誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    和歌

和歌

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「和歌」のブログを一覧表示!「和歌」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
万葉集全釈(493)
四九三 置きて行(ゆ)かば妹(いも)恋ひむかもしきたへの黒髪敷きて長きこの夜を 田部忌寸櫟子(たべのいみきいちひ) 置いて行ったならば、あなたは恋しがるだろうか。黒髪を敷いて寝る長いこの夜を。 .. » more
テーマ 和歌

名越の祓
佃、住吉神社にて。    聴診器に本音洩れしか夏祓   時雨亭    炎昼や国に殉ずる覚悟なし    韻を踏む如く酷暑にたたら踏む    夕立去って悠々と生きて.. » more
テーマ 和歌

万葉集全釈(492)
田部忌寸櫟子(たべのいみきいちび)が太宰に任じられた時の歌四首 四九二 衣手(ころもで)に取りとどこほり泣く子にもまされるわれを置きていかにせむ  舎人吉年(とねりのよしとし) 衣の袖に取りす.. » more
テーマ 和歌

先日、先輩が勉強中の和歌で 「天暦の御時の歌合せ」 平 兼盛作 の勉強を一緒にさせてもらいました。 何だか昔の恋心を思い出させる様な 素敵な和歌だったので、自分も・・・。 .. » more
テーマ 和歌

万葉集全釈(491)
四九一 川の上(へ)のいつ藻の花のいつもいつも来ませわが背子(せこ)時じけめやも 川の上のいつ藻の花のように、いつもいつも来てください貴方、来て悪い時などありませんよ。 川の上のいつ藻の花.. » more
テーマ 和歌

万葉集全釈(490)
吹芡刀自(ふぶきのとぢ)の歌二首 四九〇 真野(まの)の浦の淀の継橋(つぎはし)心ゆも思へや妹(いも)が夢(いめ)にし見ゆる 真野の浦の淀み掛かる継ぎ橋のように、続けて心に懸けて.. » more
テーマ 和歌

> 『和歌の心と情景』という科目。受験票を良く見なかったので、 教室を間違えてしまい、呼び出され、急遽正しい会場へ移動。 落ち着かないスタートとなったが、35分ほどで終わり .. » more
テーマ 和歌

このところ天気予報はもうテレビには頼っていないのでありまして、必要があるときはネットでウェザーニュースを見ることにしております。日が傾きまして寒くなりましたので、先ほどストーブのスイッチを付けまして、.. » more
テーマ 和歌

テレビドラマを見ておりましたら、いつだったか「ブードゥー教」というものが出て来まして、何となく妖しい宗教という感じでありました。ドラマは『ボーンズ―骨は語る―』だったと思いますが、科学者のボーンズとF.. » more
テーマ 和歌

近所をぶらぶら致しましたら、ヒマワリはとうに終わっておりまして、何となく首を垂れて反省しているような具合であります。ムクゲが咲いているのを見まして、我が家のはまだだなあと感じたのであります。散歩が終わ.. » more
テーマ 和歌

昨日、舗道で見付けたユリの花であります。ずっと藪だと思っていたのですが、よく考えてみたら、きちんと整備された市街地ですから、天然の藪であるわけもありません。昨日紹介したムラサキシキブが藪の主力でありま.. » more
テーマ 和歌

もう萩が咲いているのであります。今年初めて見ましたが、もうそんな季節なのでありましょうか。今日は雨が降るという天気予報でしたから、傘を持って出かけたわけですが、結局直接雨に降られることはなく、電車の中.. » more
テーマ 和歌

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る