誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    海外生活

海外生活

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「海外生活」のブログを一覧表示!「海外生活」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「海外生活」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「海外生活」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

ホッと空の物語35‐海峡のモグラ-単独責任の重み 二社コンソーシアムの単独責任。。。。翌7月7日(火)二社での遂行を議論したが、たいした結論も無く、すっきりしないままに時間が過ぎて行った。そして夕方になってディックが本音を吐いた。ディック:基本的にはKHIの仕事である。ロビ ... » more
テーマ ドーバー海峡 海外生活

ホッと空の物語34‐海峡のモグラ-青天の霹靂 7月6日、パリのオーレ事務所ディック、ロビンスの顧問弁護士デュプレー、杉村、端元、近藤そしてオーレと主要メンバー全員が揃っていた。FCBが離脱しロビンスとKHIの2社で続行することになった。シアトルで離脱しますと言ったが、なぜかロビ ... » more
テーマ ドーバー海峡 海外生活

ホッと空の物語33‐海峡のモグラ-不可解な動き 三社から二社へ...コスト積算を待つ段階で、不可解な動きが出てきた。5月08日(金)になって、T2,3は原点に戻ってスラリー式が採用されるとの情報が何処からか出てきた。これに対して、FCBとロビンスはT1と同じ形式の土圧式を本案とし ... » more
テーマ 思い出 海外生活 ドーバー海峡トンネル

ホッと空の物語32‐海峡のモグラ-休息バカンス ようやくT2,3の三社コンソの活動は軌道に乗り、後はコストの積算となった。これは各社の進捗待ちで、時間的に余裕が出来た。そこで妻を呼ぶ事にした。5月2日に来仏した。早朝便で着いたが寝坊をしてしまい、迎えに行くのが遅くなった。ドゴール空港で妻 ... » more
テーマ 海外生活 ドーバー海峡トンネル

ホッと空の物語31‐海峡のモグラ-同床異夢の三社 三社コンソーシアム2月26日(木):TMCマルタン社長、フィルマン氏へ三社合意を報告した。マルタン氏は非常に喜んだが、三社であってもコストが合わなければ発注できないと釘を刺すのを忘れなかった。新たな段階に入ったと言う満足感を持って、 ... » more
テーマ ドーバー海峡 海外生活

ホッと空の物語30‐海峡のモグラ-ディックの願い その夜、彼我の形勢分析をじっくりと行った。最後に、杉村部長が「こちらがわずかかも知れないが強いと思う。明日は押すぞ」と断を下した。明けて2月21日(土):土曜日。ディック:昨日小杉とコンタクトを試みたができなかった。したがっ ... » more
テーマ 海外生活 ユーロトンネル

Kalayaan すぴりっとまがたま?
まがたま? 天気:時々:燃えるような赤松明のようでトロピカルムード満点 鮮やかな赤色の苞が特徴の“レッドジンジャー”その名の通り、ショウガ科の花で、熱帯アジア原産日本語にしたら ... » more

ホッと空の物語29‐海峡のモグラ -三つ巴 ロビンスとの交渉は、小杉の問題が暗礁に乗り上げ膠着したままであったが、2月19日に杉村営業部長が来仏して事態が動いた。1987年2月20日、21日(土)は大きな転換点だった。KHIはFCBに対し「小杉を公式参加させないこと」を確認しその ... » more
テーマ 海外生活 英仏海峡トンネル

ホッと空の物語28‐海峡のモグラ-リベンジはパリから エマニュエル・オーレ事務所はパリ8区にありフランス国鉄(SNCF)サンラザール駅前で、R.Sato事務所の近くである。周りにはプランタンデパート、オペラ座などがある。パリの常宿にしていたホテルアリソンはマドレーヌ寺院の周辺である。近くのサン ... » more
テーマ 海外生活 伝記 英仏海峡トンネル

ホッと空の物語27‐海峡のモグラ-出直しの設計ブックを携えて MCSの実験は三分の一の縮尺規模で、日本で行うことになった。試料はフランスから約40トンのチョークを取り寄せる事にした。この時にチョークには上部からホワイト、グレー、ブルーの三種がある事を知った。仏側立抗にはブルーは出現しないのでグレーで試 ... » more
テーマ ドーバー海峡 海外生活

ホッと空の物語26‐海峡のモグラ 執念の直訴 12月10日(水)午前、TMCのフィルマン、ゴルティエに春日、R.Sato、滝川らと会った。春日:ようやくお会いすることができました。FCBと協働しており、前面には出ていませんが技術者を派遣していました。フィルマン:近藤が来てい ... » more
テーマ 海外生活 英仏海峡トンネル ドラマ

ホッと空の物語25‐海峡のモグラ FCBのおもい 12月08日(月)、春日技術部長が来仏。ロリドンと経緯の総括をした。こちらから「TMCの件はFCBにとっても、KHIにとっても重要である。相手のロビンスには小杉がついている。その上DHIにも出られたら、我々の日本国内事業に影響が出る。 ... » more
テーマ 海外生活 英仏海峡トンネル ドラマ

Kalayaan すぴりっと猫村健在
猫村健在 天気::裏庭の熱帯雨林との境のフェンス(普段あまり足を踏み入れない場所)に絡まって咲いていたこんなところにこんな花が・・・ここに引っ越して1年・・・まだ ... » more

