誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人類

人類

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「人類」のブログを一覧表示!「人類」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ
日本SF傑作選2 小松左京 神への長い道/継ぐのは誰か? (ハヤカワ文庫JA) [ 日下 三蔵 ] - 楽天ブックス『日本SF傑作選2 小松左京』日下三蔵編 ハヤカワ文庫JA 2017年10月15日発.. » more
テーマ 人類

兵馬俑の発見は1974年、死海文書は1947年。どちらも発見当時、「20世紀最大の考古学的発見」と言われたという。 どちらが真に「20世紀最大の考古学的発見」なのか? こんな問いはまさに「.. » more
テーマ 人類

松木武彦『人はなぜ戦うのか 考古学からみた戦争』(講談社、2001年)は、考古学者による戦争論。 この書によれば、日本列島において、縄文時代に戦争はなかった。ここでいう戦争は、集団において戦い.. » more
テーマ 人類

日本語の中の「トナカイ」という言葉は、アイヌ語に由来するらしい。 ウィキってみるとアイヌが住むのは北海道とサハリン(樺太)とあったが、トナカイはサハリンにはいるのかもしれない。あるいは、アイヌ.. » more
テーマ 人類

東京科学博物館の常設展を見たときのこと(「グレートジャーニー展」を見た後だったか)。 大型野生動物の剥製のコレクションが壮観だった。 頭のてっぺんまでの身長が2m、体重が800kgもある、.. » more
テーマ 人類

いま読みかけの、マイミク・かまいちさんにも勧められた網野善彦『中世の非人と遊女』(講談社学術文庫、2005年。原著は1994年)の中に、ビビンと来る個所があった。 人類の定住、そして農業・牧畜.. » more
テーマ 人類

僕自身にとっての今年、2013年のマイブームは、「狩猟採集」生活/時代ということ、ないし、より正確には、「遊動性」という概念である。 人類史の中で、人類が定住する以前の生活、社会、精神のあり方.. » more
テーマ 人類

今朝のNHKのニュースによれば、今日、世界全体の人口が70億人を突破する見通しで、今日生まれた赤ちゃんは、すべて70億人目として扱われるという。 「世界人口」をウィキってみると、1960~70.. » more
テーマ 人類

「プラスチックの醜さ」とは、『東京漂流』かどの本かは忘れたが、藤原新也が書いていた文の中にあった、印象に残っている一節である。 人気のない砂浜なり、山道なりの中に、色鮮やかな、安っぽい、永遠に.. » more
テーマ 人類

第三次世界大戦は始まっている
世界大戦が、宗教的または経済的あるいは軍事的な、国家を始めとした主要組織間における法律やイデオロギーや怨恨や自尊心や有力者の欲得に起因した大規模な人々の殺戮であるならば、それは既に始まっている。 仮.. » more
テーマ 人類

  大自然に対する畏敬の念や感謝の念や慎みの念を忘れ、本質的無知と利己主義と欲望の自由を手にした人類はもはや天下無敵だ。 たちまち、この水の惑星を死の惑星に変えることができる。 実際、もうすでに7.. » more
テーマ 人類

  生命体として生きている限り、いのちの本質を最優先に考えることは絶対要件である。 経済的豊かさ最優先の現代資本主義文明は根本的に間違っている。   競争的私的所有の時代から全一調和的本質関.. » more
テーマ 人類

 
前のページ    1  2  3  4  5  6    次のページ

テーマのトップに戻る