酔下の帝王切開時に臨床的によく見られ、いくつかの脊柱管内補助剤がそれに対して予防効果があると報告されている。ただし、本研究の結果は議論の余地があり、これらの脊柱管補助薬の.. » more
テーマ フェンタニル

・嘔気嘔吐は、脊椎麻酔下の帝王切開術における「大きな問題」として残っている。脊椎麻酔における術中と術直後の悪心嘔吐の発生率は高い。それは身体的にも精神的にも患者を苦しめ、外科医や麻酔科医を悩ませている.. » more
テーマ フェンタニル

・脊柱管ブロックの質を改善したり、脊椎麻酔中の鎮痛持続時間を延長するために、クモ膜下補助薬が局所麻酔薬に添加される。クモ膜下に使用すると、フェンタニルはブピバカイン単味と比較して脊髄遮断の質を改善し、.. » more
テーマ フェンタニル

・今回の前向き無作為化二重盲式試験では、クモ膜下ミダゾラム vs フェンタニルを高比重ロピバカインに加えた場合、高比重ロピバカインによって生じる脊髄遮断の持続時間と質に及ぼすそれぞれの効果を評価しつつ.. » more
テーマ フェンタニル

・くも膜下への薬の併用投与はくも膜下ブロックの特性に相乗効果がある。本研究は、フェンタニルの長時間の知覚運動遮断と共に鎮痛持続時間を増強する上でのクモ膜下ミダゾラムの有効性を研究するために計画された。.. » more
テーマ フェンタニル

・ケタミンは救急医療の全身麻酔に頻繁に使用される導入剤である。一般的には血行動態的に安定していると考えられているが、高血圧や頻脈を引き起こし、ショックをきたしたり悪化させたりする可能性がある。ケタミン.. » more
テーマ フェンタニル

・喉頭と気管への刺激は心拍数と血圧の著しい増加を伴う反射性交感神経副腎反応を引き起こすことが知られている。不整脈が惹起される可能性もある。この反応の有害性はリスクのある患者で注目されてきた。そこで、喉.. » more
テーマ フェンタニル

・これまでの研究の結果は、帝王切開(CS)麻酔のためにフェンタニルと高比重ブピバカインの連続的なクモ膜下注入を使用することが良質の麻酔を提供し、術後鎮痛を延長することを示した。本研究の目的は、フェンタ.. » more
テーマ フェンタニル

・プロポフォールは、全身麻酔導入のためのよくある麻酔薬であるが、時には、導入/挿管中に血行動態の変動が顕著である。本研究の目的は、血行動態の変動増加に及ぼす影響要因を決定し、血行動態の変動を防ぐために.. » more
テーマ フェンタニル

・上肢手術に際し、腕神経叢ブロックが日々人気を集めている。鎖骨上腕神経叢ブロックは、単独でまたは全身麻酔との併用で外科手術麻酔に使用される可能性がある。著者らは、上肢手術に際し超音波ガイド下鎖骨上神経.. » more
テーマ フェンタニル

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9    次のページ

テーマのトップに戻る