誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    城山三郎

城山三郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「城山三郎」のブログを一覧表示!「城山三郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
 静かな本だ。読んでいて雑音が聞こえない。静謐のなかに、4人の少年の生死が描かれる。  戦時下、おそらく様々な音があったのだろう。まずこの4人は飛行予科練習生(予科練)に入った。航空隊であるから.. » more
テーマ 城山三郎

 無念の死を見つめる  私が自治体史に関わっていたときのことを思い出す。ある夏の日、他に誰もいない編纂室で戦死者のことを書きつづっていた。中央大学在学中に学徒動員で海軍に行き、第一神雷爆戦隊の一.. » more
テーマ 城山三郎

 『世界』(岩波書店)11月号に、内橋の講演記録が載せられている。城山三郎の小説三点、『男子の本懐』、『鼠ー鈴木商店焼き討ち事件』、『落日燃ゆ』である。これらは歴史に題材をとったものだ。浜口雄幸、井上.. » more
テーマ 城山三郎

城山三郎のこと
 城山三郎が亡くなった記事が、今日の『中日新聞』夕刊にあった。その主旨を、以下に紹介しよう。  城山さんは、戦争末期、あと数ヶ月戦争が長引けば「伏龍特攻隊」の一員として、死ぬはずであった。「伏龍.. » more
テーマ 城山三郎

 奥さん思いのこういう作品は、その永遠の別れのところでどうしても泣けてきます。ただ、今回自分でも驚いたのは、城山三郎の文章よりも、その次女があとがき的に書いた文章に泣けたことです。そばで見ている娘のほ.. » more
テーマ 城山三郎

甦る面影、声にならぬ悲しみ。最期まで天真爛漫だった君よ……。亡き妻との人生の日々を綴った、凛として純真な愛あふれる「妻との半生記」。感涙の絶筆。 癌とわかった妻。私は言葉が出なかった。かわりに.. » more
テーマ 城山三郎

体験者が語る “戦争の現実”
戦争の悲惨さを知るI氏から、メールが届いた。 「城山三郎と平岩外四の対談」 (大岡昇平「野火」を読む)を読み、 70年前の戦争と今が重なって見えることに驚いている。 このよ.. » more
テーマ 城山三郎

    「対談集「気骨」について」城山三郎著(新潮文庫)を読みました。 経済小説、歴史小説の世界で、日本男子の生き方を描いた城山三郎先生が、これはと思う人物との対談を通して、人間としての魅力を感じる.. » more
テーマ 城山三郎

    「指揮官たちの特攻  幸福は花びらのごとく」城山三郎著(新潮文庫)を読みました。 城山三郎さんは、1927年 名古屋市生まれ。 海軍特別幹部練習生として終戦を迎え、戦後一橋大学卒業後、愛知学.. » more
テーマ 城山三郎

最近は、人の生き方、死に方について考えるようになった。 税理士とか公認会計士など、いわゆる職業会計人の世界では、昔から自他共に弟子と認める人を何人育てたかは 大きな評価ポイントだった。NHKの『プ.. » more
テーマ 城山三郎

現在の日本国民の思想に大きな影響を与えた、国民的作家二人について少し考えたいと思っています。無論 思想的には立派な論文や学説を唱える学者や、名誉あるとされている賞を貰っている人たちも多くおられるでし.. » more
テーマ 城山三郎

落日燃ゆ
A級戦犯として絞首刑になった唯一の文官広田 弘毅の生涯を描いた城山三郎の小説です。 外交官となるまで、そして外務省における仕事ぶり、大臣や総理大臣としてのさらなる複雑な立場での仕事のあり方。それぞれ.. » more
テーマ 城山三郎

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る