誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    催眠妖女達の宴

催眠妖女達の宴

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 催眠妖女達の宴
テーマ「催眠妖女達の宴」のブログを一覧表示!「催眠妖女達の宴」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
『催眠妖女達の宴(11) 終精』
 『魔性のレオタード』 を履かされた一輝は、射精し続けていた。 陽子の催眠術の力によって、射精を止めることも、レオタードを脱ぐことも出来ない…… 一輝はただ、快感に身を悶えさせるしかなかった…… .. » more

『催眠妖女達の宴(10) 野望』
 「ふふふ…… いつ見ても、若く、美しい少年が快感に悶え狂う姿を見るのは、小気味良い……」 船内にある自室に戻ったゼラは、玉座に座り、ワインを嗜みながら、モニターに映し出されているショーの様子を悠然と.. » more

『催眠妖女達の宴(9) 魔力』
 催眠バレエの演目、『催眠妖女と操り人形』 の終えた陽子と一輝…… 陽子は催眠術で眠らせた一輝を、そっとステージ上に寝かせた。  「皆様、一輝君の見事な射精を楽しんでいただけましたでしょうか?」.. » more

『催眠妖女達の宴(8) 妖舞』
 陽子と一輝が演じる催眠バレエ 『催眠妖女と操り人形』 が始まった……  この演目は、催眠妖女の操り人形となった、美しく、若い王子の快感と喜びを表現した踊りである…… 妖しげな催眠妖女に催眠術を.. » more

『催眠妖女達の宴(7) 師弟』
 ついに始まった、『催眠妖女達の宴』 …… その、第一幕に登場した催眠バレエの妖女 『桐山 陽子』 と、弟子の 『八神 一輝』 の師弟による催眠バレエがスタートした。  催眠バレエの始めるにあた.. » more

『催眠妖女達の宴(6) 開演』
 美希から、『禁』 を破った者の話を聞いて、冴子は動揺していた。   『催眠女帝 ゼラ』 に忠誠を誓った女性催眠術師達にとって、『ゼラ』 の言いつけは絶対破ってはならないものだからだ。 もし破れ.. » more

『催眠妖女達の宴(5) 女帝』
 謎の女性を前にして、純也達は身動き一つ出来なかった…… 女性の放つ圧倒的なオーラは純也達の全身を締め付けているようだった……  息が苦しい…… 呼吸すらままならないほどだ……   しかし.. » more

『催眠妖女達の宴(4) 妖船』 
 冴子と六人の男達を乗せた車は港へと向かっていた。 そこは多くの客船が停泊している場所であり、冴子の車はその中でも、一際豪華な客船の中に入っていった。  「さぁ、みんな到着したわよ!!」 冴子と.. » more

『催眠妖女達の宴(3) 出発』
 ショーの当日、純也と大樹を含む六人の男達は冴子の部屋へと集められた。  いよいよ、本番である。 男達は期待と不安が入り混じった、微妙は表情をしている…… ただ一人、純也を除いて…… 純也はこれ.. » more

『催眠妖女達の宴(2) 始動』
 「もしもし、冴子。 やっと、場所と日程が決まったわ!!」 冴子の携帯に女性から連絡があった。 それは、冴子が待ち望んでいたショーの日程と場所の知らせだった。  「良かった!! やっと決まったの.. » more

『催眠妖女達の宴 序章』
 「ひ…… あひぃ…… ぎもちぃい……」 純也はソファーに座って悶えていた……  悶える純也の隣には、冴子が純也のペニスの先端に指を絡みつかせて、弄んでいた……  「どう、純也君? 気持ち.. » more

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る