誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    箱根湿生花園

箱根湿生花園

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「箱根湿生花園」のブログを一覧表示!「箱根湿生花園」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「箱根湿生花園」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「箱根湿生花園」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

* 箱根湿生花園 D * ヤグルマソウ ハンカイソウ ツツジ類 ヤマボウシ など・・・ [1870 ]仙石原湿原から入口に向かって、ゆっくり歩きます。最終コーナーにあたります。ヤグルマソウ(矢車草)ユキノシタ科ヤグルマソウ属 多年草。 根出葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、葉柄は50c ... » more

* 箱根湿生花園 C * イブキトラノオ サワラン ヒツジグサ コウホネ 仙石原湿原植生復元区・・ [1869 ]園内を進んでいって・・・湿原区(高層区や仙石原)あたりの景色です。イブキトラノオ(伊吹虎の尾)タデ科タデ属多年草滋賀県伊吹山に多くみられる事からの命名です。 山地から高山の日当 ... » more

* 箱根湿生花園 B * ウツギと名のつく8種 ユリの仲間3種 ・・コーラス発表会・・ [1868 ]オオベニウツギ(大紅空木)スイカズラ科タニウツギ属落葉広葉低木原産: 朝鮮、中国、日本花期:4-5月美しい花木で品種も多く、花色も濃紅色だけでなく、ピンクや白花、そして葉に斑が ... » more

* 箱根湿生花園 A * 園内地図 コマクサ タツナミソウ2種 チョウジソウ・・・ [1867 ]箱根湿生花園:湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心とした植物園です。園内には低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物1. ... » more

* 箱根湿生花園 @ * ヒマラヤの青いケシ クリンソウ3種 網目瓶子草・・・ [1866 ]そうだ!箱根に行こう〜と思い立ちまして〜久しぶりに車の出番です。次の日のお天気が悪そうなので、一番にココを目指しました。箱根湿生花園:湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育してい ... » more

【神奈川】  輝く白い妖精 箱根湿生花園 ミズバショウ見ごろ   東京新聞2016年3月26日 【神奈川】輝く白い妖精箱根湿生花園 ミズバショウ見ごろ東京新聞2016年3月26日http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201603/CK2016032602000148 ... » more

* 箱根湿生花園C * シロヤシオ オオバキスミレ シラネアオイ etc [1661]箱根湿生花園:湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園です。 園内には、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、 高山 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 高山のお花畑  コメント(16)

* 箱根湿生花園B * 低層湿原の花ったち ミズバショウ ミツガシワ コウホネ etc [1660]箱根湿生花園:湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園です。 園内には、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、 ... » more

* 箱根湿生花園A * ミヤマホタルカズラ、イカリソウ3種 レンゲツツジなど木の花・・・ [1658]園路は、低地から高山へ、初期の湿原から発達した湿原へと順に見てまわれます。先ず、エントランスを通って、低地の林などのお花たちを見て回ります。@Aダッチアイリス(アヤメ科)別名:オラン ... » more

* 箱根湿生花園@ * ヒマラヤの青いケシ 他2種 プリムラ シャクナゲ etc [1657]箱根湿生花園:湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園です。園内には、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山 ... » more

{ ミヤマカラスアゲハとマツムシソウ} この画像は、ぼくの記憶では、数年前の初秋、箱根湿生花園で、マツムシソウの蜜を吸おうとしているミヤマカラスアゲハを撮ったものだと思います。 以前は、箱根湿生花園によく行きましたが、最近、近くの平塚に花菜ガーデンが出来て、そこに行くこと ... » more

一画一言 「ニッコウキスゲとセセリ蝶」 同じく、8月28日、箱根湿生花園で、ニッコウキスゲに、セセリ蝶がとまっているところを撮影。 花は、静止しているが、セセリ蝶には動きがあるので、静と動のバランスが良いかも?と期待して、撮ってみたが。 ... » more
テーマ ニッコウキスゲ 箱根湿生花園 セセリ蝶

一画一言 「アザミとセセリ蝶」 アザミの花が重くて、ちょっとうなだれたところ、セセリ蝶が「ちょっと、しっかりしてよ」という感じで、下から支えようとしてるみたい。 8月28日、箱根湿生花園で撮影。 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 セセリ蝶 アザミの花

一画一言 「レンゲショウマ」 花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられた。日本特産の一属一種の植物。花茎の下部に茎葉と根出葉がある。 葉は二四回三出複葉で、小葉は卵形、あらい鋸歯を持つ。高さは80センチ程 ... » more

アラ古希日記一画一言 「蓮の花」
一画一言 「蓮の花」 箱根湿生花園には、池がいくつもあるが、園の入口でくれる園内案内図の右端に「ハス」とプリントしてある池が、画面のハスの花が咲いている池だ。咲いているハスの花は少なかったが、葉がジャングルのように繁っていて、その迫力は、なかなかのものだ ... » more

一画一言 「ネバリノギク」 北米東部原産でキク科に分類される。 総苞片が反り返り、腺毛が粘ることから「ネバリノギク」の名がついた。 外来生物法により、「要注意外来生物」の一つとされている。8月28日、箱根湿生花園で撮影。 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 要注意外来生物 ネバリノギク

アラ古希日記一画一言 「イトトンボ」
一画一言 「イトトンボ」 子どもの頃は「イトトンボ」という呼び方しか知らなかったが、図鑑を開くと、カワトンボ、ハグロトンボ、アオハダトンボ、、、、など、いろんなトンボが登場する。 幼い頃、池の周りでイトトンボを捕まえようとして、池に転落したことがある。当 ... » more
テーマ イトトンボ 箱根湿生花園 子どもの頃

