誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    クラシック音楽

クラシック音楽

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 音楽
類似テーマ: クラシック音楽 クラシック
子テーマ: オーケストラ
テーマ「クラシック音楽」のブログを一覧表示!「クラシック音楽」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「クラシック音楽」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

「クラシック音楽館」はN響第1904回定期公演(2019年1月16日/サントリーホール)。曲目は下記の通り。○フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」作品80○ブリテン:シンプル・シンフォニー作品4○リムスキー・コルサコフ:交響組 ... » more

【ピアノレッスン】 選曲会議 この月曜日、ちょっと時間があったので次の曲を考えてみました。ドビュッシーの映像を練習するようになって、一曲目のプレリュードを弾いたっきりになっていた ... » more

彷話§さまよえるオランダ人〜東京・春〜 気持ちよく気温が上がった日曜日の午後、桜も少し散りかかりの上野は東京文化会館で東京・春・音楽祭『さまよえるオランダ人』を聴いてきた。指揮:ダーヴィト・アフカムオランダ人(バス・バリトン):ブリン・ターフェルダ ... » more

週話§日曜諸相〜さまよえるオランダ人〜 今日の午後は、上野の東京文化会館。東京・春・音楽祭のメインプロワーグナーの『さまよえるオランダ人』演奏会形式を聴く。オランダ人に接する機会は意外にも少ない。一番多いのは『トリスタンとイゾルデ』の21回だが、オランダ人は1 ... » more

カラヤンによるシベリウスの交響曲の演奏会記録および録音時期を年代別に作成した。なお、演奏会の記録は、「ヘルベルト・フォン・カラヤンの作曲家別演奏史」http://www.karajan.info/concolor/1957/Co ... » more
テーマ クラシック CD 年表/生年

日曜日は前々回から二週続きでレッスンでした。最初はアンサンブルの「シンフォニア・ノビリシマ」の音作りでした。今回もフーガの部分の分担を変える箇所が出てきました。楽譜を修正しなければ(早くしないと忘れてしまう(笑))。バッ ... » more

シベリウス:交響曲第5番〜カラヤン盤聴き比べ〜 第6番のカラヤン盤の聴き比べを行ったのは2006年の秋。https://zauberfloete.at.webry.info/200609/article_10.html第5番の聴き比べもやろうと思っているうちに12年以上が経ってし ... » more
テーマ クラシック CD

コダーイ《ハーリ・ヤーノシュ》 ゾルタン・コダーイ《ハーリ・ヤーノシュ》の対訳テンプレートを作成しました。対訳テンプレートはこちら → ハーリ・ヤーノシュ組曲があまりにも有名な《ハーリ・ヤーノシュ》、元々は4幕のジングシュピールです。テンプレに掲載したのは ... » more

JR東海の『うましうるわし奈良』シリーズCMで流れる音楽は、ロバート・ライト&ジョージ・フォレスト作曲の「ストレンジャー・イン・パラダイス」(ミュージカル「キスメット」より)で、原曲はアレクサンドル・ボロディン作曲の「だったん人の踊り」(歌 ... » more

シェーンベルク《グレの歌》全曲 YouTube動画公開 アルノルト・シェーンベルク《グレの歌》全曲のドイツ語日本語対訳字幕付きYouTube動画を公開します。翻訳はpinusさまです。対訳はこちら → グレの歌動画はこちら → グレの歌先月完成した和訳を使ってさっそく仕上げま ... » more

シェーンベルク《グレの歌》対訳完成 アルノルト・シェーンベルク《グレの歌》のドイツ語日本語対訳が完成しました。シェーンベルク作品初完成です。翻訳は初登場のpinusさまです。ありがとうございました。対訳はこちら → グレの歌オペラ対訳プロジェクトではオペラの歌 ... » more

日曜日はレッスンでした。平均律第7番のフーガ、思ったようには弾けなかったのですが(どうしてなんでしょうね、ホント)、前回注意を受けたポイントについては最低限修正した演奏はできたのではないかと思います。もっと気持ち良く弾ける筈だっ ... » more

『赤い激流』は、水谷豊がピアニスト役として出演した1977年の大ヒット・ドラマ。後半に入るとドラマは、父親(緒形拳)殺しの汚名をかぶったピアノ弾きの青年(水谷豊)を助けるために、彼の師事する音大の助教授(宇津井健)が真犯人を捜す、というサン ... » more