誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    エネルギー問題

エネルギー問題

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「エネルギー問題」のブログを一覧表示!「エネルギー問題」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「エネルギー問題」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「エネルギー問題」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

最近Anjinと言う匿名の方より、無茶庵のブログの特に自動車に関する記事に対して、大変示唆に富むコメントが寄せられた。不肖無茶庵は拙文に目を通していただくだけでも光栄なことであるのに、ましてや、貴重なご意見を頂き、恐縮している。ここにお ... » more

今年もついにあと3日でお終いだ。ほんとに月日の経つのは早いものだ。恒例の重大ニュースを選んだ。月並みかも知れないが今年の無茶庵は日本の原子力再興のに向けて天が与えた試練の年だったような気がする。来年はこの試練を乗り越えて日本も世界に負け ... » more

中越沖地震と柏崎刈羽原子力発電所(現地視察後の感想) ひと時の喧騒ともいえる行政、事業者、マスコミの初期行動の責任の攻めぎ合いも鎮静化し、現場の調査もそれなりに順調に進み今各方面で冷静に今回の地震の教訓を生かそうとしているのは喜ばしい。10月29日横浜で開催された原子力委員会主催の市民懇談 ... » more

このところ、学会のシニアネットの学生との対話関係で多忙でブログも手を抜かざるを得ない状況である。以前このブログに中越沖地震の時の発電所の対応などについて感想を書いたが、友人がそれを見て、友人が編集委員を務める某業界誌に随想ん寄稿を依頼さ ... » more

この所秋田の田舎で小阿仁村と言う村の村長が核廃棄物の最終処分場に興味を示して、その誘致に向けて調査を受け入れたいと言う態度を表明し、全国の話題になった。秋田出身の無茶庵はかねがね日本のチベットと言われる過疎の地秋田で産業を興すには国の大 ... » more

残念なことに、大地震が原発をも襲った。設計時想定の加速度を超える地震であったが、原子炉は安全に停止した。原子炉の安全に係わる設備の耐震設計は加速度だけでなく地震波を想定して、その波の応答加速度で設計しているので、今度のような長周期の ... » more

31日の鈴木篤之先生の特別講演は、先生らしく安全問題をロバスト的にしたいと想いから,安全問題を論理的に整理しているのは学界的には素晴らし事だが、先生の言う実体的な意味では、現実には説得力がない。安全性を実体的な安全性と手続き的な安全性と ... » more

学会春の総会が3月27日から29日に掛けて、名古屋大学で開催された。全く久しぶりに学会で発表した。テーマは「次代を担う若者に伝えたい物造の苦労と楽しみ」で、シニアネットワークの企画セッションのパネルで、キーノートスピーチとして15分 ... » more

JHFCの18年度セミナーを聴講した。結論から言えば、案の定大きな進展が無い。自らBackToTheBasicと称して、基本に返って基盤技術のブレークスルー技術を探しているようである。大きな課題はコスト(目標は1/100)特に触媒材 ... » more

生涯学習での講演 1月末某市の生涯学習外郭団体の運営する市民大学で、持論の「脱石油社会に向けて」の講演を行った。この講演は、市民大学の環境とエネルギーの講座の一環として企画されたものであり、当日は約40名の聴講者が出席熱心に聴講していた。話の内容、 ... » more

今年1月23日の読売新聞3ページにタイトルのような記事が載っていました。嘘だろうと思い読んで見ましたら、1月8日、青森県東通村の風力発電機が倒壊してこれについての記事の中で、風速60mに絶えられることになっているのに、現場にある記録では瞬間 ... » more

エネルギー保存則は絶対だから、フリーエネルギーを語ることには意味がないと一般的にいわれている。果たして、そう言い切ってしまうことができるのだろうか。エネルギー保存則は、基本的に閉鎖系においてのみ成立する法則である。系の外部との間にエネル ... » more

あるところに、半人前の板前がいた。半人前といっても、男の料理の腕は相当なもので、その味は師匠のそれに勝るとも劣らないものであった。けれども、男の師は未だ彼を半人前扱いするのだった。男は思った。「師は、きっと私を手元から離したくないに ... » more
テーマ エネルギー問題 理想社会

人はパンのみにて生きるものではないが、パンがなければ、また生きることはできまい。世界の混迷は、石油資源をはじめ、有限なものを大勢で分かち合わねばならないことに起因しているといえるだろう。エゴと向き合うという生き方は、新しいパラダイム ... » more
テーマ エネルギー問題 理想社会 哲学

災害や戦争は、人類の人口抑制には必要不可欠であるかのように考えている人たちがいる。中には、戦争こそ人口の自己抑制のようにとらえる向きもある。しかしながら、私はそうした考えには極めて懐疑的だ。まず、人口問題と一口に言っても、何が問題な ... » more

今日の原発産業が、エネルギー目的以外にあるのだとすれば、その隠された存在理由は軍事目的だろう。つまり、軍産複合体が軍用プルトニウムを入手するための畑として用いているということだ。しかも、その畑の維持費を一般人民が負担してくれるのだか ... » more

地球は熱力学的に開放系であっても、工業資源に関しては閉鎖系にあるため、廃物処理に関しては、CO2などの無害な天然物質と、熱エネルギーに転換する方が好ましいといえる。二酸化炭素は、生態系を乱すことなく植物によって速やかに酸素へと転換できる ... » more

 

最終更新日: 2016/11/13 15:01

「エネルギー問題」のブログ関連商品

» 「エネルギー問題」のブログレビュー をもっと探す

「エネルギー問題」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る