久しぶりの更新です。只今カナダはやっと春らしくなってきました。が、私はアレルギー(花粉症)で絶不調ですそれはさておき、今日は私が大学院に通ったUniversity of Albertaの卒業生用に冊子(年に何回 ... » more

ホッと空の物語-23 海峡のモグラ‐反撃の新技術 どんな展開になったとしても、今は新型SCのコンセプト(基本的考え)をしっかり固め、質問に応えられ、効能を説明できるように理論武装することが重要であると考えた。SCは長くすれば、それに比例して耐水圧性能が上がる。しかし、TBMの寸法を大幅 ... » more
テーマ 海外生活 ドーバー海峡トンネル

こ〜こはど〜この 細道じゃ〜 ?? 天気::ここフィリピンでも桜が咲くちょうど今の時期咲いていて色も淡いピンク遠目には桜と見紛うほどでも・・・花や葉がちょっと違う通称名は、“ピンク・シャワ ... » more

Kalayaan すぴりっとカマチリ!?
カマチリ!? 天気::ふわふわの刷毛のような花マメ科の花によく見られる特長ですが・・・紹介したいのは花ではなく、実(豆)ですコイル状にねじれた豆ここ ... » more

ホッと空の物語-20 海峡のモグラ‐北フランスの生活 1986年10月5日(日)から長い受注のドラマが始まった。それを暗示する出来事が出発日に起こった。夕方パリCHD空港に着いたが予定の迎えの人が一向に来ない。各到着便も終わって空港も閑散としてきた。日本航空のスチュワーデスの一人が「どうか ... » more
テーマ 海外生活 ユーロトンネル

ホッと空の物語‐19 海峡のモグラ-仏企業と共に 1986年の7月にTBM各社は技術仕様書と見積書を提出した。我陣営は、陸上側、海峡側共にTMCの要求仕様どおり、泥水式で応札した。日本勢の他社は海陸共に新型スクリューコンベア(SC)を採用した土圧式、米国ロビンスもスクリューコンベアの後部に ... » more
テーマ 思い出 海外生活 ユーロトンネル

Kalayaan すぴりっと最終神器 到来
最終神器 到来 天気::大輪(10cmほど)の花垂れ下がって風に揺れてる様子が優雅真っ白ではなく、やや青紫がかっています“ベンガルヤハズカズラ(ベンガル矢筈葛)”インド原産のキ ... » more

おうち de サロン #2 天気::房状に咲いたなんとも美しい色・形の花ここカラヤンハイツの1回目の居住時(7年前)に、初めて見て記事にしました(以前の記事はここです)ちょうど花期になったようで、再び巡り会えて ... » more

ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます2017年も良い年になりますように今日はこのブログを通じて知り合った方で、現在カナダのPT試験の勉強中のkoyoさんのブログを ... » more

花言葉は“パッション”  天気::南国的な“ブーゲンビリア”日を浴びて豪華に咲き誇っています原産は熱帯南アメリカでオシロイバナ科名前の由来は、ブラジルでこの木を見つけたフランス人の探検家“ブーガンヴィル”に ... » more

Kalayaan すぴりっとチョ〜元気
チョ〜元気 天気:時々:初日の出いつもの朝日なのに何故か今日のは特別な気持・・・30分ほど前はこんな曇り空朝日は諦めてたのに・・・ラッキー ... » more

ホッと空の物語-16 いざ英仏海峡へ 全国的な地下鉄、上下水道、地下河川、道路建設などの事業を受けてトンネル掘削機の業績は各社ともに急な上昇カーブを描き始め、視線は海外に向き始めた。わが社が最も積極的で1985年にはフランスのFCB社にシールド掘進機の技術供与を行った。そしてリ ... » more
テーマ 海外生活 ユーロトンネル

こんにちは。もう今年も残すところあとわずかですね。早いものです。個人的には大きな変化の年でした。来年は産後で衰えた身体を鍛える事と、そろそろ本気で仕事復帰を目指したいです。今日は、今年を振り返るというか今までのこのブログを振り返って ... » more

アンダンテに・・・反日感情
「前記事から引き続き、タクシーの話」になる。昨日は、夫と暖房器具を買いに出かけた。行きは地下鉄で行ったが、帰りには荷物も多いのでタクシー利用になった。運転手に行く先を告げると、自分は羅湖辺りをテリトリーにしているので ... » more
テーマ 海外生活 50代以上のblog 深センライフ  コメント(4)

Kalayaan すぴりっとスマートじゃない?
スマートじゃない? 天気::大きな花(直径6〜10cm程)、それもいっぱい・・・見ごたえがあります植わってる場所もユニークなので一層目を引きます階段入り口を覆う様にアーチ状・・・ ... » more

ホッと空の物語-13 驚愕の独製硬岩TBM ビルト社ではTBMを製作している工程を追いながら、輸入後の運転、メンテナンスをスムーズに行うために、研修を受けた。毎日、講義と現場実習である。自身の会社では、TBM事業は開店休業状態だったので、製品への関心はあまりなかったが、彼らの ... » more

Kalayaan すぴりっとし・あ・わ・せ・気分
し・あ・わ・せ・気分 天気::真っ白い萼とその中から鮮やかな赤い花白と赤の美しいコントラストを源氏と平氏に見立てて名付けられ・・・その名も、“ゲンペイカズラ(源平葛)”原産地は熱帯アフリカ ... » more

 

最終更新日: 2019/02/18 10:08

「海外生活」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る