誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    藤原新也

藤原新也

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 藤原新也
テーマ「藤原新也」のブログを一覧表示!「藤原新也」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
今週はこんな本を読んだ №350 (27. 1. 18) 「全東洋街道」  藤原新也 集英社  81年7月初版  2200円 ずっと長い間この本を探していた。書庫の押入れのあのあたりあるこ.. » more
テーマ 藤原新也

絵はがき
 最近我が家には、クロネコメール便が多く配達される。各種団体が出しているパンフレットやニュースレターのほとんどがそれだ。  郵送料などを考えると、それもいいだろう。私も研究会の雑誌などを送るとき.. » more
テーマ 藤原新也

「プラスチックの醜さ」とは、『東京漂流』かどの本かは忘れたが、藤原新也が書いていた文の中にあった、印象に残っている一節である。 人気のない砂浜なり、山道なりの中に、色鮮やかな、安っぽい、永遠に.. » more
テーマ 藤原新也

「ジョン・レノンの死」への、mixiでのマイミクの方が最近になってビートルズを聞き始めたというコメントを読んで、一般に、作品を作り出すアーティストや物書きとの出会いとは一人ひとりがそれぞれ出会うものと.. » more
テーマ 藤原新也

 土曜、日曜とずっと寝ながら本を読んでいた。その中の一つが藤原新也の本、『平成幸福音頭』である。これがまたすこぶる面白く、またまじめなのである。「平成」という時代、といっても出版は1993年であるから.. » more
テーマ 藤原新也

 なかなか風邪が脱けず、仕方なく布団の中で本を読む。今朝読み終えたのがこの本である。旅の好きな私も、藤原氏が歩いた道を歩んでみたいと思うが、チベットの山中の寺での生活は無理だと思った。しかし山中の寺院.. » more
テーマ 藤原新也

藤原が文で表現する世界は、豊饒である。  本書の中に、和南城という彫刻家の作品について、「沈黙」の声が聞こえる、とある。藤原の文は、ある意味饒舌である。饒舌に、自らの見たもの、あるいは感懐を書き付け.. » more
テーマ 藤原新也

藤原の眼は確かだ。写真をやっているだけあって、見るべきものを見る。旅に行っても、彼は見る。見つめるべきものを見つめるのだ。もちろん、見るべきものを見るためには、批判精神がなければならない。彼の批判精神.. » more
テーマ 藤原新也

 表題が記された表紙は、ガンジス川の中州に流れ着いた死体を噛む犬の写真である。この犬が「黄泉の犬」なのであろうか。裏表紙の写真は、富士山が見える庭園の写真であるが、これは「黄泉の国」であるかのような風.. » more
テーマ 藤原新也

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る