誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    佐久間闇子

佐久間闇子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 佐久間闇子
テーマ「佐久間闇子」のブログを一覧表示!「佐久間闇子」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
佐久間闇子の帰宅
窓を開けた教室に、爽やかな風と蝉の鳴き声が流れていた。 整然と並べられた机の群れに、傾き始めた陽射しが影を作る。 黒板消しをクリーナーにかけて、少女は粉を拭き取り、息を吐く。 いつもながら、緑色.. » more
テーマ 佐久間闇子

闇市ふたたび
まったくもって最強の女だ・・・と、八武死根也は思う。つくづく思う。 そして自分にとって最高の友人でもある。いや、悪友か。 仕えていた主たる、闇の支配者ミクモウの、断片にして端末。 佐久間闇子。あ.. » more
テーマ 佐久間闇子

闇子
<問題編> 真夜 「ハァ、ハァ、動的計画法・・・。」 真夜 「今、対象となる問題を、んんっ、複数の部分問題に分けちゃダメ・・・ダメなのに・・・」 真夜 「悔しい・・・いつもの.. » more
テーマ 佐久間闇子

闇市
◆ アッキー 「ここに100枚の金貨があります。」 佐久間 「金貨なんてどこにあるの。」 アッキー 「金貨なんてありませんよ。」 佐久間 「だったら金貨があるなんて言わ.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街   あとがき
◆ 「美肉賞味」が熟女だったので、今回は幼女で行こうという着想でした。あくまで最初は。 相変わらずコンセプトが迷走する毎日ですが、街の描写は上出来だと思っています。 全体的には、.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 10
突如として竜巻が巻き起こった。 それを皮切りに次々と爆炎が噴き出し、こちらへ向かってくる。 「ぬああああ!?」 八武は驚き、いきり立った逸物を両手で抱えながら走り出した。危険なので真似してはいけ.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 9
闇の支配者ミクモウが死んだのは、ある世界軸で1億年も前のことだった。 魂を持たないミクモウの精神は粉々に分かれ、世界すら超えて散っていった。もう元には戻らない。 しかし、精神の大部分は、ひとつの世.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 8
「それで、これから私をどうするって?」 あちこち引き裂かれた服に身を包んで、ポニーテールの美女が磔になっていた。 豊かな胸や、くびれた腰、すらりと伸びた脚などが、血に塗れている。 しかし眼光だけ.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 7
もくもくと燻る煙が、夕暮れの空を舞うカラスへ向かって流れていく。 季節を感じさせない、うっそうとした街。薄暗い街。 公害を撒き散らしそうな雰囲気の工場に、ネオンサインのけばけばしい歓楽施設。 の.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 6
その瞬間だった。 少女の全身から無数のトゲが乱射され、八武に降り注いだ。 「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!??」 天高く聳えるバベル.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 5
少女は八武の膝に抱かれながら、泣き叫んでいた。 人生で初めて味わう快楽に、頭がついていかない。 「おや、触診でこれだけ痛みを感じているとは、やはり良からぬ事態が起こっているようだ。」 痛みではな.. » more
テーマ 佐久間闇子

屍の街 4
「綺麗な体をしているね。」 少女は下着を身につけていなかった。こんな街だから当たり前なのだが、服を脱いだらスッポンポンである。 これまで体を拭くのは佐久間が担当していたので、男性に体を晒すのは初め.. » more
テーマ 佐久間闇子

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る