誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    解剖学と文学

解剖学と文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 解剖学と文学
テーマ「解剖学と文学」のブログを一覧表示!「解剖学と文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
解体新書とともに日本文化史の中に燦然と輝く名著が「蘭学事始」です。言うまでもなく、杉田玄白の著書です。 上は2004年に出版された酒井シズ先生の著書「すらすら読める 蘭学事始」です。各ペ.. » more
テーマ 解剖学と文学

いわゆる推理小説ですが、題名に引き込まれて読みました。麻見和史「ヴエサリウスの柩」、東京創元社、平成18年9月刊行です。 推理小説はあまり読みませんが、題名が題名なので読んでみました。物.. » more
テーマ 解剖学と文学

解剖学と文学 その6 眉山
歌手のさだまさしが書いた小説です。恥ずかしながらまだ彼の書いた他の小説は読んでいません。この小説は献体のことが書かれているとのことで読みました。 素晴らしい内容です。彼は小説家としても一.. » more
テーマ 解剖学と文学

解剖学と文学 その5
この本は、林太郎著 「小説・山脇東洋 江戸解剖始記」なのはな出版、1997、です。日本における解剖学の祖である山脇東洋の伝記風小説です。 宝暦4年2月7日の京都のお仕置き場で斬首の刑.. » more
テーマ 解剖学と文学

解剖学と文学 4
ほとんど知られていないと思いますが、若いころ読んで印象的だった本があります。三島 霜川(みしま そうせん)の「解剖室」です。 三島 霜川といっても現代での知名度は皆無かと思いますが、明治時代の作.. » more
テーマ 解剖学と文学

解剖学と文学 3
ドクトルマンボウこと北杜夫も芥川賞を受賞した作家です。われわれの若いころ、遠藤周作と並んで硬派、軟派を取り混ぜていろいろな随筆や小説を書いて楽しませてくれた作家です。 東北大学医学部出身ですが、.. » more
テーマ 解剖学と文学

解剖学と文学 2
1988年の第100回芥川賞は南木佳士の「ダイヤモンドダスト」でした。南木佳士は佐久総合病院に勤務する医師で作家です。ダイヤモンドダストは死と日常的に直面する医師という職業から見た矛盾について書いた小.. » more
テーマ 解剖学と文学

解剖学と文学
解剖実習も佳境に入っています。今が面白いところで、またレポートなど大変な時期でもあります。 解剖学を題材にした小説や体験記がいろいろあります。古くは魯迅の有名な「藤野先生」から最近では南木佳士の.. » more
テーマ 解剖学と文学

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る