一画一言 「ツリガネニンジン」 ツリガネニンジンはキキョウ科で、秋に、淡い紫色の、釣り鐘形の花をつける。メシベは、花弁の外に出るのが特徴。 画面は、箱根湿生花園で撮影したが、秦野市内でも、葛葉広場、弘法山公園などの緑地帯でよく見かける。ポピュラーな山野草の一つだ。 ... » more

一画一言 「アサマフウロ」 花はこの仲間(geranium属)では最大級の径4cmほどの5弁、花弁は濃い赤紫色で内側に花弁よりかなり濃い赤紫色の筋模様が入る。ハクサンフウロと良く似るが、比べてみると大きさと濃い筋模様で、かなり印象が違う。ネットで調べると、花が ... » more
テーマ 箱根湿生花園 アサマフウロ

アラ古希日記一画一言 「紅花澤桔梗」
一画一言 「紅花澤桔梗」 8月28日、箱根湿生花園に行った時、入口に比較的近い場所に展示されていた。一見して、華やかな印象がある。 別名「ロベリア・カーディナルス」と言うようだ。一般の花屋さんで扱えば、人気商品になりそうな感じがする。 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 紅花沢桔梗 北米原産

一画一言 「キツネノカミソリ」 キツネノカミソリは、ヒガンバナ科の植物で、地下の鱗茎にアルカロイド毒を含む点でも、ヒガンバナ(別名・マンジュシャゲ)に似ている。 「狐の剃刀」の名前は、葉の形から剃刀を連想したものらしい。 ... » more

アラ古希日記一画一言 「睡蓮」
一画一言 「睡蓮」 箱根湿生花園には、いろんなサイズの池があるが、中央付近に、岩場植物等を集めた小型の水場があり、そこに、可愛い雰囲気の睡蓮が咲いていた。 やはり、涼しげな睡蓮は、夏の水場には欠かせない存在だ。 ... » more

一画一言 「マツムシソウ?」 箱根湿生花園で撮ったマツムシソウは、9月2日にも載せたが、今回のは、花の表面が、ほんのりとピンク色。 これも、同じマツムシソウなのだろうか?ナゾである。植物園を歩いて、ナゾにぶつかると、ワクワクする。ナゾに満ちた世界は、奥が深い感 ... » more

一画一言 「四角ひまわり」 名前の由来は、クキの断面が四角なところ。北米南東部が原産地。花が終わった後に出来る実はソウ果で、熟しても裂開せず、タネが二つ出来る。 8月28日、箱根湿生花園に行った時、入口に比較的近い場所に展示されていたところを撮影した。 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 北米原産 四角まわり

アラ古希日記一画一言 「箱根湿原」
一画一言 「箱根湿原」 箱根湿生花園を歩くと、「仙石原湿原植生復元区」という、広い湿原に出る。 雄大な箱根の山々も眺められて、「人の手で管理される前は、こんな雰囲気の場所だったのだ」と気づく。 雨が多く、緑の多い山岳に恵まれた日本列島には、こんな湿原が ... » more
テーマ 箱根湿生花園 仙石原湿原

アラ古希日記一画一言「トリカブト」
一画一言「トリカブト」 ドクウツギ、ドクゼリと並び、日本三大有毒植物に数えられる。 毒成分は、アルカロイドの「アコニチン」で、食べると、心停止で、数十秒で死亡することもある。 養蜂家は、トリカブト自生地域では、蜂蜜を採集しないのが普通とされる。画面は、 ... » more

アラ古希日記一画一言 「サギソウ」
一画一言 「サギソウ」 この花は、蛾による花粉媒介の特徴を示し、距の長さに見合った長さの口吻を持つスズメガ科の昆虫が飛来して吸蜜する。 この時に花粉塊が複眼に粘着し、他の花に運ばれる。 スズメガ科のガは飛翔力に富み、かなりの長距離を移動するので、山 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 サギソウ スズメガ科の蛾

一画一言 「タマアジサイ」 名前に「タマ」がついたのは、ツボミが球形だから。 淡紫色の小さな両性花の周囲に、4枚の花弁の装飾花が開く形になる。 山地では、8〜9月頃の開花。平地では6〜7月に開花することが多い。画面は、8月28日、箱根湿生花園で撮影した。 ... » more
テーマ ツボミが球形 箱根湿生花園 タマアジサイ

一画一言 「カクトラノオ」 北米東北部原産の多年草で、フィソステギアとも呼ばれる。 地下茎で増え、茎の断面が四角なので「カク」の名がつき、「虎の尾」は、花穂を虎の尾に見立て名前になった。 北米東北部原産の多年草で、フィソステギアとも呼ばれる。 箱根湿生 ... » more
テーマ 箱根湿生花園 カクトラノオ 北米原産

アラ古希日記一画一言 「キキョウ」
一画一言 「キキョウ」 これも「秋の七草」の一つ。「秋の七草」の覚え方は「オ(尾花)ハ(萩)ギ(桔梗)ヲ(おみなえし)ク(葛)フ(藤袴)ナ(撫子)」と聞くが、他にも「覚え方」、色々有るかも。 また、桔梗は、漢方薬としても使われるし、飢饉の時は、茹でて食 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 20:42

楽天市場のおすすめ商品

「箱根湿生花園」のブログ関連商品

» 「箱根湿生花園」のブログレビュー をもっと探す

「箱根湿生花園」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る